まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  日記 >  『ロリガツアーズ!旅の寄り道』に参加してきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ロリガツアーズ!旅の寄り道』に参加してきました

 『艦これ』の冬イベが始まって1週間たちますが、
かれこれ1週間もE-2にアタックし続けているもののことごとく失敗していて、
その結果、今では攻略に疲れてきって心が折れそうになっています。
このままでは穢れが溜まり過ぎて取り返しがつかなくなりそうなので、
癒しを求めてイベントに行ってきました。

 当初は『シドニア』のイベントへ行きたかったもののチケットが取れず、
何かないかなーて探してたら、
今日になって『ローリング☆ガールズ』のイベントがあることに気づいて、
丸の内まで行ってきました。
 イベント開始は18:30でしたが、
パスポートにスタンプ押すのに時間がかかって開始が20分遅れ。
でもそれも仕方のないこと、
だって主演の小澤亜李ちゃんと花守ゆみりちゃんたちが、
自ら押してくれるとなったら並ばない訳にはいかないでしょ!!
DSC07888.jpg
DSC07889.jpg
すぐ目の前で亜李ちゃんに会えて話が出来て嬉しかったなー、
一気にテンション上がりましたよー♪
一番最初の上映会以来『ロリガ』のイベントにきてなかったので、
まさか入国スタンプを押すのがこういう形式になっているとは知らず、
話すことも考えてなかったのでどうでもいいことしゃべっちゃった(汗;
せっかくの機会だったのになー。
次にイベントへ行く時は、
事前によく話すことを考えておきたいですね。

 上映会は休みがありつつも1話から6話の上映で少々疲れたけど、
TV放映より早く最新話が見れたし、
1時間以上も作品の話が聞けたから面白かった。
特に脚本のむとうさんがいたから裏話を一杯聞けて、
これがかなり貴重な情報ばかりで興味深かった。
オリジナルものだからこそ膨らんでいく話、
中の人の演技で変化していく登場人物、
カットされたエピソードなんてTV見てるだけじゃ知りようがないもんな。
 モブが主人公という設定にも意味があって、
まあ主人公になって名前がある時点でモブではなくなっているけど、
彼女たちがいなくても物語は動いていく、
なんだかんだでモサの力が問題解決の決定打になるから。
でもその結末自体は実は彼女たちがいるいないで大きく変わる、
その事実に彼女たちも当事者たちも周りの人たちも気付かない間に、
そういう話なんだっていうのが6話でよく表れてました。
そしてモブであるがゆえにキャストクレジットも前代未聞の状態になりそうだったそうで、
モブだから一番上はおかしいとの声もあり、
主人公なのに危うく最後になっていた可能性もあったとか、
それはそれでありだったのかなーモブッぽいし。
 他に興味深かったのは、
執行さんの元ネタが島本和彦先生の漫画だったり、
ブルーハーツの楽曲を使ってるのもむとうさんが好きだからだったり、
かなり脚本家さんの好みが反映されているのも、
オリジナルものだからこそなんでしょうね。
所沢からがスタートだけど所沢アニメにするつもりでもなく、
まぼろし軒登場もむとうさんが好きだったからの偶然みたいだし、
演出的なものや作品の見せ方は監督じゃないと分からないけど、
骨格となるところの部分を話せるのは流石でした。
 今後の物語の展開としては、
一応全国の争いとキャラを考えてはいるみたいだけど、
TVではその一部しか出そうにないのが凄い残念。
このまま西に行けば、
多分奈良と京都、
そして大阪ぐらいまでで終わりなんじゃないかな。
ただ最後の終着点をどこにするのかが難しいところ。
沖縄まで設定は考えているようだけど、
盛り上がりとしては関西で終わりそうな気がする、
とても九州まで行ける気がしない。
オリジナルもので2期というのは難しそうだけど、
せっかく生まれた魅力的なモサたちが活躍できないのは勿体ないので、
何かしらの形で映像化かされて、
その物語を描いて欲しいなー。


DSC07890.jpg
※ちなみにこれは来場特典の小説なんですが、
  むとうさんは一切関わってないそうで、
  アニメと若干設定とか解釈に違いがあるかもしれないらしいです。
  そういうラフさも原作がないからこその自由さですよね。
スポンサーサイト
[ 2015/02/14 23:23 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ