まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  日記 >  2015年の締めの挨拶

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2015年の締めの挨拶

 もう3回寝るとお正月ですね、
早いもので今年もあと残すところ2日です。
多分かなりの人が、
この年の瀬の忙しい中で時間を割いて、
有明の戦場に足を運んだことでしょう。
そっちへ行く時間もあったんですが、
本日はアキバでの、
TCG『蒼き鋼のアルペジオ』のトークショーのほうがメインで、
最前列の中央よりというかなりいい席で最高でした。
間近で舞ちゃんやMAOちゃんを見れてよかった、
今年最後の運を使い切った気がします。

 恐らくこれが2015年最後の更新になると思うので、
この1年を振り返るという記事でもいいけど、
そのネタは新年を迎えるまでとっておいて、
取り敢えず最近更新をサボっていた分の近況報告からいきます。

<12/25 クリスマスはもふもふハニトー>
 今年のクリスマスは、
『ごちうさ』のみんなと一緒でリア充してました。
こんな感じ
DSC00041.jpg
外のほうにシャロと千夜もいます。
DSC00020.jpg
クリスマスなんでツリーもありました。
DSC00033.jpg
なんだかんだでハニトーも食べなれてきましたが、
まだまだ美味しく綺麗に食べれてないので、
今後も通って修行したいですね。

<12/26 『灰と幻想のグリムガル』先行上映イベント>
 普通のファンタジーものかなーとなんの心構えもないまま見たから、
その予想外の緊迫感ある雰囲気に呑まれてヤバかった。
恐らく現代から異世界に転送されてきたっていうパターンの話だけど、
同じファンタジーでも『SAO』のようなゲーム世界での戦いや、
圧倒的武力で敵を粉砕する『GATE』ともまた違い、
そこにはただただリアルさだけがあった。
そりゃー急に普通の人が戦いの世界に行って戦える訳がないし、
だけどもそこで生きていくには戦うしかなくて、
生きたくて必死にもがく主人公たち。
一番弱いであろうゴブリンにさえ苦戦して、
6人がかりでかかってもゴブリン1体も倒せない。
大抵のファンタジーならこれで主人公たちの成長だけ描いて終了だけど、
そこには生と死があって、
舞台挨拶で信長くんも言ってたけど、
このアニメは「生きる」ことを描いてるアニメなんだと。
作中で印象的だったのはゴブリンをただのモンスターではなく、
同じ生き物としての部分を描いているところで、
「俺たちは真剣に命をやり取りをしているんだ」
みたいなセリフや、
「ゴブやんも死にたくないんやね」
みたいなセリフが1,2話の中では特に記憶に残った。
まあ最後はやたらとリアルな挙動をするゴブリンさん2人が乱入して、
おいしいところ全部持ってちゃいましたけどね(笑)

<12/27 SEASIDE LIVE FES 2015>
 SEASIDEのイベントは夏にも行ったので、
てっきりトークライブが始まると思ってたのに、
急にへごちんたちが登場して歌い出したからビックリしました。
でもまあよくステージを見てみれば、
前回のようなセットはないし、
バンドメンバーがいるし、
どう見ても“歌”のほうのLIVEなんだよね。
 最初こそ戸惑いはしたものの、
そうと分かればその空気に合わせて段々ノリノリ♪
ゆうまたそが登場した辺りでエンジンかかってきて、
うっちーとあずみんのアイドルコンビで最高潮!!
洲崎西はただただ楽しかった。

 とまあ中々リア充した年末の三日間でした。
今年も残すところ後二日、
一昨日始めた『グラブル』は、
やっとアニラちゃんを正式にお出迎えできて一段落、
もっと先に進めていろんな娘たちに出会いたいところ。
残りの年末年始は、
『グラブル』とニコ動で無料配信して『グレンラガン』で決まりかな。
 それでは多分今年最後だと思うので締めの挨拶を、

良いお年を♪
スポンサーサイト
[ 2015/12/29 21:33 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ