まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  アニメ >  『劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~』を見に行ってきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~』を見に行ってきました

 先日『劇場版 マクロスF』を見に行ってきましたー(*゚▽゚)ノ
いや~テンション上がりっぱなしでしたー、こんな映画は始めて。
もちろんTVアニメのほうは見ていたのでどう違うのか気になって
いたんだけど、そんな問題じゃーなかったです。

 内容じゃないんです、考えるじゃなくて感じる映画でした。
“聴覚”と“視覚”で感じる、映画というよりライブに行っている
みたいな気分になりました。
 TV版でも見所はバルキりーの戦闘シーンとシェリルやランカの
ライブシーンでしたが、それが劇場のスクリーンでとなると迫力
が全然違って、『マクロスF』の魅力を再認識させられました。
 
 あんまり内容とか気にしなかったけど、TV版の総集編に完結編
への新たな展開を付け加えたようなものかと思ってたけど、実際は
全体の7割以上が新作カットという状態で、
“ああーこのシーンTVでも見た”というシーンも展開の違いから意味
合いが変わってきたりして新鮮な気持ちで見れました。
 さらに曲もお馴染みの名曲たちに加えて新曲が多数、さりげなく
ライブの曲として混じっているんだけど初めてでも自然と
“これはシェリルの曲だ”
と感じることができました。
 格好よかったシェリルに対して、もちろんランカにも新曲がありました。
もしかしたらシェリルより多かったかもしれない、でもデヴューはしたけど
ブレイク前だったこともあり、どれもこれもネタとしか思えないCMソング
ばかり。
 そんな中で一番普通でまともだったのが、なんとなんと
キャンペーンへの協賛やいろいろコラボってるファミリマートのCMソング、
実際のファミリーマートでもかかったらいいのになー、というかかかりそう。
普通に深夜0時になったらランカの歌声が聞えてきてもおかしくない!

 TVシリーズ以上にランカもシェリルも活き活きとしていましたが、
放送が始まった当初はランカ派だったのに、話が進むにつれてシェリル
のほうが好きになり劇場版で完全にシェリル派になりました。
 理由としてはなんといってもあの“ナイスツンデレっぷり”がかわいくて、
劇場版でも要所要所でそういうシーンがありまして、あれはランカにはな
い魅力ですよねー。
 シェリルって別にツンなキャラじゃないんだけど、素直になれなかったり
して照れながらお礼言ったりするのが可愛くてニヤニヤ。

 新要素満載で、劇場ならではの魅力たっぷりなのでTVを見た人も見て
ない人も楽しめる作品となっていると思います。
パンフのインタヴューで河森総監督も劇場版『マクロスF』を楽しむには
映画館という舞台が不可欠とおっしゃってますし、是非映画館へ足を運ん
で見て欲しいです。劇場用アニメは劇場でこそその魅力を全開で発揮
するものなので、DVD化を待っていてはその真の良さを知らないままに
なってしまいます、時間を作ってちょっと遠くても労力を惜しまず見に行く
ことをおススメします。

 さぁーて、2回目見に行こうかなー。
 


スポンサーサイト
[ 2009/11/29 19:10 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ