まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  日記 >  4日間の祭りと激戦

4日間の祭りと激戦

 イベントへ行ったら書こうと思っていたのですが、
「毎日始発でGO!」
をしていたのでブログを書く体力が残ってませんでした。
そんな訳でいろいろあった4日間、
詳細にまとめるのはしんどいので、
ざっくりといきます。

<1日目-電気外祭り in 新宿->
 14日はコミケ0日目のイベントと言われる、
電気外祭りに参加してきました。
コミケからエロゲメーカーが減りつつある今、
どこを見てもエロゲーメーカーばかりのイベントはとても貴重です、
春と秋のDPも開催が怪しいですし(汗;
 このイベントは祭りという名に相応しく、
楽しむイベントでしたね。
始発へ現地へ行くと中で列整理をしていまして、
開始時間まで空調の効いた場所でのんびりできました。
電気外祭りにこうしてガッツリ参加するのは初めてといってもよく、
勝手の分からないところもありましたがよかったですね。
声優の結衣菜さんに会えたのもよかった。

<2日目~3日目 コミケ>
 電気外祭りでminoriの酒井さんが言っていた言葉を、
よく思い出させる2日間でした。
まず平和でまったりしていた電気外との差がひどくて、
向こうは本当に楽しい祭りでしたが、
有明は戦場でした。
 坂井さんはおっしゃっていました、
「このイベントが滞りなく行われるには皆さんの良心に掛かっている」
と、細かいところは違いますが大体こんなニュアンスです。
つまり運営する側がしっかりするだけでなく、
参加者する来場者一人一人が紳士淑女たれば、
何も問題は起きないって話です。
 コミケでは見ていた限り、
スタッフさんたちはとても頑張っていましたが、
走ったり押しのけたりといったことは起きるし、
暑さのせいかキレ易くもなりますし、
平和ではなかったですね。
 そもそも今のコミケには行く意味があまりないのかもしれない。
元々エロゲメーカー目当てで行っていたのに、
そのほとんどが外へ出てしまい、
参加企業の8割が一般向けなんじゃ、
もう電気外だけでいい気がする。
 そんな訳で今回は何に的を絞ればいいかひどく悩み、
『RGZ』、『ガルパン』、『WA2』のスタッフ本を取り敢えず回収しました。
『ごちうさ』も行きたかったんですが、
あそこの企業さんのブースは地獄だって噂だったので、
諦めました。

 そして3日目のイベントの締めは、
お台場新大陸内で行われたKalafinaさんのライブです。
前々から生で聴きたいと思っていたので、
『まどマギ』や『らっきょ』の歌を聴けて凄い嬉しかったなー。
これで雨さえ降らなければ、
コミケに参加している間は大丈夫だったのに、
ライブが始まる時間になって降り始めるとか鬼畜過ぎる。

 最後に4日目はコミケ会場の近く、
ディファ有明で行われた「ニャル子さん」のイベントです。
メイン声優陣6人が集まる豪華なイベントで、
朗読劇が主体なだけに凄く長くて、
分かりやすくキタエリが2回「かみまみた」、
ゆかちんが1回、
あすみんは何回か噛んでいた気もするけど、
こればっかりはしゃべる量が1人だけ尋常じゃないからしょうがない。
羽田野さんなんて何ワードあったの?
ていうくらいだし、
クー子はまとな台詞をしゃべってないような(いや、いつも通りか)。
もうほとんどニャル子と真尋の二人芝居状態で、
それはそれで楽しかった。
意外なことに過去何度かニャル子イベントはやっているものの、
くぎみーが参加するのは今回が初めてということで、
生くぎみーボイスでとろとろになりました。
 そしてこの作品の特徴ともいうべきパロネタ、
多すぎて正直分からないのも多かったなー、
相当中の人について把握してないと理解するのは難しい(汗;

 という訳でこんな4日間でした。
相当濃密だったので一つ一つについてレポが書けるところなんですが、
まあ時間があったらですね。
スポンサーサイト
[ 2014/08/18 12:57 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ