まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  ゲーム >  2010年9月末発売の注目PCゲーム

2010年9月末発売の注目PCゲーム

 今月は嵐の前の静けさという感じかな。
『魔法使いの夜』は延期したし、
あとは『星空へ架かる橋』が来月以降へ延期したら、
目玉タイトルはFDだけかな。

9月17日
『天使の日曜日』minori
9月23日
『るいは智を呼ぶファンディスク』暁WORKS
9月24日
『楽園のルキア』Muscadet
『たのだん』ocelot
『星空へ架かる橋』feng→9月30日
『Orange Memories』Purple software delight
『汐見崎学園演劇部 恋☆ぷれ』Meteor
『BALDRSKY DiveX”DREAM WORLD”』戯画
『恋と水着と太陽と ~スミレ島ライフセーバーず~』ブルームハンドル
『さくらビットマップ』HOOKSOFT
9月30日
『fortissimo//Akkord:Bsusvire 』La'cryma
『萌恋維新!』アーベルソフトウェア

 今月の注目ポイントは人気作品のFD!
『ef』に『るい智』、『BALDRSKY』とどれも話題になった作品ばかり。
まず『ef』はヒロインとの後日談よりも、
本編では名前だけの登場だったキャラとのアナザーストーリーや、
優子との“if”の話が見所かな。
ただ本編が好きな身としては、
後日談までは許せるけどアナザーとifは認めがたいな。
もうあの感動に身も心も浸してしまった者としては、
ご都合主義なハッピーエンドはあまり見たくない。
もちろん、このFDのような話が求められているのも納得できる、
本編もこうであったらなーという気持ちがなくはないけどさ。
『るい智』はもう“智ゲー”過ぎてあかんでしょ。
フルボイス化でふーりんの声までついちゃってさ、
主人公ゲー過ぎる。
『BALDRSKY』はまだ本編のほうを攻略できてないですけど、
FDとしてはかなり充実していて、
まさにファンのためのディスクだというのが感じられる。
今月一番の注目作でることは間違いない!
このFDの内容を見ていると、
本編が凄いやりたくなる。

 上の3作とは違う意味で気になっているのが何本かありまして、 
 『楽園のルキア』は今回発売するゲームをチェックしていて初めて知った作品で、
なんせTGにさえのってなかったので(汗
意識してるのかどうか分からないけど、
パッと見Tony先生ぽくって気になったんだけど、
ここの作品ってどっちかっていうとエロ重視のような気がするし、
本作は絵師もライターも過去の作品と同じだから、
作品の傾向として大きく変わりはしないハズだけど、
なんか違う気がする。
ヒロインが好みだし絵柄的にもストーリー的にも、
ただ情報が少ないからよくわかんないんだよな。
 『超限勇希ムゲンフィニティ』は、
ムービーを見てたら偶然発見したんだけど、
どうやら鎌倉が作品の舞台のモデルになってるみたい。
これは早速行ってみたいところだけど、
結構加工されているので撮影が難しそうだなー。
八幡宮、鎌倉高校、七里ガ浜とかが撮影ポイントかな、
体験版か製品版が出ればもっと分かるんだけど。
スポンサーサイト
[ 2010/09/15 23:31 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ