まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  ゲーム >  『世界征服彼女』の感想

『世界征服彼女』の感想

 2011年が始まって約3週間、
本年1本目のゲーム『世界征服彼女』を攻略したので、
その感想です。
『俺つば』の感想がまだだけど、
いつか書こうと思ってるんだ、
今はゲームにアニメと忙しいからムリ。

<概要>
 『世界征服彼女』は2010年に発売されたNavelの最新作で、
FDを除けば完全新作としては4本目くらいかな。
デヴュー以来このブランドのゲームはFDを除いてほぼプレイしてるけど、
本作はそのどれもとタイプが違う。
言うなれば“キャラゲー”といっていいんじゃないかな、
ヒロインたちの魅力で成り立っている作品だと思う。
Navel『世界征服彼女』を応援しています!
<シナリオ>
 シナリオは一貫していて、
ヒロイン5人誰のルートへ入っても関わってくるのが、
世界征服者であり主人公の幼馴染の闇野夢子。
なんせこの夢子と主人公の関係というのがまた特殊で、
非常に依存度の高い関係性だからこそ、
恋愛するには彼女は避けて通れない存在になっている。
友人、感情、家柄、トラウマとかそれぞれの問題を絡めつつ、
パターン化された展開が待っている。
ただ最後がどうなるかはヒロインそれぞれで、
その辺はキャラクターをいかしてて面白い。
一番楽しかったのは主人公がヒロインのことを意識し始めて、
好きだとわかってから、
独り脳内で悶々とし過ぎ。 
Navel『世界征服彼女』を応援しています!
<ヒロイン>
 本作の一番の魅力はヒロインにあると思う、
『俺つば』はキャラよりテキストの面白さに惹かれたけど、
今回はキャラだな。
最初は「死んでください」とかばっかり言ってた椿子が、
デレた時の甘さはかなりやばかった。
夢子は元々近い関係なだけあって、
恋人になった時というより、
普段から面白いやつでかわいい。
菜子はリムのようにデレ過ぎなかったのがいい、
あんまり表情豊かになり過ぎるともはや別キャラだから。
亜子さまはどこまで真っ直ぐでこっちが照れるくらい、
桜子はやわらかい雰囲気かな。
Navel『世界征服彼女』を応援しています!
<声優>
 籐野らんさんの声で久々にヒロインらしくてよかった、
なんか最近脳内では完全にネタキャラの声になってたからなー。
森谷実園さんは明日香より好きなタイプの声で、
かわいらしい声にかなりやられました。
五行なずなさんはとにかく凛々しかった、
青山ゆかりさんは終始ぶっ飛んでた。
メインでは森谷実園さんがよかったけど、
サブでは大花どんさんと木村あやかさん、
特に木村あやかさん演じる椿子のママは、
攻略可だったら椿子攻略中でも、
浮気してしまいそうなくらいかわいかった。
Navel『世界征服彼女』を応援しています!
<その他>
 西又先生の絵ってなんだかんだいって中毒性というか、
独特な魅力がある気がする、とても個性的な感じ。
でも流石に今回のキャラデザには少々ツッコミどころが、
メインの5人どれも過去の作品かそれ以上に気に入ったけど、
なぜみんな同じ触覚なのかが疑問。
触覚などという特徴的なものをみんな同じにするのはどうかなー?
あと女の子の名前がアルメンドラ以外最後に「子」が付くのもさ、
昨今「子」が付く名前の子なんて少ないから特徴的なのに、
みんな同じにしたら個性が出ないよ、
まあみんな「子」の付く名前にするのも大変だったろうけど。
 あとは主人公がちょっと変わってて、
まあ『俺つば』の主人公も特殊だけどそれとも違う。
彼の性格は本人自身と友人が言ってる通り、
コミュニケーション力と人付き合いの少なさからくる、
KYさと思い込みの強い自己中な気がする。
だから場面で場面で「なんだこいつはー」て、
その発言にイラッとくることもある。
でも根本で彼は優しく面白いやつで、
ただ経験値の少なさからくるものだから、
ある種共感できるリアルさがあるように思う、
まあそんな部分を気にさせないほど優しすぎるんだけどね。
Navel『世界征服彼女』を応援しています!
<最後に>
 同じことの繰り返しになるかもだけど、
西又先生の絵って不思議な魅力があるんだよね。
それで絵に釣られて買ってゲームをプレイしてみると、
そこそこ面白くてハズレがないから、
これからも新作が出たら買っちゃいそうだな。
本作の関連で既に2度小田原に舞台探訪してるけど、
ゲームを完全攻略したのでまた行きたくなってきた。
次回作が楽しみだなー、
今度は王雀孫さんがシナリオ書いてくれるのかなー。




 
スポンサーサイト
[ 2011/01/19 19:16 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ