まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  日記 >  『実は私は』先行上映イベントと映画の舞台挨拶めぐり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『実は私は』先行上映イベントと映画の舞台挨拶めぐり

 最近は情報の速報性のなさに定評のある当ブログですが、
今回も先週の土曜日のイベント回りの話です。

 6月後半の週末とあってイベントがいろいろ被っていた土曜日、
4週目のほうがひどいけど3週目も中々のブッキングぶりで大忙しでした。
 この日はまず、
①1300~1450まで練馬で『実は私は』の先行上映イベント
②1430~1650まで池袋で『攻殻機動隊 新劇場版』の初日舞台挨拶
③1750~2000までさいたま新都心で劇場版『ラブライブ!』の舞台挨拶
と過密なスケジュール、
まあ既にイベントの時間が被ってたりしておかしいですが、
これにはからくりがあるのです!
『実は私は』と『ラブライブ』はチケットが抽選だから時間の調整が不可能だったけど、
『攻殻』に関しては普通に映画館のサイトでどの時間も買えたから、
選びたい放題だった訳です。
しかもどれも上映後の舞台挨拶だったので、
上映終了までに間に合えば真綾さんに会えるって寸法です。
映画は午前中の早い時間のを見とけば問題なしだし、
なぜか『攻殻』のチケットは前日になっても、
朝一の上映がいい席買えるぐらい余ってたので余裕でした。
いやー4月のライブも5月の『コードギアス』も遠かったから、
前から3列目の真ん中のいい席が買えてよかったー、
映画は少し見にくかったけどね(汗;
ねり丸
(足が短いのに花江くんに急かされる可愛そうなねり丸くん)

 さて肝心のイベントはどうだったかというと、
『実は私は』の先行上映イベントは、
芹沢優ちゃんが大活躍してMVPでしたね。
初めてのメインヒロインにラジオもメインMCですし、
他がそれなりに慣れてて落ち着いてる中で、
一番よくしゃべっててテンパってて頑張ってて可愛かったなー。
トークコーナーの後にやった公録コーナーでは、
主人公がアナザルと呼ばれていることに掛けた、
穴ざるの可能性を研究するコーナー“アナザル研究室”がひどかった(褒め言葉)。
1回目の取っ手の付いた穴ざるでバドミントンは、
最初優ちゃんと花江くんがやったけどラリーが全くできなくてぐだぐだ、
次に麗奈ちゃんとうっちーがやって9回まで成功するものの、
もはやバドミントンではなくただの玉入れになっていて、
この企画無茶っぷりが早くも露わに!
こりゃー面白くなりますよー、
この放送が動画じゃないのが本当に勿体ないわー。
 次の『攻殻機動隊 新劇場版』は、
石川さんがやたらと黄瀬監督をべた褒めしてたのと、
押井守監督が20年前の『攻殻』に出た頃の真綾さんを、
「5歳」だと思い込んでいた件からの、
「坂本真綾 25歳 青春」が印象深かった。
いくらなんでも15歳を5歳ってないでしょー(笑)。
 最後の『ラブライブ』は、
ライブみたいなノリでたのしかったなー。
監督のライブシーンを描く際のこだわりとか、
上映前だからネタバレはなかったけど、
キャスト3人のコメントから、
この映画が『ラブライブ』の集大成なんだなーて伝わってきて寂しかったね。

 それぞれアニメの内容的には、
『実は私は』はキャラデザ的にどうかなーて思ってたけど、
わざとらしいくらいのギャグっぽさが意外とよくて、
案外楽しめそうな作品だった。
 『攻殻機動隊 新劇場版』は、
『ARISE』からの繋がりが様々なところに見え隠れして、
シリーズの完結編という感じで盛り上がって面白かった。
昔の『攻殻』ファンにとってはいろいろ文句があるみたいだけど、
これが今の『攻殻』なんだと楽しんだもん勝ちだと思うな。
 『ラブライブ』は、
これはもうファンのための映画だね。
今まで応援してきてくれたファンのための映画、
μ'sのメンバーそれぞれの見どころがあるし、
ライブシーンがふんだんにあるし、
ほのかだけでなくメンバーの成長と、
『ラブライブ』の一つの結末が描かれていて、
好きな人には堪らない映画になっていてよかった。
DSC08577.jpg
(監督ほか、えみつんとくっすんとナンジョルノのサインも)

 三つのイベントの事を書いたから少々長くなりましたが、
いやーなんだかんだいうてもどれもよかったわー。
来週はさらにハードモードなんで、
書くことたくさんで大変そう(汗;
スポンサーサイト
[ 2015/06/24 22:43 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ