まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  ゲーム >  『D.C.』シリーズの新タイトル3作発表

『D.C.』シリーズの新タイトル3作発表

 今年はCIRCUSが10周年ということで、記念となる作品やグッズの発売や
イベントが開催されてますねー、来月の『D.C.Ⅱ Fall in Love』のイベント、当
たってるといいなー。

 今月号のコンプの付録に
「10th ANNIVERSARY CIRCUS WORLD」がついてまして、
この10年間に出たCIRCUS作品が全てわかる一冊です、
まあ100ページの半分以上は『D.C.』なんですけどね。
 その冊子にわずかですがスクープ記事が載ってまして、
それが『D.C.』シリーズの続編となる
“『D.C.V.~ダ・カーポ~“V”ague』”
“『D.C.ZERO』”
“『D.C.Ⅲ』”
の3作品です。HPも開設されておらずタイトル以外
ほとんど内容がわからないのですが、
過去作品と比較しつつ時系列で整理すると

『D.C.ZERO』…『D.C.』の53年前

『D.C.』…起点

『D.C.V』…『D.C.』と『D.C.Ⅱ』の中間

『D.C.Ⅱ』、…『D.C.』の53年後

となるようで、『D.C.Ⅱ』を最後までやっていれば『D.C.ZERO』の
意味もわかり楽しみでありますね。
それで『D.C.Ⅲ』ですが、もう縦軸における話は完結しているので、
ここから新しい物語を展開させるには横しかないということで、
横に話を広げるみたいですね。
考え方としてはわかるけど、それがどういう話になっていくのかは
ちょっと予想できないですね。

 この続編一つ一つについて触れていくと、まず『D.C.V』
HPでは『ダ・カーポ ヴァルキリーコンプレックス』となっているけど、
冊子に紹介されているメインヒロインは『V.C』と全然関係なさそうだし、
他の『D.C.』シリーズとどう繋がっていくのか謎だな。

 『D.C.ZERO』は非常に楽しみですね、これによって『D.C.』から
始まった一連の物語は一つの区切りを迎えることになるわけですから。
『D.C.Ⅱ』の最後から本作がどういう物語かは予想できるけど、
情報が文字どおりゼロだから実際どういう話なのかはわからないな。
多分メインは二人のおばちゃんかなー、あとは白河一族が出てくるのか
どうかとか、舞台は初音島なのか海外なのか、
でも『D.C.』であるからには初音島であって欲しいなー。

 『D.C.Ⅲ』は全く謎ですね、
縦が終わったから横って、でも『D.C.』であるからには枯れない桜とか、
初音島から離れるわけにはいかないだろうし、だとすると朝倉家や
さくらさんたちとはどうするのかさっぱり。
でも本作は他の2作と違って『D.C.』の新しい展開ということで、
今後の『D.C.』の方向性を決める作品になりそうだな。

 『C.D.C.D』以来2年以上もCIRCUS作品を全くやってこなかったのに、
『プリパ』、『V.C』の影響で今年はCIRCUSが熱かったです、
CIRCUS熱が再来って感じでした。
なんだかんだでCIRCUS作品は一番多くやってますから、
もし『D.C.』の続編が来年出るなら、ついに10本越えるかもー。

……………………………………………………………………………………………

※少々言い訳じみた話になりますが、
  私はコメントするのが苦手なので、
  毎週訪問者さんのブログは巡回しているけど
  ほとんどコメントしてないんですよねー。
  もちろんブログ開設当初に相互リンクして下さった
  影さんと高嶺さんのブログは毎週見に行ってますけど、
  それでもこの2年半で一回ぐらいしかしてないかもしれない(汗;)。
  来年はコメントしていきますよー!
スポンサーサイト
[ 2009/11/20 19:37 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ