まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  アニメ >  映画『ねらわれた学園』を見に行ってきました

映画『ねらわれた学園』を見に行ってきました

DSC07387.jpg
 10月から11月にかけての2か月間、
アニメ映画の公開ラッシュが続いててチェックするのが大変です。
先日見に行った『ねらわれた学園』は、
当初は見るつもりではなかったものの、
舞台のモデルが鎌倉ということが判明したので、
探訪のために見ることにしました。
 
 見るキッカケこそそんな理由でしたが、
映画館を去る時には何か心の中が嬉しい気持ちで一杯で 
あまり期待していなかったこともあってか、
想像以上にアニメ作品として良くて大満足でした♪
この2か月で8本のアニメ映画を見ていますが、
そのどれよりも気に入りました。
元ネタの原作がよかったのか、
うまく現代風にアレンジした監督の脚本か、
きっとそのどちらも、
そして他にも声優さん歌手やアニメーターさん、
様々な要素が絡み合ってこのいい映画が生まれたんでしょうね。

<アニメ作品として>
 まず目を引くのがパンフの表紙にも見られる映像演出、
光の加減だとか、
色彩の鮮やかさだとか、
春色の暖かさだとか、
夕日に染まった世界が青春ぽいとか、
絵として楽しめるところが一杯ありました。
これだけでも凄いテンション上がります!
何度もいつまでも見ていたくなります。

<物語として>
 原作についてはよく知らなかったんですが、
何度も映像作品化されてきた小説で、
今回のアニメはそのどれとも違う、
新しい『ねらわれた学園』なんだそうです。
恐らく過去作品では、
このタイトルからも連想される、
「ねらわれた」という部分に焦点を当てた、
主人公と学園を狙う側との対立を主軸にしてたんじゃないかな。
 でもこの『ねらわれた学園』では、
「ねらわれた」の部分はどちらかというと一要素で、
あくまで主人公たちの「恋愛」を盛り上げるためのもの、
という感じだったような気がする。
そうやって話のメインが突然の転校生と、
そこから動いていく恋愛模様だったことが、
よりイメージしてる、
ボーイミーツガール的なジュブナイル作品ぽく感じられて、
ぐっときちゃったんだよね。
学園では事件が起きているけど、
彼ら彼女らの一番の重大事件は自分たちの恋、
だったんじゃないかなーて思う。

<魅力的な登場人物たち>
 この作品で一番気に入っている部分は、
なんといってもカホリの可愛さ♪
もう堪らないなー。
最初っからウェットスーツ姿を見せてくれるサービスシーン、
犬に舐められて抱きつかれてシーンは、
足がのせている部分が気になってしょうがなかった。
恋して男の子に見惚れてぽーとなってるところとか、
恥じらっているところとか、
思いをぶつけるところとか、
立ち向かって凛々しくしてるところとかも、
どこもかしこも可愛かったなー。
あとは制服から普段着から何から何まで、
表情も含めてエロかった。
 もちろん他のキャラもその魅力がよく表現されてて、
ナツキがまた典型的な幼馴染なんだけど、
元気で溌剌としてて、
現実ではありえないぐらいアクロバティックな動きを平然とこなす、
運動神経抜群な娘なんだけど、
好きなのに好きって言えないもやもやする感じ、
カホリとは違った積み重ねてきた恋をしてて、
ナツキのもどかしさが伝わってきてよかったなー。
4人の人間関係が絶妙だったから生まれる空気感だったんだろう、
京極くんもクールなようでやっぱり中身は思春期の男の子、
いろいろ振り回されてるケンジくんも面白かったし、
なんだかんだバカっぽくても一番動じてない、
安心感のようなものがあって、
彼の平和そうな日常を象徴するキャラがあってこそ、
思いを伝える・伝わるというコミュニケーションの難しさ、
恋愛に重きを置けた作品になったんじゃないかなー。

 こうして振り返ってみるとまた映画館に行きたくなるな、
何度も見たくなるいい映画でした。
きっと原作ファンでも楽しめる要素があるでしょうし、
気になった方は是非劇場へ、
こんな青春時代を過ごしたかったって思えます。
それから先週末から鎌倉では江ノ電とコラボしたスタンプラリーをやってまして、
この連休中に舞台探訪を兼ねて挑戦してきたので、
後日詳細な報告記事を書きます。

スポンサーサイト
[ 2012/11/27 21:33 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ