まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  ゲーム >  『星空へ架かる橋(円佳ルートのみ)』の感想

『星空へ架かる橋(円佳ルートのみ)』の感想

 前に『星空へ架かる橋』について、
“メディオの円佳特典付きが手に入らない場合は買わない”
的な意味のことを書いたと思うんですが、
発売日当日にアキバへ行ってみると、
前日に予約が一杯あったとか入荷のミスとかで、
既に売り切れでした。
そして他にアキバでは円佳特典の手に入るお店はない。
なのに……

DSC00546.jpg

ついつい衝動買いしちゃいまして、
もうどこでもいいやといつもの祖父で購入。

 仕方がなかったんです、
自分で思っていた以上に円佳への愛が深かったんだから。
いろいろ積んでるから買うのは後でよかったハズなのに、
現物見たらダメでしたね、アハハハ(^▽^)

 そういう訳で帰宅後はその勢いでゲームを即インストール、
攻略中のゲームを中断してプレイを開始。
 そこで私は新品で買ったゲームでは滅多にしない、
非常に贅沢なプレイ方法をとりました。
それは、

“嫁(円佳)以外は一切攻略しない!
 というかヒロインとしてさえ見ない!
 二人の学園生活を彩るサブキャラとして扱う”

という最初から攻略対象を絞るというやり方。
本来なら攻略してからこの娘がよかったあの娘がよかった、
というのが筋だと思っているのですが、
今回はあくまで“「円佳」のために”買ったんだから、
他のヒロインを攻略するという、
浮気行為なんてもってのほか。
円佳を悲しませたくないし、
このプレイスタイルより主人公になりきって感情移入できて、
たまにはしてみたくなる。
 そして実際にプレイした感想としては、

ヒャッハーーーーーーーーー!!!!!!!
円佳ちゃんサイコーーーーーーーーーーーー!!

ということです、これで十分伝わるかと。
もう円佳ちゃんが可愛くてしょうがなかったし、
最初から彼女だけをヒロインとして見てると、
他の娘の特徴とかキャラがサブにしか思えなくなっきて、
円佳ちゃんが出てくる度にテンション上がりました。
[円佳ちゃんの可愛いところ]
・照れまくるところがメッチャかわいい、
 さらにテンパって早口で捲くし立てるところがいい。
・一途なところ、2週すると可愛さ倍増!
・男性恐怖症だけど、頑張って会話して手を繋ごうとするとこがまたいい!
 他の人は無理だけど、一馬にだけは触れられるようになるっていうのが、
 彼女にとっての特別っていうのを意識させられて優越感。
[円佳ちゃんとの好きな場面]
・相合傘…ぎこちない初々しい会話。
・告白…夕日の背景と相まって綺麗でした。
・体育祭…円佳ちゃんがその巨乳っぷりを遺憾なく発揮。

ゲーム全体の感想> 
 点数をつけるなら、
円佳ちゃん的には100点満点で、
作品的に見れば、
自己満足度は80点というところ。
-20点なのは主に演出面、他にCGとか微妙なところがあって、
その点は至上の妹ゲーとなった『あかね色に染まる坂』に及ばず、
何度も延期して期待を増幅させられていただけに、
かなり残念だなーと感じた。
 そうはいっても総合的にみれば良作で、
他作品と比較するとより一層感じるのが、
ヒロインやシナリオの良さから、
エロゲでは話が長いとダレたり飽きてしまったりすることが多いけど、
本作では楽しいところ、ドラマチックなところと、
盛り上がるポイントがあって終始よかった。
あくまで円佳ルートのみをプレイしての感想だけど。
お気に入りのキャラは円佳ちゃん以外だと彼女の親友のこより、
面白い元気っ娘でした。
 ただ良作といえど3点だけ気になるところがあって、
 まず『星空』は、
これまでのシリーズのようなセールスポイントがなかったこと。
例えば、
『青空』なら“ツンデレ幼馴染とのんびり幼馴染”
『あかね色』なら“7:3と3:7のツンデレヒロイン”
といった具合にヒロインに関して明確な売り文句があった。
それに大して今回は、
“空シリーズ完結作”
とか
“バイノーラル録音使用”
などのようにヒロインの売りを前面に押し出した文言がなくて、
人気作の続編であること以外の印象がなかった。
 そういう訳で円佳ちゃん一本攻略になっちゃった訳で、
もし宣伝の段階で上記2作のような売り文句があれば、
もっと違った形でプレイしていたかもしれない。
 それから「キスから始まる」というのが、
まんま『あかね色』と同じなのもどうかと思う。
その後ヒロインがツンになってデレになっていくというのまで同じ。
そもそも3部作といっておきながら、
なんで本作だけシナリオライターが代わってるんだろうと、
今更ながらに疑問が浮かんだ。
 そしてどうしても許せないというか、
うんざりさせられたのが、
RUNEの『Purely』ばりに弟萌えを狙っていたところ、
それが本作における一番の問題点、
このシリーズにおいてそこを押す意味がわからない。

<最後に>
 結論としては、
シリーズ最後だからFDを出して下さい<(_ _)>
特に円佳と湊のシナリオ希望。
エピソード数としては全ヒロインなんてやったら一人一人が薄くなりそうだから、
人気投票してシリーズそれぞれの1位のキャラをメインに据えて、
と思ったけど、
もし弟が1位とったら目も当てられないことになるからダメだな(汗;
とにかくこれで一区切りが付いたのだから、
次回作へ行く前にFDを出して欲しい、
タイトルは『円佳アフター』、『円佳アナザー』、
『円佳if』のいずれかで(笑)。
もしくは『湊 Love Ex P』とか(笑)。
スポンサーサイト
[ 2010/10/24 23:41 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ