まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  アニメ >  『涼宮ハルヒの消失』を見に行ってきました

『涼宮ハルヒの消失』を見に行ってきました

 『ハルヒ』2回目見に行ってきましたー。
どうも『Fate』といい『なのは』といい、
映画は2回以上見るというのが今後慣例化しそうだなー。

 見る前はアニメ映画にしては長い2時間40分という上映時間に多少不安もあり、
こんなに長いと疲れるんじゃないかとか、ダレるんじゃないかと思ってましたが、
全て杞憂に終わりました。
疲れとか時間を忘れる面白さ、
初めて京都アニメーショの作品を見た時に感じた、
あの一発で作品に引き込まれてしまう魅力に溢れた、
“京アニクオリティー”を久々に感じることができて、
しかもそれが劇場の大スクリーンという環境で効果倍増でして。

 この劇場版『涼宮ハルヒの消失』は『なのは』や『Fate』と違い、
TVシリーズの続編であり、集大成のようなもので、
インタヴューで総監督の石原さんも1期が始まる前から、
『消失』のことを意識して作っていたといってますし、
だからTVシリーズを見てないと面白さ半減ですね。
実際1期の『憂鬱』や2期の『笹の葉ラプソディー』には、
映画を見てるとあっと思う伏線や仕掛けがいろいろあって、
アニメもさることながら、原作の面白さっていうのを改めて実感しました。

 見所としては
・“キョン無双”なところ。とにかくキョンくん大活躍で、
 彼のセリフ量が半端ない。主人公らしかった、
・映画のCMにもちらっと出てた“普通Ver.の長門さん”は、
 確かに可愛かったけど、普通過ぎて長門に見えない。彼女を見た後に、
 いつもの長門さんを見るとその魅力を再発見できるな。
・『劇場版マクロスF』にも登場したコンビニがこっちにも、
 劇場で“ファミリーマート”の入店音を聞くことになるとはなー。
 その店舗に行きたくなったけど、実際そこにはないらしい、残念だなー。

<まとめ>
 おかしな長門にいないはずの人といなくなった人、
キョンのおかれた可笑しな状況、
事件解決の糸口が掴めず焦燥感ばかりが募る。
キャラに感情移入して見てると混乱するばかりで頭真っ白、
なにがどうしてこうなった? なんてことすら全く考えれない。
そんな中舞い降りるヒント!
このヒントが出てきてからの展開と、
盛り上がりが凄い!
過去のエピソードが絡んでくるんですが、
そういう張られた伏線や仕掛けが面白くて、
事件の全貌が見えてきて分かってきたときの爽快感、
ミステリーの謎が解けた時に近いかも。

 私が京アニを好きな理由の一つが、
意識してしまうほど丁寧に描き込まれた登場人物の細かな仕種なんです。
他のアニメを見てると意識することもない、
普段何気なくしている自然な仕種、
例えば手の動きとか、そういうの。
春からは『けいおん』2期が始まるし、
これは今年もアニメ界の話題は京アニが持って行くのかなー。 
スポンサーサイト
[ 2010/02/21 19:48 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ