まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  ゲーム >  『ゾンビの同級生はプリンセス』の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ゾンビの同級生はプリンセス』の感想

 この頃『艦これ』ばかりで、
少々エロゲの進みが悪かったので、
新しい刺激を入れようと『天色』は一旦お休みして、
アーベルソフトの『ゾンビの同級生はプリンセス』をプレイしました。
 なんでこのソフトを選らんだかといえば、
摘み食いとしてやるのにちょうどいいプレイ時間だったし、
悪い意味であっても話題作には変わりなかったから。

 そもそもこの作品は発売前から知っていて、
楽しみにしていた期待作でした。
アーベル作品はあまりやったことなかったものの、
原画の七瀬葵先生は昔から知っていて、
それこそ二次元にハマり出した頃からのファンでした。
当時好きだった絵師のTOP3が、
七瀬葵先生、きみづか葵先生、西又葵先生の3大葵、
いい時代でした。
先生が描かれた漫画はいろいろ買い漁り、
『ぷちモン』は特装版を毎巻予約して、
『ANGEL/DUST』は置いてなければ取り寄せてGETして、
『気象精霊記』の絵も好きだったなー。

 そんな好きな絵師さんが原画をするとなれば当然注目する訳で、
先に発表されていた『ミステリート2』を楽しみにしていたところ、
発売されたのがこの『ゾンビの同級生はプリンセス』でした。
正直キャラデザ的には『ミステリート2』のほうが好みでしたが、
好きな絵師さんということで購入。
ところがまさかのクソゲーオブザイヤー受賞ということで、
あまりにひどい出来という評価だったがために、
今までずーと積みっぱなしでした。
ただどれだけ作品が悪かろうと、
応援しているクリエイターさんが作ったものなら、
やってみようといざプレイ!!

<作品の感想>
 まあ評判通りというところ、
話が途中で終わってるし、
情報サイトに載ってるシーンが丸っとなかったり、
ディテクティブADVとあるがシステムに推理要素がない、
と不完全なところが多いのは事実。
一応続きの3話がネットで公開されてますが、
アワードの紙がどっかにいってしまったので、
探さないとプレイできず、
あくまで製品版として出たものだけのみでの感想です。
 まずボイスがないのには驚きました、
これまでボイスなしゲーは『ランス』のような神ゲーでもスルーしてたので、
迷ったもののそのままプレイを続行。
しかしいきなり詰まる、
なんかテキスト中のリンクから飛ばないといけないようで、
探偵ハイパーリンクというそうですが、
正直面倒なだけでイマイチなシステム。
物語自体もイマイチでしたが、
登場キャラたちは魅力的で、
声はないのものそれは日頃鍛えたエロゲ力で脳内補完!
やっぱり紅雪かなー、
他のキャラも可愛いけどね。
1話と比べると2話はそこそこ面白い、
なんかミステリーぽくなっていてよかった。
 確かに微妙なところは多い、
声も歌もなくて絵とテキストだけ勝負してる割にはって。
ただ絵師さんのファンとしては出してくれただけでも有難いし、
未完なことを除けば1話と2話はそこまで悪くはないと思う。
選択肢でヒロインを選べず1本道っぽいが、
探偵ものならそういう形でOKだし、
√nukoの『イド』でもそうだったけど、
正ヒロインがいて個々の物語がありつつも、
大きな事件を解決してハッピーエンドであれば納得できる。
 結論としては、
絵とキャラが好みならプレイしてもいい、
ただ声なし歌なしでサウンド面は期待できず、
シナリオも未完ですが。
後はきっと3話で活躍する唄子ちゃんが気になるな、
立ち絵を見た限りでは結構好みだし。
 菅野さんが亡くなられた今、
『ミステリート2』の完成や『ゾンビ』の補完はもう無理なんでしょうね、
本当にそれが残念でしょうがない。
七瀬葵先生の名前を、
原画の欄に見かける日はまたくるのかなー。
スポンサーサイト
[ 2013/09/15 00:07 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ