まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  日記 >  エロゲのTVアニメ化について考える~その1~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エロゲのTVアニメ化について考える~その1~

 この間の記事で“今期のアニメは豊作”と述べましたが、
その際に取り上げたアニメの中に、
『Fate』を除けばエロゲ原作のアニメは一本もありませんでした。
そもそもエロゲ原作ものもアニメは例年と年々減少傾向にあって、
一時期は多かったものの今年は冬、春、夏と一本もなく、
秋になって以前からアニメ化の話があった3作品が放送されたのみ。
ただそられを見て改めて思ったのが、
「やっぱりエロゲのTVアニメ化は難しい」
ということでした。

<エロゲのTVアニメ化が難しい理由 その1>
 そもそもエロゲはTVアニメ化に向いていない作品が多い、
その理由の一つが“恋愛もの”であるということだ。
恋愛もののアニメはもちろんたくさんあるが、
恋愛小説や漫画は必ず一つの結末がある、
しかしゲームはヒロインごとの結末がある。
そのためアニメとして1本の話にまとめるのは難しい。

<エロゲのTVアニメ化が難しい理由 その2>
 理由はそれだけでなく、
恋愛が大抵1対1なのが問題だ。
基本的なエロゲの恋愛ものの構成は、

1.共通ルートでキャラと世界観の紹介
2.共通ルートの選択肢でヒロインの好感度を上げる
3.個別ルートに突入してそのままエンディング

という流れになる。
つまり主人公たるプレイヤーが狙いの娘を攻略する際、
他のヒロインはほぼ蚊帳の外になり、
大体ただの友人に成り下がってしまう。
恋のライバルになったり、
他の男子が絡んで来ればまだいいが、
何もないから、
誰かのルートに絞って話をまとめると空気になる(愛理のようにね)。
正直TVアニメとして面白くするには、
全てのシナリオを理解したうえで、
一から書き直したほうがいいんじゃないかとさえ思う。
でもそれだと原作ファン的には納得しない、
だから難しい。

<エロゲでTVアニメに向いているタイプ>
 それじゃ逆にどんなエロゲがTVアニメ化に向いているかといえば、

1.ヒロインの中に圧倒的にヒロインらしい正ヒロインがいる。
2.一本道のシナリオか分岐があってもシナリオに主軸となるものがある。
3.ファンタジーやSFやバトル要素など映像映えするもの。

といったものになるでしょうか、
今期アニメ化したものでオーガストの『大図書館の羊飼い』がありますが、
オーガスト作品では『けおりな』や『FA』はその典型、
特に『けおりな』はフィーナが圧倒的なヒロインだったのに、
それでも難しいのかもしれない。
 そうなるとシナリオ的に『11eyes』や『ef』がいいとなるが、
個人的にはどちらも原作より楽しめるという感じはなかった。
原作が面白ければ面白いほど求めるものが高くなるので、
中々納得のいくものにはならないものだから仕方ない。
『俺たちに翼はない』なんかもそうだけど、
視覚が限定されるゲームだからこその演出もある訳で、
それをアニメ向けの表現として見せるのは難しいと思う。
もういっそ『恋姫†無双』みたいな完全オリジナルにしたほうが、
話の自由度が上がっていいのかもしれない。

<最後に~今後のエロゲのアニメ化>
 今後もエロゲがアニメ化することがあるかもしれないが、
いくら売れているものだからといって、
それがアニメ化されて面白いとは限らないだろう。
いろいろ事情があるのかもしれないが、
どうせTVアニメとして企画するなら、
TVで毎週放送するアニメに向いた作品をアニメ化して欲しい。
昔は自分の好きな作品がアニメ化されれば素直に喜んだものだが、
それが必ずしもいいこととは限らないから、
なんでもかんでもアニメ化は勘弁してほしい。
恋愛もののアニメ化もうまくまとめてくれればまだいい、
でも一人のヒロインに絞ると尺が短いし、
そもそも1話ごとにキリよく分けるのは難しいだろうから、
向いてる作品とそうじゃないのがあるんだろうな。
面白いエロゲなのに、
ヘタなアニメ化でメタメタに言われているのを見るのは辛い。
一層フミオ先生が『ほしうた』の漫画を描いたみたいに、
一回漫画とかにしてそっちを元にアニメ化したほうがいいのかも。

 何にしてもエロゲのアニメ化難しい、
エウシュリーとかのファンタジーもののアニメ化なら大歓迎だけど、
エロ描写抜きじゃ語れないのがなー、
面白いけど18禁描写が必須なの多いし、
それを抜いたり出し過ぎてもダメでどうにもならないな。
スポンサーサイト
[ 2014/11/02 23:16 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ