まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  アニメ >  『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を見に行ってきました

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を見に行ってきました


 映画を見たほとんどの人がそうだったと思いますが、
最初はぽかーんとしてました。
劇中でシンジくんが周囲の状況についていけす、
喚き叫んでいるシーンが多々ありましたが、
観客も同じ心境で、
まさにシンクロしてるって感じでした。
インタヴューなんか読むと役者陣もそうだったようで、
そりゃーいきなりの新展開、
これまで同じのの焼き直しみたいなことしてたのに、
ここにきてついに動いた訳ですから、
庵野監督の頭の中でどうなっているのかなんて、
それが形として出てくるまで分からないですからね。

 なんでも劇中での時間経過は、
破の後ネットで公開された予告で既に垣間見えていたらしい、
実際に見ていないのでなんとも言えませんが、
もう『エヴァ』ってなんだけ?
状態です。
元々理解なんてしいませんでしたが、
さらに「どうでもいいか」て気になりました、
見て感じたままでいいじゃないかと。
 まず印象的だったのがアスカの声、
産休とかもろもろで暫く休んで久々にみやむーの声を聞きましたが、
イメージと大分違うからてっきり違う人がやっているのかと。
長い間聞かないうちに、
声のイメージが植田佳奈さんみたいになってたので、
キャラの精神的な変化も大きく影響して、
もう昔のアスカじゃないなーて少し切なくもあり、
でも最後で「やっぱりアスカだな」なんて懐かしくもあり、
時間の経過を感じました。
 あとはシンジ君がピアノを弾いているところ、
劇場の予告でそういう映像が流れていた時は、
てっきりイメージとしての絵だと思っていたので、
まさか本当に出てくるとは(汗;
他にも将棋を指していたりね、
女の子とは気に欠けられつつも微妙な関係だったので、
カヲルくんを始めとした男の人との関係性が目立ってたな、
特にカヲルくんとはラブラブだったし、
マジで頬を染めるのは気持ち悪かった。

 既存キャラも続々と再登場、
中でもマヤは一番変わってましたね。
緒方さんも語ってましたが、
女性キャラの成長ぶりが凄まじくって、
ミサトは指導者として立派になってて、
でも昔のままの部分も垣間見えるのがまた。
リツコはサッパリしたね、
アスカは笑顔がなかったね、
それはほとんどのキャラに言えるけど、
あんまりいい表情をしていた記憶がない。
 いろいろ積み重ねている旧キャラ勢に対して、
新キャラはフレッシュだな。
特に妹ちゃんは出番が多かったし、
描かれていないところで何かあったとしても、
あまりそれを感じさせないというか、
「エヴァに乗らんといて下さい」
が印象的でリフレインされていたけど、
ミサトさんやアスカからくるプレッシャーと比べたら、
重い感じじゃなかったし。

 てっきり3部作だと思っていたから
「つづく」
となった時はガックリきたけど、
ちょうどこれで
「起承転結」
にはなってますね、
間違いなく今回の話は「転」だった。
次回の劇場版の完結編は、
『Q』の話的に、
寧ろこれまでのTVシリーズや、
劇場版より分かりやすくなってるような気がする。
後付け設定でごちゃごちゃしていたのが、
徐々に整理されてきた雰囲気だし、
すっきりさっぱり、
見て分かるハッピーエンドであって欲しいな。

※やっぱりマリはお色気担当なのかなー、
 アスカやレイが全然なのに1人だけ揺れているし。
スポンサーサイト
[ 2012/12/08 13:24 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ