まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  ゲーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ゾンビの同級生はプリンセス』の感想

 この頃『艦これ』ばかりで、
少々エロゲの進みが悪かったので、
新しい刺激を入れようと『天色』は一旦お休みして、
アーベルソフトの『ゾンビの同級生はプリンセス』をプレイしました。
 なんでこのソフトを選らんだかといえば、
摘み食いとしてやるのにちょうどいいプレイ時間だったし、
悪い意味であっても話題作には変わりなかったから。

 そもそもこの作品は発売前から知っていて、
楽しみにしていた期待作でした。
アーベル作品はあまりやったことなかったものの、
原画の七瀬葵先生は昔から知っていて、
それこそ二次元にハマり出した頃からのファンでした。
当時好きだった絵師のTOP3が、
七瀬葵先生、きみづか葵先生、西又葵先生の3大葵、
いい時代でした。
先生が描かれた漫画はいろいろ買い漁り、
『ぷちモン』は特装版を毎巻予約して、
『ANGEL/DUST』は置いてなければ取り寄せてGETして、
『気象精霊記』の絵も好きだったなー。

 そんな好きな絵師さんが原画をするとなれば当然注目する訳で、
先に発表されていた『ミステリート2』を楽しみにしていたところ、
発売されたのがこの『ゾンビの同級生はプリンセス』でした。
正直キャラデザ的には『ミステリート2』のほうが好みでしたが、
好きな絵師さんということで購入。
ところがまさかのクソゲーオブザイヤー受賞ということで、
あまりにひどい出来という評価だったがために、
今までずーと積みっぱなしでした。
ただどれだけ作品が悪かろうと、
応援しているクリエイターさんが作ったものなら、
やってみようといざプレイ!!

<作品の感想>
 まあ評判通りというところ、
話が途中で終わってるし、
情報サイトに載ってるシーンが丸っとなかったり、
ディテクティブADVとあるがシステムに推理要素がない、
と不完全なところが多いのは事実。
一応続きの3話がネットで公開されてますが、
アワードの紙がどっかにいってしまったので、
探さないとプレイできず、
あくまで製品版として出たものだけのみでの感想です。
 まずボイスがないのには驚きました、
これまでボイスなしゲーは『ランス』のような神ゲーでもスルーしてたので、
迷ったもののそのままプレイを続行。
しかしいきなり詰まる、
なんかテキスト中のリンクから飛ばないといけないようで、
探偵ハイパーリンクというそうですが、
正直面倒なだけでイマイチなシステム。
物語自体もイマイチでしたが、
登場キャラたちは魅力的で、
声はないのものそれは日頃鍛えたエロゲ力で脳内補完!
やっぱり紅雪かなー、
他のキャラも可愛いけどね。
1話と比べると2話はそこそこ面白い、
なんかミステリーぽくなっていてよかった。
 確かに微妙なところは多い、
声も歌もなくて絵とテキストだけ勝負してる割にはって。
ただ絵師さんのファンとしては出してくれただけでも有難いし、
未完なことを除けば1話と2話はそこまで悪くはないと思う。
選択肢でヒロインを選べず1本道っぽいが、
探偵ものならそういう形でOKだし、
√nukoの『イド』でもそうだったけど、
正ヒロインがいて個々の物語がありつつも、
大きな事件を解決してハッピーエンドであれば納得できる。
 結論としては、
絵とキャラが好みならプレイしてもいい、
ただ声なし歌なしでサウンド面は期待できず、
シナリオも未完ですが。
後はきっと3話で活躍する唄子ちゃんが気になるな、
立ち絵を見た限りでは結構好みだし。
 菅野さんが亡くなられた今、
『ミステリート2』の完成や『ゾンビ』の補完はもう無理なんでしょうね、
本当にそれが残念でしょうがない。
七瀬葵先生の名前を、
原画の欄に見かける日はまたくるのかなー。
[ 2013/09/15 00:07 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

まほろん艦隊、2番艦建造開始!!

 この一カ月ですっかり『艦これ』が日常に溶け込んでいて、
3艦隊を遠征させて資源を集めて、
第1艦隊で只管レべリングする日々です。
そのためエロゲがちっとも進まず、
一月前に始めた『天色』が、
未だ一人目のヒロインまで分岐したところで止まってて、
褐色肌のあの娘とはいつ会えるのだろう?

 そんなエロゲそっちのけでプレイしてる
『艦これ』の進捗状況ですが、
ついに初の撃沈艦娘を出してしまいました(´_`。)
いつもなら大破したら撤退しているところ、
操作ミスで進軍してしまい空母の艦載機による攻撃で…。
初陣だったのにこんなことになるなんて…。
まあその弔い合戦で、
第4艦隊編成の最後の鍵の榛名さんをGETできたわけですが、
逝ってしまったあの娘の分も榛名さんは大事に育てて、
今では榛名改としてバンバン41㎝砲をぶっ放しています。
ちなみに撃沈してしまったのは隼鷹で、
他の軽空母の龍驤、飛鷹、祥鳳は日に3,4隻、
嫌というほどドロップするのに隼鷹とだけは全く会えなくなった。
やっぱり艦娘は大事に育てないと、
誤操作も慢心もあかんわ。

 そして現実の艦隊製作については、
1番艦の島風が、
いくら最初とはいえあまりに雑な完成度になって反省。
そのせいで未だに島風をGETできないのかもしれないと考え、
2番艦は丁寧に鋭意製作中です!
DSC00411.jpg
この3隻が今後製作予定のもので、
上から重巡羽黒ちゃん、
駆逐艦雷(電)ちゃん、
駆逐艦朝潮ちゃんです。
正直重巡はパーツが多くて大変そうだけど、
軽巡でこれはって思うものを見つけられなくて、
北上さんはパーツが多くて大変そうだし(汗;
 
[ 2013/09/08 19:30 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

8/23 キャララ in 東京 & TREASUREBOX

 やっとアプデが終わったけど、
E1への連続突貫で艦隊が疲弊しきっていて、
主力がほとんど小破~大破、
しかも高速修復剤が枯渇して動くに動けない状態なので、
ブログを書きます。

<キャララ>
 先週の金曜日、
久々にキャララに参加しました。
まあ相変わらずなまったりな空気で、
フリーな感じでした。
ゲストはそこそこ多くて、
歌手は薬師るりさん他2名、
他2名の方には悪いですが、
薬師さんは流石でした。
声優では雪村とあさんと青葉りんごさん、上田朱音さん。
りんごりんは相変わらずキャラが濃くて面白かった。
上田さんは本人がいる前でHシーンを流されるという羞恥プレイをされて、
これは流石に恥ずかしいだろうなー、
可愛かったけどね。
DSC00278.jpg
サインは雪村さんだけの予定でしたが、
飛び入りゲストで来たりんごりんも書いてくれました。

<TREASUREBOX>
 ゲーム発売日の週末でいろいろイベントがある中、
2,30人は来てたと思う。
新興ブランドNephriteさん主導のイベントということで、
これは結構珍しいことなんじゃないかな。
休憩挟んでおよそ3時間、
宣伝の主体のイベントでこれは凄いと思う。
こちらもゲストが多くて、
声優ではメインMCが藤乃理香さん、
他は藤邑鈴香さん、鈴谷まやさん、小倉結衣さん。
あとは歌手のMillioさんがSugar House最新作のED曲を披露、
ついでにおぐおぐ先輩も歌ってました。
だんでらいおんさんについては昨日もいたので、
なんか二日連続で玉沢にお会いするのが不思議な感じでした。

<にゃんカフェマキアートトークライブ>
 声優さんが柚原さん、鈴谷さん、藤邑さん、藍川さんの4人、
絵師さんが3人とも女性という、
檀上に女性しかいないなんともレアなイベントでした。
でもちゃんと男性スタッフもいましたよ、
物販とかムービー流してた人って、
確か代表のひろもりさかなさんだったような、
アキバのイベントではよく見かける人だけど、
今回は裏方に徹したみたいですね。
イベントとしては、
メイン声優陣による生アフレコや小芝居、
歌と踊りを楽しめて大満足でした。
DSC00282.jpg
残念ながらサインは抽選にハズレてだめでした、
でもお土産も紙がペラペラじゃないそこそこ厚さのボードで、
ツッコミをするのにちょうどいい固さでした。

 こういうイベント巡りもいいですね、
最期はVIP終わりの御厨みくりさんが合流して総勢8名、
もうなんのイベントか分からない絵面でした。
8人の中ではみくりさんが断トツで背が高くて、
藤邑さんもスラッとしてたな。
それと比べるとりんごりんは、
失礼ながら昔お会いした時より、
輪郭が丸くなったような気が……。
まあ気のせいかな(汗;
声が凄くいい感じに出てたし、
流石の貫禄でした、
うまい人は出世するよね。
どれも応援したいですが、
個人的にはネフラ押しです。
[ 2013/08/26 23:36 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

2013年上半期バナーキャンペン当選品

 この頃ビビビッとハマれるゲームを出来てないなー。
ゲーム選びの基準が
“好みのヒロインかどうか”
その1点に絞られてるからダメなのかもしれない。
ヒロインが可愛ければ内容がつまんなくても、
「仕方ないかー」
て諦めは付くものの、
満足はできなくて物足りない。
 そういう訳で最近やってるゲームはダメだから、
今は
「アニメ最高!!」
とアニメ三昧の日々です。
まだ全ては見てないものの、
これはいいなぁーと思う作品がいくつかあります。
純粋に女の子の可愛さを楽しむなら『きんモザ』、
それに+αしてギャグとノリの良さを楽しむなら『S×S』、
勢いだけなら『シンフォギアG』、
ガハラさんが好きなので『物語シリーズ』もいい。
他にも良さ気なアニメが多くて、
今期の大豊作っぷりには非常に満足してます、
暫くゲームよりアニメメインの日々が続きそう。

 そういうゲームからアニメにシフトするという話をした直後ですが、
今日のメインはどちらかというとゲームの話です。
先日バナーの入れ替えを行ったことに関連して、
今年の上半期で当選したバナーキャンペンの景品を紹介します。
 ここ数年での当選状況は、
年に一つか二つぐらい当たればいいほうで、
その分雑誌の懸賞の当選率が上がってるので、
釣り合いがとれてるかなーて感じです。
 でも今年は例年と比べたら、
当たっているほうかもしれません。

<かわしまりのさんサイン色紙/『ガンナイトガール』>
DSC08091.jpg
ガンナイトガール 応援バナー
 好きな作品で好きなキャラの声優さんのサインというのは、
かなり嬉しいです♪
実をいうとりのさんのサインを貰うのは初めてじゃないんですよね。
以前別名義でお仕事をされていた時にサインして頂いたので。
でもりのさん名義でのものは初めてなのでやっぱり嬉しいです。

<ジャスミン描き下ろし色紙/『百花繚乱エリクシル』>
DSC09967.jpg
AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26!
 エロゲーを始めた頃から瀬之本久史先生が好きだったので、
こういったものを頂けて感慨深いものがありました。
AXL作品は明るく楽しくノリが良くて、
なおかつドラマチックな恋愛ものばかりで、
好きな作品ばかりです。
一番好きなのは、
『エリクシル』と同じファンタジーテイストの『プリフロ』もいいけど、
『キミ声』でゆかり教育されたのはいい思い出。

 昨今エロゲー業界は低迷しているというから、
このバナーキャンペンのような企画で、
もっと作品の認知度を上げて、
少しでもお世話になってるメーカーさんに、
お返しができればいいですよね。
制作者とユーザーが一緒になって業界を盛り上げ、
お互いが幸せになれるのが一番です。
 まあユーザーとしては何はともあれゲームを買うのが一番でしょうから、
積みゲーの中に埋もれるきゃんでぃやAXLゲーを、
早くサルベージしないとな(汗;


[ 2013/07/22 19:03 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

『大図書館の羊飼い』の感想

 オーガスト作品としては、
4本目(エロアニメを除く)となるアニメ化タイトル
『大図書館の羊飼い』
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。
最近攻略するソフトは2012年度以前の積みゲーがメインでしたが、
アニメ放送前にプレイしときたかったので攻略しました!
今日はその感想です。

<全体の感想>
 オーガスト作品は『プリホリ』の頃から好きでファンでしたが、
学園ものを最後まで攻略できたのはこれが初めてです。
『はにはに』も『けおりな』も『FA』も、
半端にしかできてないからな。
その点だけでも評価としては合格点、
名作とまではいえないけど、
学園の日常ものとしては上々な出来でした。
特に良かったところは声優さんと演出面、
Hは回数はこれまで通りに多かったし、
あとはシナリオがもうちょっとってところかな。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<シナリオ>
 この作品のあらすじを大雑把にいうと、
「学園を楽しくしたい」
という白崎つぐみに惹かれた面々が集まり、
一緒に学園を楽しくする活動をする話
 かな?
シナリオの大きな柱は図書部での活動、
重要なのはそこに筧京太郎がどう関わって、
どんな影響を受けたかってこと。
 正直ヒロインエピソードは長さはちょうどいいけど、
なんか物足りなさがあって、
でも図らずも羊飼いの話にはほろりときちゃったんだよね。
シナリオで一番よかったところっていったら、
筧京太郎に関わる部分!
テーマとしてメインの話はいい感じだった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<キャラ(ヒロイン)>
 サブを入れて8人のヒロインがいて、
一番気に入っているのが誰か言うと難しんだよね。
保奈美とかフィーナ、
シンシアに瑛里華などのように、
すぐにパッとは決めかねるんだよね。
それだけ各ヒロインが魅力的で、
作品を象徴するキャラならつぐみ、
でも玉藻も凪も千莉もサブの面々もいいしな、
話的には会長が好きかも。
水結も可愛かったからな、
メインに負けない魅力があった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<声優>
 なんといって本作の第一の良さはここ!
まずはつぐみの中の人、
ずーと聞いていたくなる声で、
鼻歌のところが可愛かったなー。
玉藻の中の人もいいな、
凛々しいところと女の子らしいところがあって。
水結の中の人は男前だったな、
可愛いくて可愛くて。
佳奈の中の人はいいテンションで、
いろいろうまいなーて感じだった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<演出>
 この部分がアニメでどうなるんだろうなーて心配になる、
だってここがこの作品を魅力的にしてる最大のポイント!
だから。
CGを使わずうまい具合に立ち絵をいかしていたり、
細かなキャラ描写でコミカルさが出ていて楽しかった。
アップで迫ったり光を当ててみたり、
丁寧な演出がよかった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<その他>
 いろいろいいところはあったけど、
ちょっとこれはっと気になったところが2点。
 一つ目は共通ルートの長さや複数エンドのせいで、
ヒロインシナリオが薄まった感があるんだよね。
共通のなかでもヒロインの良さは見れるけど、
単独ルートでそのヒロインだけを見たいって気持ちもある。
一波乱ぐらいが長さとしてはちょうどいいものの、
二波乱ぐらいあってもよかった気はする。
 二つ目はHシーン、
回数は問題なくてエロさもあるけど、
もっと丁寧な描写をしてくれたほうが好みだな。
それとHシーンの挿入のされ方に違和感がある、
まるでコンシュマーゲーのように、
あとから追加されたかのような不自然さがあって、
あってもなくてもいいような入れ方のHが何度も。
回数があるのは嬉しいけど、
もう少し必要性を感じさせるような話の流れで、
しかるべきところにあればなおよかった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。
 
 総合的な評価としてはいいキャラゲー、
キャラの良さがあってこそ紡がれていく物語がある。
どのキャラも胸の内に何かを抱えていて、
それを人と人との繋がり、
交流を通して先に進んでいく、
そして一番のいいキャラは筧京太郎くんだったということで。
 無事コンプできたので後はアニメ放送を待つだけ、
一つのメーカー作品でこれだけアニメ化してるってかなり凄いよね、
あとはいいスタッフに恵まれてくれればいうことなし!
「所詮はエロゲー原作かー」
て言われないような名作になって欲しい。
[ 2013/06/07 23:07 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ