まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  日記 >  2012 年末ダチャーン祭に参加してきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012 年末ダチャーン祭に参加してきました

 お久しぶりです、
3週間振りの更新です。
12月に入ってからいろいろと忙しくて、
HP作りとか仕事とかで手が回らなくなってしまいまして。
そういう訳で2012年最後の日に滑り込み更新です。

 コミケのこととか書きたいことがたくさんある中で、
今年最後の話題として選んだのが、
先日TOKYO FM HALLで行われた夢のようなイベント、
2012年末ダチャーン祭です。
これは本当にヤバくて、
ファンは感涙すること必至なファンのためのイベントでした。
普通のライブではありえない楽曲の数々、
単品でならありえるけど、
それが全て揃う訳ないよね?
て俄かには信じがたいまさに夢のようなひとときでした。

 イベントは昼と夜の2部構成で、
まず昼の部はタイトルを付けるなら、

「minori主題歌コレクション~神曲のオンパレード」

という感じでしょうか。
『悠久の翼』のピアノソロから始まって、
徐々にうわぁーて感情が入って盛り上がってきたところで、
もう本当に凄いとしかいいようのないセットリストでした。

1.「emotional flutte」(『ef - the latter tale.』)
2.「little explorer」(『eden*』)
3.「春~feel coming spring~」(『はるのあしおと』)
4.「echt forgather」(『ef - a fairy tale of the two.』)
5.「The Brave Under The Summer sky」(『夏空のペルセウス』)
6.「悠久の翼」(『ef - the first tale.』)
7.「ever forever」(『ef - the first tale.』)

普通のライブだったら50分にも満たないイベントで4000円?
て首を傾げるところだろうけど、
このラインナップを見たらまだ足りないですってもっと払いたいぐらい。
もうこの感動は半端ない、
Ritaさんのライブの時も鳥肌が立ちすぎてヤバかったけど、
それとはまた違った高揚感で、
こんなに神曲ばかりを集めたライブってあり得るの?
終わった後でも信じがたかったほど、
凄かった、本当に凄い。
ファンのリクエストで決まったそうだけど、
こういうアーティストさんの好きな曲を聴きたいから、
単独ライブにはよく行くものの、
その時々のコンセプトとか構成で、
入ってなくて聴けないことって多いから、
このセットリストはありえないよ!
どの曲もよかったけど、
やっぱり「悠久の翼」は言葉にできない、
サビの「めぐりーあうー♪」のところなんか、
BACKで流れてる『ef』のムービーと相俟って、
1時間以上泣いたあの感動がフラッシュバックして、
あぁーカントク先生のサイン会を蹴ってきた甲斐があった。
 そうなんですよね、
実はコミケ2日目であった先着30名のカントク先生のサイン会に、
行こうと思えば行けたんですよ。
チケット入場だったので余裕でOKだったものの、
サイン会の時間がライブの時間と被ってたので、
みんながブースに殺到するのを苦笑いでスルーして、
やっぱり物より思い出です。
こんな経験また出来るかどうかってところですから。

 そしてお次は夜の部、
こっちは昼とは大分雰囲気が違って、
タイトルを付けるなら

「原田ひとみの七変化~時に可愛く時にエロく」

という感じです。
夜は頭こそ

1.「冬だより」(『ゆのはな』)

でしっとり始まったものの、
オープニングアクトをbambooさんの「もみ!もみ!」
でスタートしたくらいなので、
非常にバエリティーに富んだ、
楽しいライブで盛り上がりました。
2番目以降の曲はこんな感じ

2.「春調~はるいろ~」(『恋神-ラブカミ-』)
3.「バカテス瑞希ボーカルメドレー」
4.「満ちる季節」( 『ゆのはな』)
5.「おーぷん☆きゃんばす 乃莉Ver.」(『ひだまりスケッチ×ハニカム』)
6.「時のかけら」(『ドリームクラブ』)
7.「Oh!Mama Go To」(『ドリームクラブ』)
8.「Hi!-Kin-goo」ほろ酔いver.(『ドリームクラブ』)
9.「イケないLipStick」(『ドリームクラブ』)
10.「疾走論」 (『閃乱カグラ』)
[アンコール]
11.「乱れ咲き 飛鳥Ver.」(『 閃乱カグラ 少女たちの真影』)
12.「nachu☆nachu」(『なつなつ』)

 しっとりから華やいだ曲、
時に大人にそして色っぽく、
激しく強く熱くなり、
最後は可愛らしく明るく元気に。
いろんな原田ひとみさんが見れました、
もちろん一番の盛り上がりはラストの「nachu☆nachu」で、
ノリがいい曲だし可愛らしかったです。
でもそれ以外なら、
みんなで合の手を入れた
「おーぷん☆きゃんばす 乃莉Ver.」
ですね。
るいの時もそうでしたが、
キャラ声で歌えるのが凄い、
乃莉がいるよって感じで、
夜の部で一番テンションあがりました。
乃莉は『ひだまりスケッチ』の中でもかなり好きなキャラだし、
もっと声が聴きたかった。
 あと注目はドリクラコーナー、
その時の衣装がまたヤバくて、
むっちむちなうえにセクシーな歌い方や仕種との相乗効果もあって、
なんですかねーこのエロイベントはーみたいな感じで、
DSC07625.jpgDSC07631.jpg
さらにこんなブロマイドも売ってるし、
bambooさんも
「ダッチャンはどこを目指してるんだ」
てツッコンでいたからね。
 そして大盛り上がりだったライブも終わりの時が、
締めはそんなbambooさんが歌う「バカ・ゴー・ホーム」で、
最後までバカ騒ぎしてる楽しいイベントでした。
これは、
このイベントに参加できたのは一生ものの思い出です、
本当に最高だったぁー。
これでまた来年も頑張れる、
益々原田さんのことが好きになりました。
もっともっと歌も声も聴きたくなりました、
これからの活躍が楽しみです。
スポンサーサイト
[ 2012/12/31 21:51 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ