まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  日記 >  『ロボットガールズZ』初日舞台挨拶 in 大泉学園

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ロボットガールズZ』初日舞台挨拶 in 大泉学園

 先日大泉学園のT・ジョイ大泉で行われた舞台挨拶に行ってきました。
作品は『ロボットガールズZ』、
正直名前は知っていたものの、
一部のネット配信のみだったため内容は知らず、
印象としてはただ過去のロボものを擬人化しただけの、
「あーよくある女体化ものねー」
という程度の認識でした。
舞台挨拶に行ったのも、
ゲストが多くていろんな人に会えるっていうだけで、
作品自体にはそんな期待していませんでした。

 でもいざ始まってみると、
これがただの擬人化とか女体化ものじゃないことがすぐ分かる。
なんせ作品を手掛けるのは歴史ある東映アニメーション、
元祖ロボものを作ってきた業界の最大手が、
自分たちが作ってきたものをパロるんだから、
生半可なものじゃない、
本物が本物を作るんであって、
よくある擬人化とは訳が違う。
本家本元によるパロディ、
機械獣やマジンガーを女体化することについて、
ロボットファンがどう思うかは分からないけど、
面白ければなんでもいいさ。
 全9話の一挙上映は想像以上の楽しさだった、
満員の劇場内ではあちこちから笑い声があがり、
お色気シーンが多々あって気まずいところもあったものの、
そんなものは笑いのブレストファイアーが全てを吹き飛ばす。
 アニメ本編の感想としては、
まず次から次へと新キャラが出てくるものだから、
声優さんが凄いたくさん出てきて豪華!
新人さんは結構多目だけどね。
それから東映が手掛ける全てのロボものをパロってるから、
いろんなロボットの豪華共演!
そして繰り出される必殺技!
動く動くアクションシーン!
原作エピソードや設定をいかしたストーリー!
まさかのいまいち萌えない娘との共演など、
見どころもりだくさんでした。
キャラはみんな可愛かったけど、
なんだかんだでZちゃんがお気に入りかな、
グレちゃんとかダブラスちゃんとかみんな可愛いけどね。

 そして肝心の舞台挨拶は、
ゲストが
本多真梨子さん、水瀬いのりさん、荒浪和沙さん、東山奈央ちゃん、
森下由樹子さん、喜多丘千陽さん、高岡香さん、辻あゆみさん
と8人の声優さんが集結する豪華なものでした。
ですが一言いわせてほしい、
2、30分も時間があったというのに、
その間一切作品の話をしないというのはどうなんでしょう、
舞台挨拶として斬新過ぎるでしょ。
1日に4回もやっていて、
その最後となればそういう風になることもあるのかもしれませんが、
司会の喜多丘千陽さんがいきなり「すき焼き」のネタ振りをして、
それからずーとすき焼きを賭けたクイズへの挑戦。
会場は凄い盛り上がったし楽しかったし、
楽しそうにクイズに挑む声優さんたちを見てるのも、
ほほえまーでよかったんですが、
少しくらい作品に関する話をしてもよかったんじゃないかなー。
クイズのあとは辻さんと森下さんの「ハッピバースディ」でしたし、
なんのイベントなんだかという感じがしました。
でもそれが『ロボットガールズZ』らしいさなのかも、
主演が本多真梨子さんですし、
これだけ女性の出演声優さんが多ければ賑やかにもなるだろうし、
マジめに「あのシーンがどうだった」とか、
作品について語るよりも、
声優さんたちがじゃれ合っているのを見て、
作品の楽しい雰囲気を感じるほうが。

 今回はいろいろ下調べ不足でした、
大泉学園が東映のお膝元で、
映画館のうらが東映の撮影所なことや、
作品の舞台が大泉学園なところとか、
もっと調べてから行けばよかった。
はぁーみんな可愛かったな、
個人的には奈央ちゃんに会えたのが一番かなー。
来てた出演者の中で一番小っちゃくて、
手につけてるパペットと相俟ってさらに可愛くて、
森下さんに抱きしめられてたところは眼福でした。
本多さんも弄られキャラとして見ていて面白かったし、
動きがなんか可愛らしかった。
またこんな機会があったらいいなー、
取り敢えず次は『ロボガ』の舞台探訪がしたいですね。

スポンサーサイト
[ 2014/06/01 09:02 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ