まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  雑誌 >  TG・PUSH!!2月号の注目記事

TG・PUSH!!2月号の注目記事

 今月4つ目の作品を終えて、
あとはアニメの最終回まったりチェックするだけだなーこの年末。

 今月のTG・PUSH!!はおおと思う新作情報はないけど、
続報ではテンション上がることが一杯で、正直今年のゲームを振り返ると、
2008年と比べると良作は多くても満足できる作品がほとんどなくて
パッとしない一年でした。
でも2010年は、嵐の予感です。

 TGは来年も購読するつもりだけど、PUSH!!はやめようかどうか
悩むところなんだよねー。絵師さんのインタビューや声優さんのコラム
などが魅力ではあるけど、ゲーム紹介記事としては電撃HIMEのほうが好みで、
乗り換えようかどうしようか検討中。PUSH!!は読み応えがある一方で、
絵より文字が多いイメージで、対してHIMEは文字が少なく絵が大きい
イメージで見やすい感じがする。

<新作情報>
『姉です。 ~姉死覚悟の「弟しぼり」な夏が来る!~』アトリエかぐや
『光輪の町、ラベンダーの少女』あかべぇそふとつぅ
…『車輪』の続編ということで期待したいとこだけど、シナリオがるーすぼーい先生
 じゃない時点で危険な薫がするし、あかべぇは姉妹ブランドを含めゲーム出しすぎ
 だし、有葉先生に関しては今いくつの作品に関わってる? ていうくらい多いくて、
 大丈夫か心配だなー。
『恋刀乱麻 ~わたしが、アナタを、守るからっ!!!~』アーベルソフトウェア
…先に『ミステリート2』を出して下さいよ(汗)。
『超時空爆恋物語~door☆pi☆chu~』プリズムローズ
…原画の蓮見江蘭先生はゲームを始めた頃から好きなんですよねー、さらにシナリオ
 は『トロピカルKISS』の木村ころやさんということで期待したいとこだけど、歴史
 も好きだし、でも色物なだよなー、ヒロインが奇抜だし(汗;)。
『もっと お姉、ちゃんとしようよっ!』CandySoft
…『つよきす2学期』もそうだったけど、いくら人気作のナンバリング作品であっても、
 絵師もライターも変わってたらもうそれは別作品だよ。ブランドとしての色を受け継
 いでいくのはいいと思うけど、『メカミミ』みたく過去に囚われないタイトルにした
 ほうがこれからのCandyとしてはいいんじゃないかなー。
『Sugar+Spice2』チュアブルソフト
…銀河が見るからにツン度が強そう、目付きが鋭すぎ(汗;)。

<新作続報>
『置き場がない!』あかべぇそふとつぅ
→『光輪』がシリアスなのに対してこっちばバリバリのコメディー楽しそうです。 
 新たに公開されたCGもコミカルなSD絵が多目です。
『暁の護衛-罪深き終末論-』しゃんぐりら
…どんどん拡大し続けるあけべぇブランドの中で、もっと期待をよせるブランドが
 しゃんぐりらで、もっとも期待しているのが本作。
 当初ヒロインに昇格した先生や新キャラのお姉ちゃんを楽しみにしてたけど、
 意外と薫がヒロインらしくて楽しみが倍増! さらに新たなヒロインが公開されて、
 情報やCGだけだと敵キャラにしか見えないけどなー。
『太陽の子』
…かなり個性的な3人の絵師だけど、イメージビジュアルをパッと見た印象では
 ねこにゃん先生が好きだなー。ルートとしても、おそらく丸戸先生とコンビを
 組むだろうし、『パルフェ』『こんにゃく』の感動再び! に期待大!
 まあメーカーの垣根を超えて業界を代表する絵師さん3人とライターさん3人が
 一つの作品を作るという段階で、もう伝説となることは確定ですよねー。
スポンサーサイト
[ 2009/12/26 22:28 ] 雑誌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ