まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  アニメ >  2011年春アニメの初回感想 その2

2011年春アニメの初回感想 その2

 予定の半分くらいチェックして、
なんかもう見えてきたなー。
前の4作と比べると、
今日のは『シュタゲ』以外なんとも言いづらい。
 そーいえば『DD』を見てたら、
鎌倉駅が出てきてビックリした。
鎌倉が舞台なのかなー?

◎『STEINS;GATE』
…これは今期の中で一番作品として期待が持てそう。
 全てが伏線に思えて考えるだけで楽しくなる、
 屋上にいたのは誰で紅莉栖はどうして血まみれで倒れてて、
 あの出来事は現実なのかどうか、
 まゆりに挙げたメタルうーぱにさえ意味がある気がするし、
 バナナやテレビ、
 なんでも疑ってしまって、
 きっと伏線だと思って見るのがまた楽しい。

○『SKET DANCE』
…展開的に面白かった。
 
○『そふてにっ』
…ゆるいテニスものみたいだけど、
 ちゃんとテニスネタが入ってるのがいい。

○『Aチャンネル』
…コメディともほのぼの系とも違う感じがして、
 大ボケのるんや彼女に甘えたり嫉妬するとおるなど、
 キャラそれぞれの個性が絡み合った、
 絶妙なバランスの中でのやり取りが微笑ましくていい。
 
○『30歳の保健体育』
…内容がどうこうより、
 もう下野さんが面白いからいいや(笑)。

 感想がするするっと出てくるのと、
そうでないのがあるんだよなー、
まあしょうがないです。
少しテンション落ちてきたけど、
まだまだ今期の注目作は残ってますよー、
『アリア』とか『星架』はこれからだから、
楽しみだなー。
スポンサーサイト
[ 2011/04/09 15:42 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ