まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  日記 >  四国でうどんを食べて『ゆゆゆ』や『あまつみそらに!』に思いを馳せる

四国でうどんを食べて『ゆゆゆ』や『あまつみそらに!』に思いを馳せる

 2016年始まってなんやかんやしてたら、
気付けば全くブログの更新をしてませんでした(汗;;
せめて週一では書こうと思ってたのに、
この感じだと今年は月一とかになっちゃいそう。

 近況報告としては、
近頃は年末から始めた『グラブル』が忙しかったり、
冬アニメのチェックが追い付かなくて置いていかれそうになったりと、
そこそこ充実した生活を送ってます。
そんな中今回久々に更新することにしたのは、
前々から行きたいと切望していた、
四国巡礼の旅をついに実現できたからです♪
出来れば高知で『ものべの』も押さえておきたかったとこですが、
スケジュールの都合で香川メインの旅になりました。
いろいろ行きましたが、
舞台探訪的に印象に残ったのは、
小豆島と観音寺市です。

<小豆島『あまつみそらに!』>
 正直冬場に小豆島観光は時期はずれな感がなくもなくて、
一部のバス路線が運行していなかったり、
雪などによる路面凍結の恐れもありました。
それでもせっかく香川に行くのなら、
どうしても小豆島ははずせなくて、
無理やり旅行プランにねじ込んで行きました。
案の定全然島を回りきれはしなかったのですが、
この
DSC01057.jpg
この富丘八幡神社とそこから見える
DSC01055.jpg
エンジェルロード、
そして
DSC00085.jpg
潮が満ちてる時と
DSC00107.jpg
潮が引いてる時のエンジェルロードが見れたから、
まあよかったかな。
しかもこの日の干潮時間はちょうど日の入り時刻と重なって、
DSC00099.jpg
夕暮れの中で撮影できました♪
ただイメージしてたような絵は撮れなくて、
赤く染まったエンジェルロードが撮れると思ってスタンばってたけど、
意外とそういう感じにならなかったのがおしかったなー。
エンジェルロードは前々から来たかった場所だったから、
これを見れただけで無理した甲斐がありました。

<観音寺市『結城友奈は勇者である』>
 観音寺というと『そらうた』の舞台でもあるらしいんだけど、
どう考えてもあれは街中ではなくて田舎の設定だから、
その辺は今後調査することにして、
今回は定番の『ゆゆゆ』探訪をしてきました。
 まず観光案内所で自転車を確保しに行ったら、
最初からサプライズが待ってました。
DSC00150.jpg
案内所の窓口にこんな感じに『ゆゆゆ』コーナーがあったんですが、
そこの巡礼ノートにメッセージを書こうとノートを開くと、
正に書こうとしたそのページに『ゆゆゆ』と縁の深いあの方の名前が!!
ほんの数日前にアニメのスタッフさんたちと訪れていたみたいで、
「なんでこの時期にー?」
という疑問と、
「もしかしてたら会えていたかも」
というニアミスっぷりにテンション上がる旅の始まりでした。
 その後つるやでうどんとか、
作中でよく出てくる橋とか背景のカットを回収をして回って、
もちろんあの神社にも参拝したのですが、
注目すべきは作中にでてきていないほうのお社です。
作中の出てくるのは琴弾八幡宮の神幸殿という新しい建物で、
ご本尊のいる本殿は石段をたくさん上った先にあります。
DSC01277.jpg
石段の上りきるとこの本殿があるのですが、
ここで振り返ると
DSC01285.jpg
写りが微妙なんですが、
凄く景色がいいんです。
小豆島の時もそうでしたが、
神社はよく高台にあることが多いので、
大変かもしれないけど、
上ってみるとこういういい景色が見れるかもしれませんね。

 という訳で『あまつみそらに!』と『ゆゆゆ』の探訪でした。
どちらも十分に回りきれたとはいえないし、
冬に自転車で回るにはあまりに寒すぎました。
帰りに再度巡礼ノートにメッセージを残す時、
手がかじかんでいつも以上に汚い字になってました。
次は暖かい季節に、
高知市とか四万十川方面とか、
南部のほうにも行ってみたいですねー。
スポンサーサイト
[ 2016/01/25 17:46 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ