まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  ゲーム >  オーガストが新作『穢翼のユースティア』を発表

オーガストが新作『穢翼のユースティア』を発表

 PUSH!!の表紙を見て一目でわかりました、ついにきたかと…。
特別贔屓をしているわけではないですし、
一番好きな絵師さんというわけでもないですが、
表紙を見たときに感じたんですよ、見えないオーラを!
やっぱりオーガストはべっかんこう先生あってのものだと、
改めて感じましたね。

 ブランド人気が出すぎだとは感じますが、
実際これまでの作品は結構良作揃いだと思います。
特に『けおりな』は、フィーナルートの衝撃は忘れられません。
彼女は今でもキャラクター的にもデザイン的にも好きなヒロインの一人です。

 なんだかんだで期待しているオーガストの新作なだけに、
今回の冒険にはちょっと不安もある。
まず『はにはに』から続く学園もの路線から外れていること、
学園もので当たってきたのに、違うのでもいけるのだろうか?
次にファンタジー系ということもあって、
キャラデザが微妙な気がするなー。
『プリホリ』のほうがいいということもないけど、
学園ものとのギャップがあるからかなー?
さらにフィーナや瑛里華のような絶対的ヒロインがいないところ、
メインの女の子が前の二人と比べるとインパクトに欠けてなんか弱いし、
明るく元気でかわいいけど薄幸の美少女系というか、
まあ二人がカリスマ性ありすぎたんでしょうけど(汗;
ただこの娘はアホ毛がいい!
このアホ毛こそ大人しめで特徴のない彼女の最大の特徴で、
過去のメイン二人にはなかった最大のチャームポイント。
まあ地味目な娘だからこそ、アホ毛が目立ってるんですが。

 オーガストってメインヒロインのシナリオが物語の主軸になるから、
メインの娘が好きになれるかどうかが最重要で、
そこがゲームを選ぶポイントにもなっている。
これまでレティやフィーナ、瑛里華は一目惚れのようなところがあったからな、
第2印象であるところの性格などのキャラクター性の部分で気に入るかどうか、
そこが問題だ。

 それからTG・PUSH!!4月号を読んで気になった記事
・『さくらビットマップ』HOOKSOFT
 →まさか絵師さんを変えて、松下まかこ先生と鈴平ひろ先生でくるとは。
・『ひとなつの』ハイクオソフト
 →きみづか葵先生の絵を久々に見た気がする。
・『ワルキューレロマンツェ』Ricotta
 →久々の新情報、最初見たときは企画的にどうだろうと思ったけど、
  シナリオが『ましろ色シンフォニー』と同じ北川晴さんとおるごぉるさんなんですね、
  それにヒロイン全員を始めて見たけどキャラデザが好みで、
  これは注目作に入れておかないとな、多分年内には出るでしょ。
・『天使の日曜日-ef Pleasurable BOX-』minori
 →PS2版を出したのも残念だったけど、本作もどうかなー。
  本編の補足という点では楽しめるかなー。

 そして個人的に大きなニュースが『PARA-SOL』の声優陣発表!
本作の中で個人的に最重要なヒロインの乃愛の声が、
鮎川ひなたさんというのはイメージできるからいい、『クルくる』の聖沙的な感じかな。
でも想像できないのがのどかの声、
おっとりまったりなキャラ声だと考えていただけに
関西弁やノリがいいキャラなどのイメージの“理多”さんは、
予想外過ぎてのどかのキャラがよく分からなくなるなー。
サンプルが出てくるのが楽しみなような怖いような(汗
スポンサーサイト
[ 2010/02/24 19:57 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ