まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  舞台探訪 >  2011年の舞台探訪活動を振り返る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2011年の舞台探訪活動を振り返る

 今年は舞台探訪活動をしてきた中で、
最大の成果を上げた年になりました。
 再探を含めて35作品以上、
十数都市を回り、
新天地の開拓もできて、
かなり充実した1年でした。
 私が舞台探訪で掲げる目標の中に、
“舞台探訪地の拡充”
というものがあり、
それは文字通り探訪する場所を増やすということ。
 昨今急激に舞台探訪者は増えていると思う、
でもその割に特定されている作品数は少ない。
これは以前にも書いた問題でありますが、
1.アニメを見ていて
2.その舞台を知っていて
3.さらにその地を舞台探訪して
4.なおかつネットに上げる
この4つの条件が揃った探訪者は中々いない。
もしかしたら知っている人はいるのかもしれないけど、
認知されなければされてないのと同じ、
そうしていつしかその作品は忘れ去られてしまう。
 アニメは全体の人口が多いからまだいい、
アニメ以上に数が多いのに人口の少ないゲームは、
新し物たちに飲まれてしまう。
そういう訳で今年は旧作ゲームの探訪に以前以上に力を入れてました、
この方針は来年も変わらないです。
 今しか撮れないものとかあるから、
行ける機会がある時に行ったほうがいい、
というのがこの夏得られた教訓。
 悔しい思いをしたこともあったし、
ア八ッ体験的な嬉しい発見もあったり、
どちらにしても楽しい思い出ばかり。
個人的な2011年舞台探訪BEST3は、
難しいけど、
1.『世界征服彼女』
2.『光輪の町、ラベンダーの少女』
3.『晴れときどきお天気雨』
かなー、特に『世界征服彼女』は小田原の名所を回れるし、
観光としてもいい、箱根も近いし。
 来年はただ撮影するだけでなく、
もっとその町を楽しみたいなー、
これが2012年舞探の課題かな。
スポンサーサイト
[ 2011/12/17 19:26 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ