まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  アニメ >  2011年春アニメの初回感想 その1

2011年春アニメの初回感想 その1

 まだチェック予定の一部ですけど、
何本かアニメを見たのでその感想です。

○『DOG DAYS』
…この展開とノリが凄い楽しい。
 『なのは』には殺伐したところがあったけど、
 これはアスレチック馬鹿がどう勇者して、
 救国の英雄となれるのかっていう、
 熱いバトルと可愛い耳っ娘を楽しめばいい、
 そんな単純な作品な気がします。

○『俺たちに翼はない』
…たった12話の1クールだから、
 正直ストーリー的には端折るところが多くて難しいと思う。
 キャラが多いから1話はキャラ紹介回になってしまい、
 内容的には知らない人には意味が分かんないかもしれないけど、
 方向性は見えてきた。
 話的には難しいから、
 一つの場面を大事にしてテンポのいい会話劇にさえなっていて、
 雰囲気だけでも楽しめればいいと思っていたけど、
 1話から昼・夕・夜でスクランブルさせているところからして、
 そうやって3人同時に進めて、
 最後のほうの収束点へもっていくのかなー?
 期待しているのは無駄に吠えたり叫ぶやつら、
 あそこシーン大爆笑しましたから。

○『日常』
…なんか無性に楽しくなるアニメでした。
 『けいおん』ほど波はなく、『らきすた』よりハイテンション、
 『あずまんが大王』のようであって、
 ボケ倒しのツッコミ不在。
 気軽に見れる作品としていい感じ。

○『花咲くいろは』
…一人の少女がこれまでと違う環境で、
 価値観の違いや恋なんかに悩みつつ、
 旅館の仲間やお客さんとの出会いとふれあいの中で、
 成長していくという話だと思う。
 アニメーションとしてのクオリティは流石のP.A.という出来で、
 今期の話題作足りうる綺麗な作品だと思う。
 普通に良作になるだろうし、
 一般の人でも楽しめる感じがする。
 何より主人公の御花役のかな恵ちゃんがいい♪
 はまり役な気がする。

 1話では判断しきれませんが、
今のところどれもいい感じですね。
他の作品にも期待しています。
スポンサーサイト
[ 2011/04/06 19:39 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ