まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  日記 >  5/24 清陵祭イベント「佐藤聡美とさっさとMEET ME!」に参加しました

5/24 清陵祭イベント「佐藤聡美とさっさとMEET ME!」に参加しました

 先週末はいろいろイベントに参加しまして、
どれも楽しくて非常に充実した時間を過ごせました。
本来なら土曜日に参加したイベントから紹介するところですが、
一番印象に残ったっということで、
日曜日に参加した、
佐藤聡美さんことしゅがぁのイベントについての感想です。

 昨年秋に参加した野田地区理大祭の「everying」のトークショーで、
これまで抵抗があった学祭の声優イベントへも行けるようになったので、
再びドキドキのキャンパスへ。
 今回の学祭は横浜国立大学の清陵祭、
DSC00888.jpg
国立というだけでなんか頭良さげな感じで、
自分が現役だった頃じゃー100%入れないレベルでしょうね(`・ω・´)キリッ
そんな大学で行われる声優イベントだけど、
いくら偏差値高くてもそこにいるのは20そこそこの学生さんたちで、
我々と同じオタクがやる企画だから普通のアニメイベントとはかなり違う。
一番の違いはなんといっても声優さんとの距離、
アニメイベントはなんかキャラを通してって感じだけど、
学祭のトークショーは本当の中の人に会えてるって感じして、
このイベントのお陰でしゅがぁのことを益々好きになりました。

 さて肝心の今回のイベントについてですが、

<佐藤聡美とさっさと meet me!>
DSC00899.jpg
完全にダジャレだけど中々悪くないネーミング、
流石は国立大の学生さんだ。
そしてイベントの中身はというと、
声優としてのしゅがぁと普段のしゅがぁの両方を知れて、
さらにニヤニヤしちゃう趣向も凝らされていて面白かった。
 まず司会者の紹介でしゅがぁが登場し、
みんなでタイトルコールをして一気に熱気に包まれる会場、
狭い教室内なのがより一体感を高めてよかった。
イベントの大体の流れは、

①「しゅがぁのこと、気になります(氷菓)」
②「聡美の日常にこんなに迫れるわけがない(俺いも)」
③「お悩み?しゅがぁ知恵袋で検索、検索♪(GF)」
④「なんもん!目指せ正解100%(けいおん)」

という感じで、
どのコーナータイトルもしゅがぁの出演作に掛けているところが、
愛が伝わってきたしネタとしてもセンス良くてポイント高いです。
 一つ目の「しゅがぁのこと、気になります」は、
事前に募集した参加者の質問にしゅがぁが答えるコーナーで、
どれも興味深かった。
その中でも特によかったのが、
“印象深いキャラ”と“影響を受けた声優”の二つの質問で、
どちらも声優としてのしゅがぁをよりよく知れるいい回答が聞けました。
印象深いキャラは
①御景ゆずき『地獄少女 三鼎』(初のレギュラー、しかも26話。声優としての基礎)
②NANA先輩『ゴールデンタイム』(今までにやったことないタイプのキャラ)
③千反田える『氷菓』(律のイメージを壊してくれた、可能性を広げてくれた)
の3人で、
確かに当初はしゅがぁといえば律のような元気っ娘のイメージだったのが、
今ではえるのような大人しいキャラのイメージのほうが強いですね。
影響を受けた声優は、
①桜井智さん(幼少期:声優になりたいと思ったキッカケ)
②中尾隆聖さん(東京アナウンス学院時代:声優として目標)
③桑島法子さん(デビュー後:その場の空気を変える凄さ)
の3人で、
自分も桜井智さんの『怪盗セイントテール』は大好きだったので分かるなー、
桑島さんの朗読夜は第2回目に参加したけど確かに凄かったなー。

 二つ目の「聡美の日常にこんなに迫れるわけがない」は、
しゅがぁが撮ってきた写真と書いた自己紹介の履歴書をもとに、
プライベートでのしゅがぁに迫るコーナーでした。
イベントのためにしてきたネイルアートや、
料理教室で習った料理、
ガンプラ部で作ったベアッガイなど、
レンコンのはさみ揚げも豆腐バーグも本当においしそうだった。

 三つ目の「お悩み?しゅがぁ知恵袋で検索、検索♪」は、
参加者から募集したお悩みにしゅがぁが答えるコーナーです。
片付けの仕方とかケンカの仲直りの仕方とか、
思いのほか的確な答えをスパッと返していて、
しゅがぁが回答する度に客席からは「おぉ~」という声が上がってました。

 四つ目の「なんもん!目指せ正解100%」は、
作品に関連した問題にしゅがぁが答えるコーナーなんだけど、
ただのクイズじゃなくて、
間違えるとちょっと恥ずかしい罰ゲームがあるっていうのがミソなんです。
それが今回のイベントで一番の盛り上がりを見せるほどのいいものでして、
いやー照れるしゅがぁが可愛いくってしょうがなかったです♪
問題的には『けいおん』関係で唯が使ってたギターの正式な名前とか、
『GF』関係で心美がやっていた新体操で使う5つの道具とか、
アニメ関係で知れて回答できるものもありましたが、
明らかに無理だろうっていうのが3、4問あって、
いやーお陰でいいものが聴けてよかったなー。
「私の気持ちわかってやってるの?…いじわる」
もよかったけど、
「他の女子(こ)にはこんなことしないで…ね」
のほうが個人的には好きだなー♪

 そして最後にイベント恒例のプレゼント抽選会、
野田の時は奇跡的に当選したけど、
そんなミラクルが何度もある訳がなく、
もう帰る用意をしつつ、
箱から引いた番号を読み上げるしゅがぁを見ていました。
客が150人近くいてしかも景品が5つだけじゃーまず無理だよね、
と思っていたので最初の当選番号が70番台(自分の番号が71番)だった時は、
まさかのミラクルを期待しちゃいましたよ。
でもそんなことある訳もなく、
二つのサイン色紙はハズレ、
二つのサイン入り横浜国大クランチバックもハズレ、
最後のサイン入り横浜国大Tシャツも無理だと思っていました。
ynut.jpg
………こんなことってあるんですね、
番号を読み上げられた時は驚いて一瞬反応が遅れちゃいました。
なんで当たったのかなー、
やっぱりしゅがぁが大好きだというメガネを掛けていたからかなー、
そういえば一人を除いて他の当選者はみんなメガネだった。
その当たったTシャツは、
横浜国大の学生さんが寝間着にしか使わないというとてもシンプルな代物で、
シャツの真ん中にでかでかと今回のイベント名としゅがぁのサインが書かれていて、
色紙のほうが欲しかったけど記念品としてはこれのほうがいいかも♪
野田の時に続いて信じられない幸運、
アニメイベントの番号抽選じゃあ当たったことないのに、
なんか学祭と相性がいいのかなー?

 当初1時間ぐらいだと思ってたのに、
1時間40分近くあって内容的にも大満足なイベントでした。
学祭の企画とはいえプロが関わってるからバカにできないですね、
また機会があったら参加してみたいなー、
そして今度はもっとゆっくり学祭を楽しみたいところです。
スポンサーサイト
[ 2015/05/25 22:25 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ