まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  ゲーム >  TG俺ゲーグランプリ2010

TG俺ゲーグランプリ2010

 テックジャイアン6月号にて、
俺ゲーグランプリ2010が発表されましたね。

<萌えゲーアワードについて>
美少女ゲームものの人気投票といえば、
萌えゲーアワード(旧・美少女ゲームアワード)が有名ですが、
あっちはゲームを買った分投票できるうえに、
大手メーカーで参加していないところが多く、
さらに最終的には審査委員による審査で決まるので、
純粋なファン投票という感じではないので、
参考にはなるけど結果に納得しづらい。

<俺ゲーグランプリについて>
 それと比べると俺ゲーグランプリは、
一雑誌の人気投票とはいえ、
エロゲーを買う人にもっとも読まれている雑誌が行っているうえに、
対象作品はその年発売されたタイトル全て、
ゲームと違って投票のためにTGを何冊も買う人はいないと思われるので、
1人一票で投票結果がそのまま順位に反映されると考えると、
結果にも納得できる。

<両投票のいいところ>
 ただ純粋なファン投票がいいとこは限らなくて、
昔の美少女ゲームアワードではなんでこんなのがシナリオ賞? プログラム賞?
ていうのがあったし、
今の審査する形のほうがいい面もある。
俺ゲーもおかしなのが上にきてたりして、
例えばシステムやグラフィック部門にこれが入るか?
ていうのが上位に入ってたりする。
でもキャラクター部門に関しては、凄い票が分かれるものなだけに、
ユーザー投票としては説得力がある。

<投票結果>
 今年は『戦女神VERITA』がどちらでも銀賞と1位をとっていて、
感想は以前も書きましたがこれは納得の結果ですね。
シナリオ・システム・サウンドともに文句なし、
さらに一作としての評価だけでなく、
シナリオやシステムに関してはシリーズ6作品で積み重ねてきたものがあって、
だからシリーズとしての評価といえなくもないかと思います。
他も比較的似ていましたが、
来年は大分変ってくるはずです。
なぜならオーガストやアリスソフト、
ビジュアルアーツ系列が萌えゲーアワードのほうに参加していないので、
上位陣が全く変わってくるだろうなーと予想できるからです。
他にもRicottaやういんどみるも参加してなかったと思うので、
その違いがどう出るかなー。

<来年は?>
 俺ゲーは『大帝国』が『ユースティア』に勝って1位かなーと予想できるけど、
萌えゲーは予想がしづらいんだよなー、
今のまま『ハローグッパイ』が逃げ切るっていうのは考えられないし、
『神採り』は『VERITA』に比べるとシナリオ・キャラ面で弱いし、
全くわかんないな(汗;
Rococoworksが参加してたら賞をとって欲しいって思うけど、
参加してないんだよなー。


 
スポンサーサイト
[ 2011/04/24 13:41 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ