まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  日記 >  NANA MIZUKI LIVE GAMES 2010 RED STAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NANA MIZUKI LIVE GAMES 2010 RED STAGE

 先週末に埼玉の西武ドームで2日間にわたって行われた
「NANA MIZUKI LIVE GAMES 2010」
の1日目「RED STAGE」のほうに参加してきました。

 これまでいろいろライブイベントに参加してきましたが、
今回はそれらとは様子が全然違っていました。
 まず西武線の電車に乗ったら、
「水樹奈々のライブのお越しの方は○○駅でのお乗換えが便利です」
とかなんとかアナウンスが入るし、
車内には見ただけでそれと分かる方々が一杯。
ドンキで買い込んだであろうサイリューム一杯の袋、
いかにもライブに行きますという感じの服装や、
コスではないけどなんとなく水樹奈々っぽい服装の人とか、
そして車内の混み具合、
まあ同志のことはなんとなく見分けられるものだよね(笑)。

 途中所沢で走って聖地探訪こなしたりして、
開場から50分後の15:50に会場である西武ドームに到着。
駅へ降りる人のほとんどはもちろんライブ目当て、
今日までこのライブイベントがどういうものかイメージしてなかったけど、
ここにきてこれまでのものとは別次元のものだとハッキリわかった。
もう人の多さが半端ない!
これからお祭りでも始まるんですかってくらい(汗
DSC00177.jpg
DSC00176.jpg
なんせよく行くライブでも多くて1000~1500くらい、
後日発表情報によると来場者数は二日間で5万5千人、
1日目の24日だけでも2万8千人、
20倍以上違うんじゃーそりゃー雰囲気違いますよ(汗
それから一瞬スタッフと間違えてしまったのが、
今回のイベントの赤シャツを着てる人たち。
遠めでも分かるくらいイベントのシャツを着てる人が多くて、
赤以外のシャツを着てる人もちらほら。
もう気合の入り方があまりにも違う(汗
そしてどうやらこのライブのイメージカラーが赤みたいなんです、
よく調べずにきたから、
バンドマンの人たちが
「赤組盛り上がってるかー」
とか言ってるのが意味不明だったんだけど、
翌日が「BLUE」だとわかってようやく理解、
それで赤シャツばっかだったのね。

 グッズはコミケばりに人が並んでて、
とてもじゃないがライブ開始の1時間後に間に合いそうにないので、
諦めて静かにしてました。
そして17時15分、ついにライブがスタート!
まあぶっちゃけてしまいますと、
私は声優の水樹奈々は好きだから多少知ってるけど、
“歌手”の水樹奈々についてはそこまで知らなくて、
しかも事前に予習のために聴いておいてと言われていたアルバムも聴いてなかったので、
何曲歌ってたか忘れたけど、
聞き覚えあるのが数曲と後は『なのは』しかわかんなかった(汗。
 でも、曲を知ってたほうがいいのはもちろんだけど、
知らなくてもライブを十分楽しむことはできる!
奈々ちゃんのなま歌が聴けるし、
歌って踊る姿が見れればさ、それだけで最高!
まあ席が遠くて
「あーあのよく動いてるのが奈々ちゃんかなー」
て分かる程度だったのが残念だけど、スクリーンもあったし、
一度だけトロッコに乗って、
スタンド席のほうにも来てくれたので結構近くから見れたから大丈夫(^^)

 さてさて、
肝心のライブの様子についてですが、
特徴的だったのがファンの一体感を感じさせる、
統一されたサイリュームの色!
みんながみんな曲によって赤だったりオレンジを使い分けてて、
私もアキバで買った時は、
曲によってどのサイリュームを使うかっていう参考例があったので、
赤とオレンジを多めに選んだけど、
何万もの人が同じ色のサイリュームやペンライトを振っている光景が、
あまりにも幻想的で綺麗で、
特に陽が落ちてからは、
何もしてなくても客席のあちこちから光が揺らめいていて、
やっぱりこういうイベントでは会場みんなで楽しめていいなー。

 そしてこのライブそうもだけど、
最近の奈々ちゃんの活躍っぷりはもはや声優という枠に収まってないよね。
アルバムの宣伝で雑誌のインタヴューを受けたり、
ラジオやイベントに出演するっていうのはよくあるけど、
「とんねるずの食わず嫌い王」とか「ミュージックアワー」
などのテレビ出演にしたりなんてのは、
今までの声優さんではちょっと考えられない方法だよ。
西武ドームを一杯にする規模のライブもするし、
そのライブでの演出とかファンサービスとか走り回る姿とか。
そのどれをとっても彼女はアーティストで声優で、
決して所謂“アイドル声優”というものとは全く別の、
マルチタレントみたいなものなのかなーと思った。

 いよいよ長く続いたライブもクライマックス!
 最後のほうはちょっとうるっときちゃいましたね、
ラストの曲を歌う前に、
奈々ちゃんがなのはがフェイトに言ったように
「名前をよんで」
と、
それに応えてみんな最後の曲を歌い終わった奈々ちゃんに、
最初は通常のアンコールコールだったのが次第に、
「奈々、奈々、奈々、奈々」
と奈々コールに変わっていった時は、
本当に奈々ちゃんはみんなに愛されてるなーと、
かく言う私も声が嗄れるまで「奈々コール」をして、
それがかなり長く感じて、
最後の曲が終わって会場が明るくならず暗くなってるってことは、
まだ終わってなくて、
このアンコールも予定調和だとわかっちゃいても、
実際は5分くらいな気もするけど、
10分くらいたったかのような、
待ち遠しさだった。

 ライブ終了後にはサインボールのプレゼントがあって、
最後の最後までファンを楽しませてくれて、
まあいくらなんでも上のほうには届きようがないけど(汗
20時40分か50分くらいかな、
3時間半近く続いた熱い熱いライブは終了、あっという間でした。
帰り際、まだグッズが売ってたのでパンフを購入。
DSC00178.jpg
中を見たら、これは奈々ちゃんの写真集じゃないのかな?
と思ってしまうような内容で、
まあ思ってたのと違うけど記念に大事にします、ライブならではだよね。
他にもシャツとかいろいろ売ってて、
買えてない人が結構いたのか50分ぐらい並んだんだけど。
お陰でいい時間調整になって電車が多少乗りやすかったから、
逆によかったかな。
こういう大規模ライブもたまにはいいな、
また機会があったら参加したいですね。


 最後に一つだけ、楽しかったライブで気になったこと↓


 奈々ちゃんがわざわざお客さんの近くに行きたいからと、
トロッコを用意してまで来てくれたのに、
その時いきなりフラッシュが光りまして、
なんとありえないことに、
デジカメで写真を撮ってるおばさんがいまして、
これにはもう衝撃を受けましたよ。
まさか奈々ちゃんのライブにくるような人で、
こんな常識はずれのマナー違反をする人がいるなんて、
普通の一般常識でしょ、
そんなことするなんてどう考えてもおかしい。
そういうことする人がいるのが悲しくて、
100%ライブを楽しめなかったなー。
本当に悲しくて、どうしてそういうことするんだろうなー。
スポンサーサイト
[ 2010/07/26 23:58 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ