まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  ゲーム >  『DRACU-RIOT!』の感想

『DRACU-RIOT!』の感想

 いよいよ今年も残すところ2か月を切り、
もう60日もないというところまできました。
正直10月ぐらいから意識してたんだけど、
この時期になると如何にして悔いなく新年を迎えられるか、
やり残していることはないか?
ということをあれこれ考えたりします。
 今のところ一番の課題はHPのリニューアルかな。
2009年に開設して以来、
一度手を加えたことがあったものの、
今のままじゃいけないなーと去年くらいから考えていたけど、
何も着手することなく2012年が終わろうとしているので、
なんとか1月1日までにはなんとかしたいなー。
でもそもそもHPのコンセプトがこれでいいのか?
とか、
今後の舞台探訪活動方針をどうしていくのか?
とか悩ましい問題が多々あって目下試行錯誤中という状況です。
 他だとアニメとかゲームですが、
まあアニメのチェックはそんなに気にしてないので、
今日はゲームの話になります。

<ゆずソフト作品と『DRACU-RIOT!』>
 久々にまともに攻略しました、
エロゲーメーカーで一番信奉しているゆずソフトの作品ですから、
なんとか年内に手を付けたかったので、
無事にコンプリートできてよかったです。
今年は去年よりも舞台探訪を意識したプレイゲーム選びをしてたので、
早々と特定された『DRACU-RIOT!』は後回しにしてたんですよね、
かといってプレイしたゲームで特定できたのは1割未満なんですが…。
 何はともあれ『DRACU-RIOT!』、
ゆずソフトの作品は相変わらずの良作でありました。
現代の恋愛アドベンチャーの中でも頭一つ抜けている、
他の追随を許さないクオリティでした。
『ぶらばん』の頃から大好きでしたが、
あの頃と比べてさらに演出に磨きがかかっていて、
流石としか言いようがない。
こんな作品をプレイさせてくれるなら、
もうファンをやめるなんてことは出来ない、
応援させて下さいってレベルです。
恋愛ものとしては至高の一品です。
ゆずソフト最新作ドラクリオット!

<シナリオ>
 ゆずゲーはキャラゲーと言われるくらい、
キャラの魅力を見せることに特化しているんですが、
それは本作も変わることなく、
見事なキャラゲーでした。
でもノリこそ『ぶるわー』や『天神乱漫』のようなラブコメであるものの、
『E×E』のようにシナリオやバトル面でも楽しめて、
程よいスパイスを利かせていて読み物としても面白かった。
ルートしてはやっぱり美羽の話が一番すっきりして、
王道な展開でワクワクしたなー。
あとはやっぱりテキストがいい!
読んでいて飽きさせない、
すーと入り込める書き方で、
そこがまたキャラの良さを引き立てていいなー。
ゆずソフト最新作ドラクリオット!

<演出>
 ゆずゲーの良さはなんといって会話の演出の丁寧さ!
普通の一般的なゲームは立ち絵とかCGは1セリフ間は同じで、
次のセリフにうつった時に変わるものが多いのに対して、
ゆずはセリフ中でも感情の変化に合わせて表情がつぶさに変化するので、
会話のリズムが非常にいい。
キャラの可愛さを伝える表情差分の多さ、
Hシーンでのそういう演出も重要だけど、
物語を繋いでいく日常シーンでの力の入れ具合もまた、
恋愛ものにとっては大事だと思う。
それから主人公が見れないヒロイン視点からの描写がまたよくて、
気持ちに気付く前や後の心の葛藤がニヤニヤだったなー。
ゆずソフト最新作ドラクリオット!

<キャラ>
 ゆずゲー最大のセールスポイントはなといってもキャラの可愛さ、
今回のヒロイン4人とも可愛かったなー。
美羽はSかと思いきや、
特定の下ネタに弱くて恥ずかしいけど強がっちゃったり、
梓は見た目はロリでHはダメって言ってるけど、
意外としっかりしてるし年相応にHなことに興味あったり、
莉音は特徴のないおっぱいキャラかと思いきや、
知らなすぎだろーてツッコミたくなるくらいの下ネタ無知キャラで、
でもだからこそどんどん知っていった後の反動がよくて、
エリナは逆にガンガンP音入りそーな下ネタ言ってくれるのがね、
甘えてくれるのが堪らなかったなー。
 でも一番気に入ったのがサブルートなんだけどね、
まさかの伏兵でありました。
やっぱりギャップ萌えが強いなー、
他が特殊だっただけに、
乙女度の高さが際立っていて、
何より莉音を超えるかもしれない物をお持ちだし、
おっぱい万歳!
ゆずソフト最新作ドラクリオット!

 今年もいいゆずゲーを堪能できました、
ありがたやありがたや。
またこんなラブコメゲーをやりたいなー、
でもシナリオ的には少々物足りない部分もあって、
展開がありきたりだったり盛り上がりやオチが微妙だったり、
ラブコメとして最高でシナリオも面白いって難しそうだけど、
次回作に期待せざるをえないな。
7作目の発表がいつになるのか、
どんな物語で気に入るヒロインと会えるのか、
本当にゆずゲーのヒロインは最高だから待ち遠しいです。
スポンサーサイト
[ 2012/11/10 22:03 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ