まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  日記 >  DENGEKI MUSIC LIVE!!に参加してきました

DENGEKI MUSIC LIVE!!に参加してきました

 ライブが終わってもう2日がたちますが、
未だにあの興奮と感動の波が体にも心にも残っていて、
堪らない気持ちになります、
本当に行ってよかった。
物より思い出とはよく言いますが、
それを強く実感させてくれる最高のお祭りでした。
別に電撃祭の規模を甘くみて、
昼過ぎに行ったらサイン本が一冊もなくて、
狙っていた物が手に入らなかったからって訳じゃないんですが、
この3年間で参加した様々なライブイベントと比べて、
その全てを越えるかもしれない、
そう言っても過言ではないくらい素晴らしいイベントでした。

 当初は電撃だけのイベントでそんな大したことはないと考えてました、
でもアスキー・メディアワークスも20周年なんです、
そりゃーヒットコンテンツがいくつも増えて成長しますわ。
その凄さは10数年前に講談社のイベントに行って、
始発で行ったのに入場まで炎天下の中1時間半、
中に入ってまた行列で、
買えたのはイベント終了間際という、
あの初めて参加したアニメイベントを彷彿とさせるものでした。
そうなれば当然ライブのほうも大変なものになる、
電撃のヒット作のヒット曲の乱れ撃ち、
最初から最後まで神曲&名曲ラッシュになるのも当然の話なのでした。

 ライブは一発目からみのりんの「TERMINATED」でグィンッ!
と上げられて、
原作者繋がりで『SAO』の新OPとEDと続き、
どれもよかったけどやっぱりLisaさんの「crossing field」グググィン!
ときましたね。
その流れで今度は『AB』、
ガルデモの曲もいいけど一番はOP、
3年越しでやっとLiaさんの生歌が聴けました、
これを聴けただけでもこのイベントに来た甲斐があったというもの。
のびがあって心に響く、
パワーがあるけど優しい歌声に癒されたところ、
今度はangelaさんがヒット&新曲でドカーン!
「Shangri-La」を振り付きでやって汗だくで疲れたところに、
下川みくにさんがしっとりと『キノの旅』の曲を歌い上げ、
その後まさかの LiSAさん、藍井エイルさん、春奈るなさん、
3人の夢のコラボによる『俺妹』のOP「irony」が披露されて、
ここでこの曲を聴けるとは思わなかったので少しニヤニヤ。
そしてまったりモードはここまでと、
ここからは熱い曲でラストまでガンガンに突っ走る!!
まず『インデックス』の主題歌がどどどんと、
川田まみさんの「No buts!」はみんなで「マヨラー(迷え)」
と合いの手を入れて大いに盛り上がりました。
『シャナ』パートは神曲の中の神曲「天壌を翔る者たち」を、
電撃祭だけのSPなLove Planet Five、
本来のLPFもI'Veが誇るTOPアーティストのコラボで凄いんだけど、
今回はオリジナルメンバーのKOTOKOさんと川田まみさんの2人に加え、
黒崎真音さん、Rayさん、そして南條愛乃さんの3人による、
今宵だけの特別な「天壌を翔る者たち」を聴けて最高でした。
その後はもう『シャナ』の曲だけでお腹一杯っていうくらい、
テンションが上がり続ける曲ばかりでやばかった。
そして次はfripSideによる『レールガン』の主題歌3連発!
これでうおおーとなっているところいに、
トドメの「ヒィヤ! ヒィヤ!」ときたもんだから、
いつくるのかなーと思ってたらまさかの『AW』がトリとはね。
やっぱりどう聴いても「ヒィヤ!」って言ってるよなー、
あとサビ前のところはハッキリと「オバマ ガ トーライ」
って言ってたし、なんかそんなところも面白くて楽しめました。

 ライブの最後はKOTOKOが『AW』の2ndOPで締めて終了、
夢のようなひとときでした。
これだけの神曲&名曲を一遍に聴ける機会ってそうあるものじゃないし、
参加アーティストも凄い豪華だし、
前々から歌を聴きたかったLiaさんに川田まみさん、
昨今活躍のめざましいLiSAさんや黒崎真音さんまで、
20周年を記念するに相応しいスペシャルな内容でした。
でもよかったのは曲やアーティストが凄かったからだけじゃない、
このイベントには普段参加してるゲーム系にはない一体感があったからです。
例えばなぜか曲によってほとんどみんなが同じ色のサイリュームを振ってて、
どこかに何色っていうサインが出てるのかと探したけどなくて、
サイリュームを持ってなかったのでいつも通り手を振るしかなったけど、
でもそういう一体感が凄いよかった。
またこういうアニメ系のイベントに行ってみたいなー。

スポンサーサイト
[ 2012/10/22 19:51 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ