まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  音楽 >  Ceui東阪ツアー聖地巡礼~センティア祭~in東京

Ceui東阪ツアー聖地巡礼~センティア祭~in東京

 いやー大興奮のライブでした。
ここ数年で注目度が鰻登りなceuiさんの単独ライブ、
しかも曲がこれまでのベスト盤的なセレクトということで、
名曲のオンパレードでテンションはアゲアゲ↑
ceuiさんのライブは4年前に参加してたものの、
複数アーティストだったし2曲だけだったから、
3時間ずーとceuiさんというのは堪らなく嬉しかった♪

 ceuiさんの曲で好きなのはいろいろありますが、
中でも聴きたかったのはオーガスト関連の楽曲。
「トラベリング・オーガスト」に参加できない分、
どうしても聴きたかった
「Asphodelus」(『穢翼のユースティア』)
「ストレイトシープ 」(『大図書館の羊飼い』)
を両方とも聴けたのは最高だった。
特に「Asphodelus」は重厚な世界観を想起させる曲だったから、
鳥肌立ってヤバかった。
 
 他だとメジャーデヴュー曲の
「微睡みの楽園」(『京四郎と永遠の空』)
や、
ceuiさんが凄い押してる
「奏愛カレンデュラ」(『八犬伝―東方八犬異聞― 第2期』)は、
アンコールと合わせて2回も歌ってたなー。
衝撃だったのは14分間の長さの「奏愛カレンデュラ」のカップリング
「花になった少年の神話」。
他の曲はみんな立ってノリノリで聴いてたけど、
これだけは流石に静かに座ってたわ―。

 あとテンションが上がったのは、
「mellow melody」(『sola』)

「Jewelry Time」(『恋と選挙とチョコレート』)
だね。
どちらも神曲過ぎてヤバかった。
個人的にceuiさんと言えば、
『ヴァルキリーコンプレックス』の主題歌なんだけど、
ED系の曲は神々しいというか、
癒される優しい感じがしていいなー。

 3時間という長丁場のライブ、
最期はツーショット写真も撮れて大満足でした。
また何かしらのイベントでお会いしたいなー。
スポンサーサイト
[ 2013/07/31 04:50 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ