まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  ゲーム >  2011年内発売予定の気になる新作PCゲーム

2011年内発売予定の気になる新作PCゲーム

 毎月のように気になるタイトルが発売される中、
やりたいゲームはもちろんたくさんあるものの、
買うかどうかは別にして、
気になるのはいろいろあります。
 ここのところ次から次へと新しいゲームをプレイしているからか、
余計にゲームについて様々な思索にふけってしまいまして。
年間500本近く販売されてるエロゲー、
その中から毎月リストアップして、
厳選に厳選を重ねたゲームを購入しているので、
買った段階である程度満足してはいるものの、
プレイして満足を得られるのがよりベスト。
 それで今回はTGのリリーススケジュールを見て、
特に気になった作品を紹介します、
まあこれまでもここで触れた作品ばかりかもしれませんが、
それをまとめたようなものです。

<原画家さん的に>
『グリザイアの果実』フロントウイング
…まあフミオ先生ですから。

<ブランド的に>
『マーガレットスフィア』Meteor
『ヴァニタスの羊』Rococoworks
…Rococoworksは純粋にブランドが気になるけど、
  MeteorはブランドというよりYuyi先生かなー、
  もうブランドとしては昔と違う気がするし。

<中の人的に>
『鬼ごっこ』Alcot
…遠野さんのこういう凛々しい感じもいいな、
  最近無駄に元気で高いキャラ声ばっか聞いている感じだし。

<作品的に>
『Hyper→Highspeed→Genius』ういんどみる
…なんか楽しい作品になりそうな予感、
  声優さんのチョイスもいいし。

<舞台探訪的に>
『すきま桜とうその都会』propeller
…山手線沿線だから場所は多くても回りやすそう。

<全体的に>
『Worlds and World's end 』rootnuko
『ユユカナ』NanaWind
『ワルキューレロマンツェ』Ricotta
『キミとボクとエデンの林檎』ALMA
…シナリオも絵も声もどこも気になる、
  しいてあげるなら『Worlds and World's end 』は世界観、
  『ユユカナ』と『ワルキューレロマンツェ』絵、
  『キミとボクとエデンの林檎』はシナリオ。
  女装ものに対する抵抗がなくなり面白さがわかってきたし、
  何より声優陣が最高。
 
 こうしていくつかリストアップしたものの、
これは気になる作品のごく一部で、
月末になれば候補がいくつも出てきて、
悩むことは必至。
取り敢えず今年確実に買うのは、
既に予約済みの『穢翼のユースティア』のみで、
他は発売直前まで保留です。
まあこうして悩むのもまた楽しくて、
“エロゲは買うまでと買ってからとプレイしてから”
の三段階の楽しみ方ができます。
スポンサーサイト
[ 2011/02/22 20:00 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ