まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  ゲーム >  『あまつみそらに』の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『あまつみそらに』の感想

 今回はクロシェットの『あまつみそらに』の感想です。
クロシェットとしては4作目ですけど、
しんたろー先生の新作を待ち望んでいた身としては、
やっと2作目が出たーという感じでした。
ファンの方には申し訳ないですけど、
『スズノネ』とそのFDはブランド人気と知名度を押し上げた良作で、
ヒロインはメインからサブまでみんな可愛くて(特に柚子里が)、
私も大好きな作品ではあるものの、
クロシェットはしんたろー先生のブランドと考えているので、
あくまでこの新作のための中継ぎだったと思ってます。
そこまで期待していた総合的な感想としては、
期待を裏切らない良作でした(^▽^
だから「萌えゲーアワード」にも投票しちゃいました。
【あまつみそらに!】情報ページ公開中!

<シナリオ>
 1作目の『かみぱに』と同様に神様の話なんだけど、
前作が「わらわは神じゃー」て感じの典型的なタイプだったのに対して、
今回は「私は神様なんかじゃないもん」という正反対の神様でした。
本作はそんな神としての自分を否定している神奈の存在が、
最大のキーパーソンでシナリオ全体に関わってくる。
 ヒロイン5人のエピソードに共通しているのが、
本作の特徴の一つである妖怪=怪が必ず関わってくること、
そしてキーパーソンである神奈の成長、
この二つにある。
 こういう作品の特徴をいかしたシナリオにしているのはよかった、
神奈の出番が必ずあるしね。
 見所となってくるのは世界の根幹に関わってくる
神奈と深景先輩のエピソード、
神奈はどうして人と暮らしているのか?
どうして自分は神じゃないと否定するのか?
これから彼女は神としてどうしていくのか?
そういったことや神奈と高久の出会い。
神としての力を行使する機会が多いいのも、
その時かかるBGMを聴くと凄いテンションが上がる、
神奈さま格好いい♪
まあ展開的にこの二人のシナリオが面白いかな。
 あとは妹の美唯のエピソードが、
妹とかアイドルというカップルになるのに、
ありがちな問題は抱えていながら、
一番波の立たない穏やかな話になったのが意外で、
安易に妹&アイドルという部分を障害にして
盛り上げようとしなかったのは高評価。
【あまつみそらに!】情報ページ公開中!

<キャラクター>
 メインにしろサブにしろ、
作品の雰囲気、テイストの影響か、
テンション高めでボケ&ツッコミをかましたり、
叫ぶキャラが多かった印象が残った。
神奈はこの作品の象徴であると同時にムードメーカーでもあって、
時にはボケて、時にはツッコミ、
テンションがグーと上がったり下がったりと浮き沈みが激しく、
忙しいキャラでした。
そんな彼女+テニス部二人が女性陣の中での3バカかな、
いつも賑やかでボケとツッコミの応酬が激しかった。
まあそんなおバカな面もある神奈だけど、
友人に対する優しさ、
彼らがピンチの時は神の力を振るってでも助け、
また時には神としての慈愛も見せ、
そういったギャップも魅力の一つ。
 他だと深景先輩がいい。
とてもお茶目なお姉さんで、
おっとりしたいい人そうに見えて、
実は結構なやり手でしっかりしいて、
でもやっぱり面白い人。
さらにとある理由で彼女はある種の二重人格的な状態になるので、
そのギャップがまたよくて、
そして大きすぎるおっぱいが最大の武器。
まあキャラとして二人を気に入っていても、
ヒロインとしては帷の破壊力が凄まじかったけど。
【あまつみそらに!】情報ページ公開中!

<声優>
 好きなキャラと気に入っているシナリオがあの二人のですから、
もちろん注目すべき声優さんも、
風音さまとさくらがわシュトラッセさんのお二人。
そもそも本作に期待を寄せていた理由の一つが、
前作『かみぱに』でのお二人の演じたキャラを気に入って、
声優として注目するキッカケになったから、
本作でどういうキャラを演じるのか楽しみしてたんです。
桜川さんはテンション高めのノリのいいおバカさんで、
風音さまはキャラの性格上いろんな風音さまを楽しめて、
お姉さんだったりクールだったり風音さまだったりと、
期待以上で、特に桜川さん演じる神奈よかった。
【あまつみそらに!】情報ページ公開中!

<最後に>
 今やクロシェットは私にとって、
いわゆる新作が出ればほぼ毎回買うという、
安牌ブランドの一つになってますね。
リストに入るブランドは年々変わってますが、
ゆずソフトの次くらい注目してます。
この二つに共通しているのは“キャラがいい”というところでしょうか。
キャラがいいからこそ、
作品の雰囲気がよくなり、
シナリオがよくなり、
満足度が上がっていくものだと思います、
あくまで恋愛ものとしてはですけど。
シナリオ重視型のものだとまた別ですが、
“ヒロインとのイチャイチャ”
という点では安定しているかなーと。
次回作はもう発表されてるから、
続報が楽しみだ。
【あまつみそらに!】情報ページ公開中!
スポンサーサイト
[ 2010/09/21 23:48 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ