まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  アニメ >  2009年春・夏アニメ最終回感想

2009年春・夏アニメ最終回感想

 11月を前にしてやっと春・夏アニメを大体見終わった。まだのも
あるけど、その辺は年末でもいいかなと。秋のほうも溜めておくの
とすぐ見るのとに分けたので、これでなんとか来月はゲーム攻略
に集中できるかなーという感じ。あと2ヶ月で出来れば今年の積み
ゲーだけでなく、去年のやつも少しは手をつけておきたいところ。
 そういえばすっかり忘れてましたがこの間の日曜日はDPだった
んですよね、仕事で行けないことが大分前から分かってたので全
く調べてませんでした(汗)。まあ行けないイベントについて調べて
も楽しいことは一つもないので、こう悲しくなったり虚しくなったりや
るせなくなったりはしますが、切ない気分になるくらいならどんなこ
とがあったのか知らないままでいたほうが幸せですよ(泣;)。

『咲-saki-』
→のどかのセリフはどうみても告白です、ごちそうさまです(*'ー'*)
  どこもかしこも百合だけど、なぜかゆりんゆりんな感じがしない
  のがいいなー、それにメインもサブもモブもかわいい娘が多す
  ぎて困る作品でした。
『ハヤテのごとく!!』
→様々な伏線を残して来期へ含みを残しつつも盛り上げて綺麗に
  終わる最後より、ハヤテらしい笑える最終回でした。本当に今
  期の出来はよかったので、是非3期もやって欲しいなー。
『戦場のヴァルキュリア』
→前半や中盤までは戦略RPGらしく、組織されたばかりの義勇軍
  が正規軍や名将を相手に勝っていくのが面白かったけど、後半
  はもはや戦術が全く意味をなさない戦いになって、ラストバトル
  なんてもはやこれなんのアニメだっけというトンデモ展開でした。
『ティアーズ・トゥ・ティアラ』
→シナリオがしっかりしているし、構成もうまくまとまっていたから
  終始安定してましたね。ラストバトルは『うたわれるもの』みたく
  まあ普通に戦ったら勝てそうにない化け物で、ただの精霊を相
  手にするよりRPGぽくてよかった。
『狼と香辛料Ⅱ』
→“もうお前ら夫婦だろう”
  というくらいのイチャイチャぷりで、特に最終話のやりとりはもう
  二人はそういう関係なんだよなーと解釈してもいいんだよね?
  商人同士の戦いより、二人のやり取りのほうが面白かったよ。
『CANAAN』
→毎回毎回アクションシーンが凄くて、街中や広いところではア
  クロバテックな派手な戦いなんかもしてたけど、一番はやっぱ
  りカナンVSアルファルドの紙一重の戦い、特に最終話のカナ
  ンは強すぎる、あの動きは銃弾を刀でふせぐ五右衛門並だよ。
  後半ではいろいろキャラが死んだけど、なんだかんだで彼が
  生きていてよかった。
スポンサーサイト
[ 2009/10/30 19:42 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ