まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  アニメ >  川上とも子さんの思い出

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

川上とも子さんの思い出

 久しく聞いてなかった名前を、
こういう形で聞くことになったことがとても悲しいです。
先日声優の川上とも子さんが亡くなったと知って、
いてもたってもいられなかったので、
今日は川上とも子さんについての思い出です。

 最初にお名前を知ったのは「CCS」で、
この作品は私にとって2次元にハマる原点となったアニメで、
一番大好きな作品です。
川上さんのキャラはサブキャラではあったものの、
小学生なのに先生といい感じという役柄で、
どこか大人っぽい雰囲気の、
非常に印象深いキャラでした、
 でも川上さんといえば元気な女の子やっている印象のほうが強くて、
シュガー『ちっちゃな雪使いシュガー』とか、
ミレル『魔法戦士リウイ』とか、
エルニィ立花『ジンキ・エクステンド』など。
まあ少し偏りがあるかもしれませんが、
昔は声優さんで見るアニメを選ぶようなことしてなかったので、
見てたアニメで川上さんの出てたのは他にもあったものの、
特に好きだったのがこの辺。
ただシュガーはどっちかーていうと、
ますみんを好きになるキッカケになった作品で、
シュガーよりもサガが好きでした(汗;
この作品と同じく主人公がピアノをやってる、
『PIANO』も見てたなー。
 あとは少年役がよかった、
『ヒカルの碁』のヒカルとか、
『ケロロ』の冬樹とか、
これは両極端なタイプでした。
 新しいほうでいうとKey系アニメ3作品、
『Kanon』の佐祐理と『AIR』の観鈴、
これは二人とも違うタイプだけどどっちも可愛かくて、
泣ける名演技でした。
『CLANNAD』でも印象に残るキャラをやっていて、
最後の川上さんの声の記憶はここかな。
 それ以来あまり聞かないなーと思ってたら、
ちょうどその時期は病気療養中だったんですね、
それを知ってから見るとまた考え深いものがあります。
 今後新たな川上さんの声を聞けないのは寂しいですが、
素敵な声をありがとうございました、
心よりお悔やみ申し上げます
 

スポンサーサイト
[ 2011/06/11 17:14 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ