まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  アニメ >  2011年のアニメを振り返る

2011年のアニメを振り返る

 ぼちぼち冬の新番組がスタートしましたね、
まあまだ一つもチェックしてませんが。
主にニコニコ動画で見るからどうしても初動が遅れるんだよね(汗;
最近やっと秋アニメを大体見終わったぐらいで、
だから新番組を見る前に、
2011年の冬~秋までで印象的だったアニメを振り返ります。

<2011年冬>
 まだ少し積んでるのがあるものの見た中では、
一番面白かったのは『GOSICK』、
ただ事件の謎を解くだけのミステリーじゃなくて、
主人公の生い立ちや謎が明らかになっていたり、
バックボーンとしてストーリーがしっかり絡んでいて、
何よりヴィクトカ役のあおちゃんが凄いよかった、
『まどか☆マギカ』でもいい演技してたな。
『これゾン』は毎回ユーの妄想声が変わるのが斬新だった、
『ドラクラ』は主題歌が印象的で、
くぎみーよりほっちゃんのキャラのほうが好きだった。

<2011春>
 春は数が多いだけあって大豊作、
中でも『Steins;Gate』は今年一番の辺りだった。
もう毎回ドキドキして見てました、
ラストの引きが絶妙で、
毎週放送日が楽しみでした。
タイムりープ系でいいのかな、
そういう時間絡みの話って構成うまく作れば面白くて、
好きなタイプの作品です。
『DD』はとにかくまっすぐだったなー、
『日常』はぶっとんでたなー。

<2011年夏>
 夏はまだかなり積んでるんですよね、
見ている中では『ゆるゆり』かな、
とにかく可愛かったなー、
特に櫻子と向日葵のカップルが、
この組だけ他とは雰囲気違うよなー親密度が違う。
『アイマス』はいいアニメ化だったんじゃないかなー、
ダンスや歌ってる時の作画がすごかった、
好きなキャラはみんな可愛いけどみきみき派かなー。

<2011年秋>
 秋は一杯見て、
中でも『WORKING'!!』は頭一つ出てたな。
一期以上に恋愛要素が高くなっていて、
その他の方々どうなるかと思ったけど、
しっかり個性をいかした楽しい話になってました。
山田兄とか杏子さんの舎弟とか新キャラも出てきて、
益々賑やかになっていて面白かった。
『F/Z』は作画が凄かったけど、
シナリオ的にどうなるかは春の再開待ちだな。
『ましフォ』はエロゲのアニメとしてはよくまとまってると、
最初のほうは思ってたけど、
もっと人気の妹とかメインのヒロインを立てたほうがよかった気がする。

 まあこんなもんでしょうか、
他にも見たのは一杯あるもののコメント難しいのがあるし、
例えば『星架』なんてやるせなさしかない後味があったり、
悪くはないしいいところ一杯あったものの、
終わり方って大事だなーで痛感させれました。
2011年の一押しは『シュタゲ』かな、
だから劇場版が楽しみー、
TVとはまた違った風になるそうですから。

スポンサーサイト
[ 2012/01/07 20:25 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ