まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  ゲーム >  『はつゆきさくら』の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『はつゆきさくら』の感想

 ゲームをやっていると、
「これは!」
と思えるヒロインに出会えることが偶にある。
そもそもそういうヒロインに出会うためにやっている訳ですが、
攻略した1人目がそういう娘だと、
もう2人目にいけなくなっちゃいまして、
『WA2』のような事情がないと浮気は辛いです。 
 今回コンプした『はつゆきさくら』は、
『ナツユメナギサ』のようにメインルートが最初から行けないから、
必然的に全ルートを攻略、
内容的にしょうがないんですよね。
なんというか、
新島節全開で、
四季シリーズは全部やってますが、
『ナツユメ』っぽいところがちらほらあったなー。
最後のエンディングを見た後は、
『ユースティア』とかのように、
「これでいいのかなー」て気持ちにさせられた。
「はつゆきさくら」応援CHU!!

<シナリオ>
 主人公の生い立ちやキャラから、
もっと暗いのかなーとビクビクしていましたが、
日常シーンは結構ノリが軽くて楽しくて、
主人公は不良っぽいけど、
いざっていう時はいいやつだから、
ちょっと憧れちゃういい感じの男の子でした。
普段はぽかぽかヒロインたちを叩いて、
下ネタをかましたりしてても、
男の子でしたね。
 話的には綾ルートが一番メインとしてしっくりくるけど、
何気に感動したのが希ルート。
希のキャラがキャラなだけに、
一番おバカなことやってる面白いシナリオでもあり、
彼女の真っ直ぐさってところから、
この作品のキーワードになる「卒業」をフィーチャーもしてて、
「卒業」への思いが泣けますわー、
そういえば高校の卒業式に参加できなかったんだよなー…。
「はつゆきさくら」応援CHU!!

<キャラクター>
 かなり個性的で面白いキャラが多くて、
ヒロイン的にはまず玉樹が下ネタに弱くて、
「ぴゃー」
「ぴゃー」
言ってるのが可愛かったなー。
夜は主人公に臆せず言う時は言うところもいいけど、
なんか想像して「はぁふー」てなってるところがね、
この娘は何を考えているんだろうってところが。
あとは竹田ちゃんがチャラチャラしてそうで、
意外と初心なところとか、
男性陣は久保くんが攻略ルートないんですか?
の意味がよく分かる可愛い男の子でしたね。
他にもランの元気で可愛い保護者さんなところとか、
メインもサブも印象深いキャラばかりでした。
「はつゆきさくら」応援CHU!!

<声優>
 サガプラといえばビジュアルアーツ系列なので、
VAお馴染みの声優さんがサブでも出てて、
田中美智さんとか涼森ちさとさんとかの声が聴けるのが嬉しい。
もちろん第一はメインの声優さん目当てですが、
山羽みんとさんとか杏子御津さんとか。
みんとさんは息がいいんだよね、
玉樹はそういうキャラじゃないけど、
囁き声とかいいなー。
御津さんは「だぜー」とか男の子っぽいキャラをやってもいいし、
女の子らしい可愛い声でもイケるところが、
希のキャラに合っててよかったなー。
「はつゆきさくら」応援CHU!!

 ほんたに先生の描く女の子が見れて一応満足だけど、
このオチでいいのかなーてやっぱ腑に落ちない、
これならご都合主義でもありかなーて思うもやもやが残るなー。
謎がすっぱり分かってすっきりはするものの、
結局帰結するのが「卒業」て言葉なんだろうなー、
副題にもなっているくらいだし。
まあこの冬はおでんのがんもでも食べて、
「がんもの由来はね」て薀蓄でもたれましょうかねー、
そのくらいがんもを食べる描写が多かったなー、
がんも好きのヒロインというのも珍しいよね。
スポンサーサイト
[ 2012/11/17 22:37 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ