まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  アニメ >  2011年夏アニメの初回感想その3

2011年夏アニメの初回感想その3

 最近は夏場の大舞台探訪に向けて、
アニメは新番組重視、
ゲームは数重視のお試しプレイ、
調査に力を入れるあまり、
なんか充実感に欠ける日々だけど、
まあそれなりに成果が出ているから仕方ない。
積みアニメの消化が停滞してしまってるなー。

 それで今日はまた夏アニの感想、
HPで舞台探訪を更新してるのでそちらもよろしくどうぞ。

◎『ゆるゆり』
…こういう日常系作品は大事だと思うな、
 展開の面白さとか話に波や浮き沈みがなくても、
 何度も見たくなる良さがある。 

○『いつか天魔の黒ウサギ』
…キャラデザはやっぱりいい、
 個人的にはヒメアより幼馴染が気になるかなー。
 シリアスかどうかより話の運び方的に付いていけてないから、
 2話以降で把握したいところ。

○『猫神やおよろず』
…キャラが可愛くて楽しいなー。
 いわゆる意外といい話系になるんじゃないかと。

○『R-15』
…なんともユニークな感じ、
 でも結構マジかもしれない。
 主人公にエロ小説のイメージが下りまくるから、
 エロラブコメのようでいて、
 実際は極端な作品に比べたら、
 少しエッチなラブコメかなーて感じがした。

 これであとは残り4作、
今週末にはなんとか新番組の1話をすべて見れそう。
スポンサーサイト
[ 2011/07/14 20:24 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ