まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  日記 >  更新してませんでしたがいろいろありました①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

更新してませんでしたがいろいろありました①

 最近はすっかり怠けてしまって、
気付けば一月もブログを更新してませんでした(汗;
そもそも8年前にブログを始めたキッカケが、
『ぽこすか戦記』でバナーキャンペンを知って、
バナーキャンペンのためにやってたからなー、
この頃はキャンペンへの参加を全くしなくなったから、
あまり積極的にやろうという気がなくなったんだよね。
取り敢えずこの一月の間にあったことや、
思ったことを軽く書いておきます。

<夏アニメの最終回感想>
 『下せか』と『モン娘』は安定した面白さでした、
『がっこうぐらし』はゾンビ映画のようなラストがよかった、
あのシチュエーションとそこからの脱出の流れこそゾンビものらしさだね。
『プリズン』や『GATE』はまだまだ続くよーて感じの終わり方で今後に期待、
『シャーロット』は『AB』と同じ轍を踏まぬように、
2クールかけてじっくりやるべきだったなー、
やっぱりちょっと急ぎ足になって薄くなったなー、勿体ない。

<『屍者の帝国』舞台挨拶>
DSC00012.jpg
 映画を見た後に原作を読んでみたら、
まだ3分の一ぐらいしか進んでないけど大分印象が違う。
花澤さんのハダリーが凄くいい感じにヒロインしてて可愛かったし、
主人公のフライデーに対する態度とか感情とか、
小説だと全然内面の描写がないから見えないものが多くて。
舞台挨拶はここでは書けないけど監督から製作の裏話をいろいろ聞けて、
一つの場面にも凄い力を入れてるんだなー。
花澤さんお気に入りのハダリーのおっぱいがぶるんっ! なシーンとか、
一人の作画監督がかなりの枚数書いてるそうで、
内容は「魂の在りか」とかSFというか哲学的な話だったけど、
一つのエンタメ作品として面白かった。

<『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ Cadenza』舞台挨拶>
DSC09982.jpgDSC09993.jpg
 ちょっと登場を楽しみにしてた大和さんが残念なことになってたけど、
初めて『アルペジオ』を見た時と比べて、
格段に自然な感じのCGになってて凄かったわー。
ただ単に慣れただけかもしれないけど、
TV放送から2年経って技術力の進歩と、
劇場版だからこそのハイクオリティっ振りが感じられました。
舞台挨拶はもうコントみたいなノリで、
渕上舞さんはチャンバラしてるし、
五十嵐裕美さんは初めての舞台挨拶だけど、
ここで(辻堂)で七カ所目とあって、
わっしーとかに振られてむりやりではあったものの、
「霧の風紀は『地球の風紀(会場のみんなで)』」とかやってみたり、
最近行った舞台挨拶では最高に楽しかった。

<『•俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』先行上映イベント>
 いろいろと笑わせてくれる本編のあとは、
ゲスト7人が登壇してのトークショー、
森永千才さんの吉田有里ちゃんみたいな高い声とか、
桑原由気さんとのでこぼこコンビっぷり、
初ステージだというアイドルガレージの初々しさ、
一番笑ったのはゲッツの本家ダンディ坂野さんにゲッツ使用許可を貰うための
「ゲッツ!”監修 調印式」がね、
原作者の先生が書いてるのがまたおかしくて。

<『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』>
 アニメミライの時と比べるとテンポが微妙だったけど、
友情を深める王道的展開で面白かった。
 
<『TrySail Live 2015 “The Golden Voyage of TrySail”』>
 5月に行われたLiveに続いて2回目のTrySailのLive,
前回は1階席なのに後ろほうでほぼ2階じゃんと少しがっかりもしたが、
直前でも買えるぐらいチケット余ってたし、
そこまでほどほどな遠さで寧ろ楽しめた感があった。
でも今回は3階席なのにほぼ6階で、
いくらなんでも遠すぎたねー、
上から見下ろすのはきつい(汗;
イベント的には前回の30分ぐらいの舞台劇と比べると、
台本持ってのコントは違和感あったなー。
ただ前より曲が増えてたのはよかったね、
『ワンピース』の曲とかいろいろ聴けたし、
新曲の合いの手を入れるのが難易度高かったけど楽しかった。

<秋アニメの初回感想>
 今の21本見てる中では、
『ごちうさ』と『ゆるゆり』は安定してニヤニヤできたし、
『うたわれるもの』も間違いなしの面白さ。
ラノベ枠はいろいろ言われてるけど、
『落第騎士』とか『新妹魔王』はノリとか普通に面白い、
ロボものもよかった。
なんだかんだで夏並みに面白そうな作品多くて一安心、
ヒロイン的にはまだなんとも言えないけど、
『うたわれ』のキャラと『ヘヴィオブ』のミリンダ、
他はキャラがもっと出そろってからかなー。

 こんなまとめ更新みたいになっちゃたけど、
今後はもう少し短いスパンで書きたいなー。
スポンサーサイト
[ 2015/10/18 15:48 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ