まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  雑誌 >  イラストレーターの中の人たち

イラストレーターの中の人たち

 8月以降久々にたくさんゲームを攻略してまして、
それなりに充実してます。
でもなんというか、
どれも良作だけど満足はできないんだよなー、
『PARA-SOL』は別にして。
なんかもっとこう「わっ!」と驚くのだったり、
刺激的だったり、
壮大だったりするの?
ヒロインを気に入ったり、
面白かったーて感じたりはしても、
生半可な作品じゃ満たされなくなってるんだよねー。
今後はキャラゲーかハイクオゲーかの二択になっていきそうな予感
(まあ9割方キャラゲーを選択しそうだけど)。

 ここからが本日の本題、
先月末に発売された『E☆2』を買ったら、
今回はやたらと絵師さん同士の対談記事がのっていまして、
まあそういうのは好きなのでうれしい限りですけどね、
絵師さんを知ることでよりその人の絵に興味を持つことはありますから。
それに尊敬している絵師さんが、
どういう人なのかは気になるものですよ。

<深崎暮人先生&KEI先生>
…このお二人が仲がよかったとは以外でした、
 というか商業作品しか見ていないと、
 絵師さん同士の繋がりというのはあんまりわからないもので、
 こういう同好の士っていいですね。

<西又葵先生&たにはらなつき先生>
…ほとんど食べ物のことばっか(笑)
 食べ物の話の合間に少し仕事とか絵について語ってる感じで、、
 あとは好きなタイプといったガールズトークだったり、
 まあこれはこれで面白いですけどね。
 たにはら先生も『それ散る』からなんだなー。

<カントク先生&天夢先生&てぃんくる先生>
…てぃんくる先生のイラストを堪らないなー、最高です。
 漫画もいいんですけど、
 またゲームの原画をやって欲しいなー。
 しかしお二人が田舎“娘”てなー、
 冗談きついですよ、ははは(笑)。 

<カントク先生&梱枝りこ先生>
…カントク先生が最近まで大学に通ってたというのは知らなかった。
 仕事をしつつ、休学しつつも、
 しっかり卒業しているのが凄い。

 いろいろ対談ありますけど、
『E☆2』の中で一番好きなコーナーが
「そこまで聞いて委員会」でして、
カントク先生が描いている漫画が可愛くていくて、
いつも先生方が凄いプリティーなんですよね、
桜二等兵さんの時はちゃんと男性でしたけど。

スポンサーサイト
[ 2010/09/12 23:11 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ