まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  ゲーム >  『大図書館の羊飼い』の感想

『大図書館の羊飼い』の感想

 オーガスト作品としては、
4本目(エロアニメを除く)となるアニメ化タイトル
『大図書館の羊飼い』
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。
最近攻略するソフトは2012年度以前の積みゲーがメインでしたが、
アニメ放送前にプレイしときたかったので攻略しました!
今日はその感想です。

<全体の感想>
 オーガスト作品は『プリホリ』の頃から好きでファンでしたが、
学園ものを最後まで攻略できたのはこれが初めてです。
『はにはに』も『けおりな』も『FA』も、
半端にしかできてないからな。
その点だけでも評価としては合格点、
名作とまではいえないけど、
学園の日常ものとしては上々な出来でした。
特に良かったところは声優さんと演出面、
Hは回数はこれまで通りに多かったし、
あとはシナリオがもうちょっとってところかな。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<シナリオ>
 この作品のあらすじを大雑把にいうと、
「学園を楽しくしたい」
という白崎つぐみに惹かれた面々が集まり、
一緒に学園を楽しくする活動をする話
 かな?
シナリオの大きな柱は図書部での活動、
重要なのはそこに筧京太郎がどう関わって、
どんな影響を受けたかってこと。
 正直ヒロインエピソードは長さはちょうどいいけど、
なんか物足りなさがあって、
でも図らずも羊飼いの話にはほろりときちゃったんだよね。
シナリオで一番よかったところっていったら、
筧京太郎に関わる部分!
テーマとしてメインの話はいい感じだった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<キャラ(ヒロイン)>
 サブを入れて8人のヒロインがいて、
一番気に入っているのが誰か言うと難しんだよね。
保奈美とかフィーナ、
シンシアに瑛里華などのように、
すぐにパッとは決めかねるんだよね。
それだけ各ヒロインが魅力的で、
作品を象徴するキャラならつぐみ、
でも玉藻も凪も千莉もサブの面々もいいしな、
話的には会長が好きかも。
水結も可愛かったからな、
メインに負けない魅力があった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<声優>
 なんといって本作の第一の良さはここ!
まずはつぐみの中の人、
ずーと聞いていたくなる声で、
鼻歌のところが可愛かったなー。
玉藻の中の人もいいな、
凛々しいところと女の子らしいところがあって。
水結の中の人は男前だったな、
可愛いくて可愛くて。
佳奈の中の人はいいテンションで、
いろいろうまいなーて感じだった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<演出>
 この部分がアニメでどうなるんだろうなーて心配になる、
だってここがこの作品を魅力的にしてる最大のポイント!
だから。
CGを使わずうまい具合に立ち絵をいかしていたり、
細かなキャラ描写でコミカルさが出ていて楽しかった。
アップで迫ったり光を当ててみたり、
丁寧な演出がよかった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。

<その他>
 いろいろいいところはあったけど、
ちょっとこれはっと気になったところが2点。
 一つ目は共通ルートの長さや複数エンドのせいで、
ヒロインシナリオが薄まった感があるんだよね。
共通のなかでもヒロインの良さは見れるけど、
単独ルートでそのヒロインだけを見たいって気持ちもある。
一波乱ぐらいが長さとしてはちょうどいいものの、
二波乱ぐらいあってもよかった気はする。
 二つ目はHシーン、
回数は問題なくてエロさもあるけど、
もっと丁寧な描写をしてくれたほうが好みだな。
それとHシーンの挿入のされ方に違和感がある、
まるでコンシュマーゲーのように、
あとから追加されたかのような不自然さがあって、
あってもなくてもいいような入れ方のHが何度も。
回数があるのは嬉しいけど、
もう少し必要性を感じさせるような話の流れで、
しかるべきところにあればなおよかった。
『大図書館の羊飼い』は好評発売中です。
 
 総合的な評価としてはいいキャラゲー、
キャラの良さがあってこそ紡がれていく物語がある。
どのキャラも胸の内に何かを抱えていて、
それを人と人との繋がり、
交流を通して先に進んでいく、
そして一番のいいキャラは筧京太郎くんだったということで。
 無事コンプできたので後はアニメ放送を待つだけ、
一つのメーカー作品でこれだけアニメ化してるってかなり凄いよね、
あとはいいスタッフに恵まれてくれればいうことなし!
「所詮はエロゲー原作かー」
て言われないような名作になって欲しい。
スポンサーサイト
[ 2013/06/07 23:07 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ