まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  舞台探訪 >  『すぴぱら Alice the magical conductor.』の舞台探訪 in 鎌倉

『すぴぱら Alice the magical conductor.』の舞台探訪 in 鎌倉

※舞台探訪の話に入るのは下のほうです。

 公式HPやTGのインタヴュー見てると、
“いつまでこの茶番を続けるんだろう?”
て思うほど何がしたいのか一体どうなっていうのか、
先の読めないminoriの5作目『すぴぱら』の舞台探訪です。

 最初はツイッターから始まり、
そのうちコンプティークでの連載もスタート、
その頃からもう舞台が鎌倉であるという情報は出ていて、
以前撮影にも行っています(※夏ごろ)。
TGの12月号でゲーム化の第一報が出た時も、
舞台は鎌倉というのがしっかり明記されていて、
そしてついに、
先日発売されたすぴぱらの世界観を先行して楽しめる舞台ガイド的体験版、
『すぴぱらNICE TO MEET YOU』
が発売されまして、
これがまた調査のし甲斐ないくらい、
しっかりした舞台探訪ガイドだったんです。
 まずDISCの内容がヒロインの3人が鎌倉の町を回るというもので、
それぞれのポイントでどこに誰の家があって、
周りにどんな店がありどうやって行くのか、
そしてストリートビューで確認できることまで説明している、
かなり丁寧な舞台紹介になっています。
 さらにそれを補完するものとして、
冊子に地図が載っていて、
体験版内でヒロインたちが回った場所の位置が書かれていて、
しかも探訪ルートから目的地へ行く目印まで記されている、
もう舞台探訪してくれと言わんばかりのというか、
明らかにそういう戦略なんだろうということが伺えます。

 minoriの作品はいつもクオリティが凄まじくて、
今作も凄い期待をしています。
どうやら声優陣も明記はされていないものの、
『ef』、『eden』をやっている人にはお馴染みの人や、
みや○んがメインの子をやっているようだし、
最終的にどうなるのか想像はできます。
でも『ef』まででの積み重ねと『eden』での実験的試み、
それらが結実して本作に繋がってるんだろうけど、
うーむ酒井さんは何を考えてるんだろう?
これからの展開はどうなるんだろう?
 
 なんかもうminoriの戦略に踊らされている感がビンビンですが、
ここまで情報を出されていかない、
しかも鎌倉なのにってことで、
ちゃんと新規に分かった場所を回ってきました。

<『すぴぱら』舞台探訪> 
 理想的な巡回ルートとしては、
鎌倉駅西口発ならば

 御成通り(桜実家)→實相寺前(アリス、紅葉実家)
→材木座海岸へ抜ける道(六花実家)→材木座海岸
→材木座海岸前の通り→若宮大路一の鳥居前
→鎌倉駅東口

というコースで歩いて回って大体1時間半ぐらいでしょうか、
撮影が順調ならばもっと早く回れると思います、

 それでは個々の場所について解説
[御成通り]
seiti234.jpg
 鎌倉駅西口を出て左すぐです、
作中では桜の実家があるはずなんですが、
どうやら実際にはないようで残念、
どうりでいくら検索しても出てこない訳だ。
写真の場所は商店街の入口からすぐのところ。

<實相寺前>
seiti235.jpg
 住宅街の中にあるので分かりにくそうですが、
そうでもないです。
『NICE TO MEET YOU』を買ってもらえれば地図が付いているので、
それを見ればいいと言いたいところですが、
ここはちゃんと解説します。
「御成通りを南下すると広いにぶつかります、
 そこから若宮大路を突っ切り大町四ツ角という交差点でまた南下、
 水道路という交差点で東へ、
 暫く歩くと右手側に住宅街へ入る細い道があるのでそこを通り、
 五所神社とか素通りして南下すると實相寺というところがあるので、
 そこで来た道を振り返って撮る」
とバッチリです。

[材木座海岸へ抜ける道]
 實相寺を撮った後、
そのまま道なりに南下すれば辿り着けます。
seiti236.jpg

[材木座海岸]
 先ほどの道から材木座海岸に出て、
少し左手側に行ったほうがベストショットが撮れると思います。
seiti238.jpg

[材木座海岸前の通り]
 材木座海岸での撮影を終えて上の道に上がり、
由比ヶ浜方面に歩いて行くとあります。
seiti231.jpg
浜辺へ下りる階段とトイレが目印、
あと工事予告の看板があります。

[若宮大路一の鳥居前]
 滑川交差点から若宮大路に入り、
最初に見えてくる鳥居のところです。
若宮大路に海側から順に鳥居があって、
ここにあるのは一番海側のものになります。
seiti232.jpg
撮影場所が車が出入りするところになっているので、
撮影の際はお気を付け下さい。

[鎌倉駅東口]
seiti226.jpg
 そして最後のポイントは鎌倉東口、
大和証券前から駅全体を撮って、
『すぴぱら』舞台探訪コースは終了です。

 今後さらなる情報が出てくるでしょうから、
暫くは待ちでしょうね。
きっとこの作品は2012年を代表するタイトルになると思うので、
注目しておいて損はないと思います。
今のうちに舞台となる鎌倉を回って、
“この町で桜たちがぁー”
といろいろ妄想たくましくするのもありですよ。
スポンサーサイト
[ 2011/12/31 12:13 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ