まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  ゲーム >  ゲームOPにもいろいろ

ゲームOPにもいろいろ

 OPは大事ですよね、私はアニメのOPとEDは飛ばさない派
です。でも今回はアニメじゃなくてゲームのOP、これの良し悪
しでその作品の印象がかなり変わりますからからね。とはいっ
てもOPの内容をどうこう言うつもりはないんです、それはかなり
奥が深く短期間では考察できることではないようなきがしまし
て(;^_^A  一番重要なのは中身かもしれませんが、最近いろい
ろゲームしていて思ったのはタイミングも重要だな、と。どの時
点でOPが始まるか、それに注目して見てみたら大体3タイプ
に分類できました。

①毎回ある(アニメのように1話、2話という構成)
   そんなにはありませんが、1話、2話と区切りを付けること
 でテンポよく進み、プレイしやすい感じです。

 ・『プリズムアーク』
 ・『つくしてあげるのに!』
 ・『あかね色に染まる坂』etc

②全ヒロイン登場後
   そこそこあるパターンだと思います、主人公の周りに元か
  らいた子はすぐだけど、転校とか、それまで縁のなかったヒ
  ロイン出会うまでは時間かかりますし(ただどれがそうだった
  かあまり覚えてなくて、具体例が・゚・(ノД`;)・゚・ このタイプは
  OPとしてあまり印象に残らないです)

  ・『暁の護衛』
  ・『こんな娘がいたら僕はもう』etc

③物語の発端となる事件発生後(転校など)
   これは一番タイミングが意味を持つタイプかな、記憶にも
 残りやすいし。一言で事件とかいっても、それは過去のこと
 だったり、夢だったり、バリエーションはいろいろ。

 ・『E×E』
 ・『Princess frontier』
 ・『カタハネ』
 ・『かみぱに』etc

 OPのタイミングなんてことを考えたのは『暁』の影響で、な
んで麗華が主人公をボディガードに決めるとこじゃなくていろ
いろあっての唐突なところで始まるのか気になって。ゆいにゃ
んが歌う主題歌もかなりいいし、あそこでドーンといけばなぁー
と、思ったわけでして。OPの始まるバリエーションは他にもた
くさんあると思う、分岐してからだったり最初からだったり、厳
密に言えば細分化できそうですし。かく言う私は、最初からO
Pをちゃんと見ていたわけではなく、すっとばしていたんですけ
どね(;´Д`A ``` 初めて注目したのは『秋色恋華』ですね、こ
れ以前に『Wind-a breaht of heart』も見てましたが、静止画
じゃなくて動いているのにかなり感動(≧▽≦) 橋本みゆき
さんの歌もいいですし、この作品以来パープルソフトウェアは
ハズレない安定した作品を出すメーカーとして贔屓しちゃって
ますヾ(*⌒∇⌒)
purple_b_20080430203211.jpg


 
スポンサーサイト
[ 2008/04/30 21:37 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ