まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  舞台探訪 >  『終末少女幻想アリスマチック』の聖地探訪inお台場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『終末少女幻想アリスマチック』の聖地探訪inお台場

 やっぱり今日はどこもエイプリルフールで賑やかです。
でもまだあんまり見つけられてないんですよねー。

 2月に続いて3月も聖地探訪して来ました。
今回は3年以上積んで、
やっと手をつけた『終末少女幻想アリスマチック』の舞台です。

<ゲームについて>
本作は2006年にキャメルBOXが発売したPCゲームで、
新作『廻り巡ればめぐるときっ!?』
で原画を担当しているクロサキ先生のデヴュー作です。
今と比べると大分絵の雰囲気が変わったような気がします、
実はこの作品がキャラメルBOXで買った最初の作品なんです。

<内容>
タイトルの「終末」という言葉のとおり、
終わりそうな世界を救うという話でして、
そういう設定はありがちでありながら面白いと思うし、
ヒロインたちも可愛かった。
でもちょっとネタがマニアックでついていけなかったなー(汗
いくらその都度その都度用語解説が入っても、
意味が分かるだけで理解が追いつかなくて困った(汗
まあ難しいことを抜きにして楽しめばいいんですけどね。

<声優>
 何気に声優陣が結構好みでして、
ヒロインはあぐみん、ふーりん、夏野さん、まきさん、松永雪希さん、
サブでは理多さんに野神奈々さん、ありすさんまでいるし。

 そして肝心のモデルとなる舞台ですが、
作中でハッキリと“お台場”という言葉が出ていたので分かりやすかった。
主人公たちが通うことになる学校がお台場近くの人工島に作られた
“新東雲学園研究都市”
にあって、東雲という地名はりんかい線を利用している人なら分かるかと。
その学園都市がある人工島から出る手段が島とお台場を繋ぐ鉄道、
りんかい線でして、これは名前のまんま。
DSC01896.jpg
平日朝の東京テレポート駅は流石に人がまばらでした。

 次の目的地は駅を出てフジテレビ側に向かいます。
まあフジテレビの斜向かいにあるんですが、
デックス東京ビーチというところ、もちろん来るのは初めて(汗
こんなお洒落なとこに来たことあるわけがない≧(´▽`)≦アハハハ
DSC01902.jpg
お台場といえば人が多そうで撮影が難しいそうでしたが、
オフィスビルがあるようなところと違うので、
お店が開くであろう10時前にくれば大丈夫だろうと来てみれば、
本当に人が全くいませんでした、これがあのお台場なのか( ̄Д ̄;;
とはいっても平日の朝早くですから、
学生もサラリーマンもほとんどいないうえに、
お店も開いてないとくれば人もいなくて当然ですよね。
作中ではここに主人公たちが買い物にきて、
ヒロインの小夜音や冬芽いきつけのお茶があります。
ここでは買い物だけでなくバトルしたり、
お祭りがあったりしました。

 その後ほかに何かないかとお台場海浜公園や、
ビッグサイトの手前まで見に行ったけど新しい発見はできなかった。
あとは帰りにデックス東京ビーチに寄って、
中を見ていこうと思ったのになぜかまだ開いてない!
どうやら11時開店だったようで、
ちょっと待てばよかったのですが、
寒いしそんなに歩いてないけど疲れていたため、今回は諦めました(汗。

 世界を救う戦いの地へ行きたい方は是非お台場に!

 ちなみにこの後アキバへ行ってキャララに参加してきました(^^)


スポンサーサイト
[ 2010/04/01 19:42 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ