まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  舞台探訪 >  『少女神域∞少女天獄』の舞台探訪 in 鹿島神宮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『少女神域∞少女天獄』の舞台探訪 in 鹿島神宮

 今年は忙しくて全然ゲームができていませんでしたが、
4月になってやっと2013年1本目のゲーム
『夏空のペルセウス』
をプレイしてフルコンプできました。
長く感想を書く気はないので一言だけ
「ドラマ性のあるエロ漫画のようでよかった」
です。
この技術力で作られるminoriの次回作に期待しています。

 さて今日の本題は先日行ってきた、
『少女神域∞少女天獄』の舞台探訪についてです。
この作品の舞台のモデルについては、
初報で“鎌倉”だと匂わせていたので、
背景絵が公開された時、
すぐに鎌倉だと判断できるところには行ってきました。
でもどうもそれだけじゃないぞってことで、
茨城県の鹿島まで遠征してきました。

まず東京駅から鹿島行きの高速バス「かしま号」に乗り
DSC07722.jpg
2時間ほどで
DSC07725.jpg
鹿島神宮前のバス停に到着。
ここから歩くこと数分で
DSC07796.jpg
鹿島神宮に到着です。
そして本日の目的地はこのまま表参道を進んで門の近くまで行ったところです
DSC07733.jpg
時季がよかったので桜と一緒に撮れて得した気分♪

 これだけで帰るのは勿体ないのでついでに境内を散策。
撮影ポイントから真っ直ぐ進み
DSC07745.jpg
朱色が鮮やかな楼門、
祭神が武甕槌大神なこともあり中には
DSC07787.jpg
こんなものが。
門を潜ってすぐ見えてくるのが
DSC07747.jpg
拝殿、
そのまま奥参道へ入っていくと
DSC07754.jpg
“鹿”島なだけにシカがいました、
こっち見んな(笑)。
シカの前を通り過ぎると
DSC07755.jpg
奥宮、
そのまた奥に
DSC07776.jpg
DSC07775.jpg
小さくて分かりにくいですが要石です。
どうやら大部分は地中に埋まってるようで、
本当はとても巨大なんだとか。

<鹿島グルメ>
 鹿島神宮を歩き回って疲れたなら、
DSC07757.jpg
みたらし亭で一休み。
ここは
DSC07768.jpg
DSC07763.jpg
店脇で焼かれているお団子が名物で、
DSC07767.jpg
いくつかある中でみたらし団子をたべました、
食べ応えのあるもちもちっとしたお団子でした。

駅への帰り道に寄りたくなるのがここ
DSC07801.jpg
かしま甘太郎、
ここの名物が大判焼きで
DSC07812.jpgDSC07815.jpg
あんことクリームを頂きました、
皮が軟らかくおいしかったです。

もうすぐ駅というところでお土産を買うならここ
DSC07804.jpg
丸三老舗です。
いろいろな和菓子が売っていて、
80円の安いものから一個数百円もする高いものまであって、
かりんとうまんじゅう目当てで来たのに慌てて買ったために、
DSC07821.jpg
間違って利休という普通のおまんじゅうを。
これはこれでおいしいけどなんか物足りないということで
DSC07823.jpgDSC07826.jpg
カボチャバターどら焼きをGet&Eat!
バターの塩っけとカボチャの甘さが合ってGood!
次来る機会があったら今度こそかりんとうまんじゅうを食べたいな。
スポンサーサイト
[ 2013/04/04 15:15 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ