まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  アニメ >  2011年夏アニメの初回感想その2

2011年夏アニメの初回感想その2

 7月に入って1週間がたち、
なんとかチェック予定の夏アニメも5分の2まで見れて、
あと5分の3ってところかなー。
ゲームをしつつ夏までのアニメを見つつ、
舞台探訪の調査をしつつでかなり忙しいけど、
その甲斐あってかお気に入りのアニメに出会えそうな予感。
 今日はチェックしたうちの5作品の初回感想です。

○『神様ドォルズ』
…一面を見るとシリアスそうにも見えるけど、
 詩緒は無茶してただけで、
 日々乃はいろいろあっても動じてない感じで、
 今回は主人公の匡平だけが深刻そうにしてた気がする。
 まあ今後案山子による戦いが本格化してきたらどうなるか分かんないけど、
 詩緒の活躍っぷりに注目かな。

○『うさぎドロップ』
…独特の空気感がいい、
 子どもの話ってなんかいい、
 30過ぎの男と幼女の組み合わっていうのがまたいいんだろうな。

○『№6』
…独自の世界観が構築されている作品で、
 いろいろ秘密があって波乱に満ちた展開になりそう。
 原作が読みたくなる。

○『アイマス』
…初回は完全にキャラそれぞれの大まかな個性を見せる自己紹介回でした。
 これからどういう構成でやっていくのか分からないけど、
 作画は問題ないなので、
 誰かに偏ることなく、
 万遍なく各キャラの話が楽しめればいいかなー。

◎『まよチキ!』
…今のところ見た中では一番好みの作品、
 久々の男装女子にグッときましたー♪
 最近では韓流ドラマの『美男~』が日本でリメイクされたりしたし、
 まあそんなことはどうでもいいけど、
 井口裕香さんの男の子ボイスが思いの外よくて、
 スバルのイケメンっぷりが可愛く見えるなー。
 男装ものっていうと、
 あちゅ・わぁくすの『お嬢様の為に鐘は鳴る』くらいしか浮かばないから、
 男の娘に比べるとレアな感じがする。
 他のキャラも可愛くてノリがよくて、
 次回が楽しみ。

 まだ見る予定の作品が10本以上あるから、
期待に胸躍らせる日々がまだまだ続きそう。
スポンサーサイト
[ 2011/07/08 15:54 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ