まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  雑誌

『星空へ架かる橋FD(仮)』の衝撃!!

 今月のTGを読んでいたら、
いろいろ気になるとこはあったものの、
これは一番に取り上げないとダメでしょう、
ズバリ“『星架けFD』”って何??^^;
最近のスクープ記事ではかなり衝撃的内容、
新ヒロインの3人は可愛いけど
もう上様は何がしたいんですか? とツッコミたいくらい。
まずその1、なぜ『星架け』のFDなのか、これが意味が分からない。
雑誌の情報じゃーどういった経緯で作られることになったのか知らないので、
なんとも言えないところだけど、
前々から期待はしていましたよ、
いつかfengさんがFD作ってくれないかなーと。
ちょうど3部作が終わったし、
もしFD出すなら絶好のタイミングだろうと、
そろそろいいんしゃないかと思っていたけど、
普通はそこで“3部作のFD”を出すところじゃないの?
 そりゃー『星架け』は最新作だしアニメ化されたばっかだし、
何かとHOTではありますよ、
でも人気のうえでは『あかね』のほうが上じゃーないかなー、
原画はつばす先生と涼香先生の人気絵師コンビだし、
コンセプト的にもとてもよかったし、
fengにとっては『青空』以上の出世作だろうしさ。
そういったメーカーの歴史的にみたら、
やっと待ちに待ったFDが出るって言われたらそりゃー期待しますよ、
またみんなに会えるって、
それが『星架け』だけなんて。
 しかも、ふーさあいよいよその内容について触れますよ。
FDっていったらファンの期待に応えってっていうのが大前提で、
例えば人気サブのヒロイン昇格とか人気ヒロインのアフターとか、
本編のシナリオ補完とか後日にお祭りDISC的なもんでしょう、
そういったことを全面に出すんじゃないかなー。
それがさ、なんですかこの前面に出ている、
追加ヒロイン3人の誰得感は?!
新ヒロイン3人とも可愛いけどさ
『星架け』の原作ファンを狙ったFDなのか疑問に感じてしまう、
だってこのFDの売りとなる一番のメインコンテンツが、
この意味のわからない3人の新ヒロインのエピソードな訳?
もう上様が疲れで冷静な判断ができてないんじゃないかと心配になるよ。
 一番ベストな形でのFDは、
3部作それぞれの人気キャラのアフターエピソードだったけど、
まあこの際『星架け』だけでも出してくれるだけでも嬉しいですよ、
今後も『あかね』のFDを出してくれればなお嬉しいですけど。
でもさ、
それでも人気キャラのアフターを売りにしていくのが当然だと思うんだよね、
原作ファンのためには。
それが、
まあ千歌さんはまだ分かりますよ、
サブのヒロイン昇格としては嬉しいし、
でもよっちゃんて(笑;)
もう笑うしかないよ、
この娘は『あかね』のサブサブなキャラだと思ってたよ、
湊さんシナリオのサブの人って感じで、
まさか『星架け』でもサブ扱いとは知らなかった。
ゲスト登場した湊のオマケだったのに、
どうして『星架け』のFDでこの娘をヒロインにしたんだろう?
どういう意図があるのかよく分からない。
 しかし、
それ以上に分かんないのがまさかの新キャラヒロインの星羅ちゃん。
シナリオ的に重要だったり本編でその存在を匂わせていて、
主人公たちと関係性があったりするならまだ分かる、
少なくともこのスクープ記事に載っているのを見た限り、
完全無関係の新キャラですよね?
なぜにFDでこういう新キャラをだしたのか、
もうそういうのは新作でやって欲しかった。
普通は、
よっちゃんとか星羅を出す前に、
かさねをヒロインに昇格させるのが常識でしょう、
どうして彼女を押しのけてよく分からん二人が出てくるのか、
しかも星羅ちゃんはかさねと同じ年みたいだし。
せっかくのFDなんだからメインヒロイン押しでいって欲しかった、
初と円佳のほうが圧倒的に人気があるんじゃないかなー。
まあ新ヒロイン3人とも可愛いから
なんだかんだいって買うんだろうけど、
納得するのは難しい、
こういうFDを作って欲しいっていうイメージがあったし。
またまた湊がゲスト参加してくれないかなー。
[ 2011/09/24 16:51 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)

『乙女の放課後観測』コンプティーク9月号にてコミック連載開始!!

 久々にコンプティークを買ったら、
物凄く気になる小説のようなものが連載してました。
それが
『乙女の放課後観測』
という作品で、
今回でEpisode9ということは、
恐らく昨年の12月号からやってるんでしょうね。
コンプティーク9月号にてコミックも始まるようですが、
連載してるコンプにも、
ネットで調べてもあまり情報がなくて、
どういう作品なのかよくわからない。
イラストは見た感じ七尾奈留先生っぽいというか、
塗りや背景がminoriっぽいんだけど、
書いている人の情報がないからさっぱり分からない。
これは過去のコンプを集めるしかないなー、
といろいろ諦めていたら、
やっぱりminoriでした。
『天使の日曜日』をプレイした人には今更な話なんでしょうけど、
私は『ef』の不条理さが好きなのでスルーしてたんですが、
どうやらその中に出てくる新キャラが、
minoriの第5作目となる『すぴぱら』のヒロインみたいで、
よくよく2ページしかない連載ページのすみっこを見ると、
前にTGの『天使の日曜日』の紹介で見たことある銀髪娘の姿が!
これは益々気になりだしたので、
コミックが始まるということは、
さらなる展開も考えられるから今のうちに要チェックだよ。
 しかも舞台が鎌倉・湘南地域のようなので、
コミック連載記念に行ってこようかなー。
 
[ 2011/07/20 17:15 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)

アニメディア創刊30周年

 アニメディア創刊30周年ですか、
早いもんですね。
初めてこの雑誌買ったのもちょうど今ぐらいの季節でした。
この記念号の別冊付録とか見てると、
あの頃のことを思い出します。
 当時月刊の漫画雑誌ぐらいしか読んでなかったので、
情報が主体の情報誌というものが凄く新鮮でした。
購読期間は2年程度でしたが、
現在購読中のTGを除くと、
一番長く読んでいた雑誌です。

 そしてこれは毎年やっている企画ですが今月号には、
“思い入れのある歴代アニメBEST30”
が発表されていて、
アニメディアらしい結果になってますね。
作品とキャラで1位をとった『けいおん!!』は別にして、
ランキング入りしている作品は毎度お馴染み、
この雑誌でよく特集を組まれているのが多い。
美少女ゲーム雑誌とかそれ系ばかりを読んでいると、
このある層向け・人気のものが多いと違和感を覚える、
まあ昔からのことだけどこればかりはしょうがない。
 注目は票数を一杯とっている上位陣よりも、
寧ろ数十票差で競っている中段以下の作品、
『Angel Beats!』が入っているのが意外だった、
キャラランでは5人中4人がTOP5に入っているのに、
1人だけ30位という圧倒的な格差のあるむぎちゃんが可哀そう、
みんな一緒にいたいだろうに。

 30周年記念号だからその特集でページを割かれるのは仕方ないけど、
水着特集にはちょっと早いんじゃないかな?
いやーまあー嬉しいけどさ、
いつもこの時期にしてたっけ?
この企画は来月でいいから、
夏アニメの特集ページをもうちょっとなんとかしてほしかったなー、
一目で新番組情報が分かるリストがあったのはかなり助かったけど。

 ちなみに自分の思い入れのある作品は、
ちゃんとランキング入りしていたので非常に満足です。
某シリースものはまだしも、
昔の作品が変わらず支持されているというのは嬉しいな。
まあ未だにBDやDVDが出ているみたいだし、
流石としかいいようがない。
[ 2011/06/14 22:55 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)

TG7月号の注目新作記事

 毎月TGや情報サイトで新作のチェックをしていて、
この頃考えるのが、
情報量が多くて把握するのが大変で、
頭がパンクしそうだってことです。
いくら好きなことでも限度ってものがありまして、
新しい作品そのもののチェックだけではなくて、
それに付随して新ブランドや絵師さん、声優さんについて、
それから調べた情報を基に検討して、
買ってプレイしたゲームから得るものも参考にしてさ、
いつもいつも考えている訳で、
楽しいけど疲れる時もあるかなー。

 いろいろな作品を次から次へやるというのはどうも忙しなくて、
 出来れば、
選びに選び抜いた1本を一カ月かけてじっくりプレイして、
世界観に浸っているというのは理想的ではあるけど、
それは余程シナリオがよくないとできないスタイルなんで、
そんな作品に運よく毎月当たることなんてないんだよなー。

 ここからが本日の本題、
 今日はTGの最新号を買ってきたので、
気になった新作情報を紹介します。

○『恋騎士Purely☆Kiss』エフォルダムソフト
…騎士ものは好きだし原画は憂姫はぐれ先生が担当だから、
 かなり楽しみな作品ではあるんだけど、
 あかべぇブランドが増えすぎてまたややっこしくなるなー(汗;
 ブランドそれぞれでやりたいことが異なるから増えていくんだろうけど、
 新作が全然でないブランドとか出てくるんじゃないかなー?

○『翠の海』Cabbit
…さえき北都先生だからまたあかべぇブランドかと思いきや、
 SkyFishの姉妹ブランドなんですね。
 いわゆる館ものだけど怖かったり暗い話になったりするのかなー?
 でもHPのイメージビジュアルの雰囲気的には、
 穏やかな感じがするんだけどなー。
Cabbit.gif

○『Lunaris Filia』Whirlpool
…みまず先生の新作は吸血鬼ものですか、
 既に声優さんも決まっているようで、
 これはいいなずなんゲーになりそうだ。

○『シュクレ』戯画
…原画家3人でメインキャラ5人の担当比率が1:2:2のようですが、
 なぜにねこにゃん先生が一番少ないのかなー?
 『パルフェ』の流れを汲むということで楽しみではあるけど、
 ライターさんは聞いたことないしねこにゃん先生の担当が少なかったり、
 不安に思うところは少なからずあるなー。

○『オトミミ』あっぷりけ-妹-
…もう分からない、なぜに獣耳ものなんだ?

○『七つのふしぎの終わるとき』etude
…これはシナリオ的には面白そう、
 どういう仕掛けがあるミステリーなのか気になるところ。

 今夜は久々に酒を飲もうと思っていまして、
というのも先日攻略したゲームが飲まなきゃやってらんないラストで、
悲しみを酒で誤魔化そうかなーと。
このゲームについては次回感想を載せるつもりです。
[ 2011/05/21 17:00 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)

絵師さんもいろいろ

 数少ない毎号購読している雑誌で、 
隔月で発行されている雑誌E☆2がありまして、
いつもイラストと絵師さんのインタヴューを楽しみにしているんですが、
最新の30号を読んでいたら、
名前とか絵は見たことある気がするけど、
ピンとこない方が多かったんです。
基本的にエロゲ主体で活躍されている方以外はよく知らないので、
この間アキバでやってた
「絵師100人展」
とか行けてれば、
もっとイラストレーターさんを知れたんだろうけどなー。

よし☆ヲさん>
 絵も名前も見たことはあるものの、
西又先生の対談を読んで初めて、
その奇妙奇天烈なキャラっぷりを知った。
よし☆ヲさんのブログも同じ口調なので間違いないだろうけど、
どうして会話が成立しているのかよくわからない言葉を使っていて、
面白い人なんだなーと驚きました。

ここのか先生>
 関わった作品を見ると、
あーなるほどーて思うのいろいろあるものの、
名前だけだとピンとこない感じです。
ここのか先生の絵はゲーム原画でしか見たことないので、
ラノベとかのイラスト絵って新鮮です。
そしてインタヴューを読んで改めて感じたのは、
やっぱり絵師業界は大変みたいですね。
先月号のPUSH!!でグラフィッカーさんのお話が載ってましたが、
絵で食っていくのって難しいんだな。

<みついまなさん>
 この方は本当に知らないけど、
デヴューは意外と前だしゲーム原画もしてるみたい。
ただ絵はなんとなく見たことある気がする、
まあそれはE☆2でかもしれないけど(汗;
 リオグランデ

緋色雪先生>
 これまでのお仕事を見ると、
背景とか着色とか元々グラフィッカ―さんだったんだなー、
というのが伺えますね。
そういうところから、
今は挿絵やイラスト、漫画もやっていて、
絵師さんもいろいろなんだなーとつくづく感じた。

 これまでそこまで興味がなかったり、
縁がなかったので知らなかった絵師さんばかりを今回紹介しましたが、
まあこうして調べることで少しでも知ることが出来ればと。
そうして知っていれば、
いつかイラストを見る機会があった時に目が止まるだろうし、
情報収集しといて悪いことはないと思う。

[ 2011/05/18 20:39 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)

『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ