まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  アニメ >  2009年夏アニメの初回

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2009年夏アニメの初回

 最近いろいろあってゲームの進行具合はあまりよろしくないで
す、でもちゃんと夏の新番組はチェックしています≧(´▽`)≦アハハハ
もう予定していた半分以上は見まして、既に継続して見るか1話
のみか決めちゃいました。ストーリーが面白いのもいいけど、た
だ笑っちゃうだけのおバカなアニメも見てみたいなーと思う今日
この頃、今期そういう作品に出会ってないけど;;

◎『うみねこのなく頃に』
…『ひぐなく』は最初からヤバイ臭がしていたけど、こっちは今の
  とこまだマシ。あそこまでクレイジーな感じでもなく、これは連
  続殺人のためにいるのかってくらい多い登場人物や、孤島が
  舞台という設定は普通のミステリーっぽい。原作をしらないの
  のでなんとも言えないけど、最初『うみねこ』が発表された頃
  は“これはダメだろう”というキャラデザや名前も時が経って改
  めて見るとそうでもないのが不思議。
  1話で一番印象的なのがピーが何度も入る罵詈雑言、本当は
  はなんと言ってたのかはDVDを買った人にしかわからないんだ
  ろうなー、アニメでピーは普通ないよなー(笑;)。

●『大正野球娘』
…冒頭からいきなり歌いだすところなんかまあー斬新、小梅がか
  わいいということはよくわかった。大正の雰囲気は出てるかな、
  大正って意外といろいろあるんだよね、電車とかエレベーターと
  か、確か地下鉄もあったはず。話は全く初心者の女子が野球で
  男子と勝負するというものだけど、勝てるのかなー? ストーリー
  展開がちょっと読めない、凄い覚醒したり、凄い監督が出てきた
  りするのかなー? 

○『プリンセスラバー』
…一応ゲームをやったことあるけど、オープニングを見ながらな
  んとなくこんな話だったかなーと思い出してきた。 原作は確
  か主人公が転校してくるとこから始まるハズ、でもアニメでは
  その前夜の話で、両親が死んで有馬の家にくるまでで、肝
  心の学校はまだでした。シャルロットとまさかの運命的出会
  いには驚きました、流石メインですね、もうルート確定(笑)。
  シルヴィアとは剣VS木刀という感じですか、まあらしいです
  ね。ただどうも記憶が定かではないのが、主人公が有馬の
  息子になる理由があんなネガティブな理由だったかなーて
  とこ、作品的にそういうイメージなかったので以外だった。原
  作やっててあまり両親の死を意識することもなかったしなー。

●『かなめも』
…新聞屋さんの話だったんだー。いきなり天涯孤独の身になっ
  て"かな"がかわいそうだけど、なんで親戚は誰も引き取らな
  かったんだ? まあそこに突っ込むと話が成り立たないからな、
  きっと理由があったんだ(汗)。新聞屋に住み込みをすることに
  なった"かな"、主人公の"かな"もかわいいけど、他にも個性
  的な同居人がいて、でも個人的にはキャラよりも声優さんの
  ほうが気になる。あんまりない組み合わせな気がする、かお
  るん(水原薫さん)のロリキャラって新鮮。

◎『CANAAN』
…ぶっちゃけよくわからなかったけど、インパクトがあるし、印象
  に残るし、引き込まれる雰囲気だった。まず作画がいい、綺
  麗だし、一目で武内先生の絵とわかる感じなのがよかった。
  あと動きがいい、まあ美少女ガンアクションもので動きが悪
  かったらどうしようもないけど(汗)。タイトルって主人公の名前
 だったんだね、呼ばれるまで読み方さえわからなかった。主
  人公のカナンは雰囲気もキャラも容姿も一番目立つけど、声
  は彼女の低い声よりマリアの声のほうが耳に残った、女の子
 っぽくて。最初からかなり殺したなー、強いライバルとの対決
  もいいけど、一人VS多数の相手も燃えるわー。
 
○『宙にまにまに』
…これは予想外に面白くて楽しかった。当初は見るつもりなかっ
  たけど、他のアニメが始まるまでの時間潰しで見たら意外な
  拾いものでした。いきおいとテンションで生きているという感
  じの美星が周りを引っかき回して、主人公の朔はそれをもろ
  に受けて引きずられつつもレジーブしてる感じで、笑っちゃう
  けどそれだけじゃない。星に対する思いは本物で、朔が久し
  ぶりに星を見たと言ってたけど、そういえば自分も記憶に残
  るような満点の星空なんていつ以来だろうと思うと、朔と同じ
  ように小学校低学年くらいの頃だったなーと懐かしくなった。

<今期の一押し『化物語』>
 いやー、完全に別格でした、このクオリティは流石としかいい
ようがない、あまりの新房ワールドにOPから圧倒された。最初
『ぱにぽに』であの独特の演出を見た時はちょっと自分には合
わないとか、馴染めないと感じて、ちょっと避けてたかなー。そ
れと比べるとクオリティが高いという意味では京アニは素直で
分かりやすいうまさだと思う。ただいつまでも避けていたわけで
もなく、『ひだまり』や『ef』を2期づつ見て、他のアニメと比べて
もあの独特な演出、カット割とかアングルとか明暗とか、芸術
的といってもいい。もう終盤に至るまでのテンションの上がり方
が半端なくて、それにちゃんと原作の西尾先生らしさも伝わっ
てきて、マジパネェー! 作画は『ソウルテイカー』ぽい、と思っ
たらキャラデザが同じ人でした、どうりで。
最初ひたぎに襲われた時主人公はまともなんだと思ったけど、
でもどうやらちょっとおかしいというか、今のとこ普通な精神じゃ
ない程度しかわからないけど。忍野も相当キテるけど、それ以
上にやばいのが出てくるらしい、というかキテるやつしか出て
こないそうだけど、羽川は常人に見えるのになー。
HPに載っている新房監督と西尾先生のインタビューを読むと
より本作についてもお二人についても理解が深まる気がしま
す、まあお二人とも凄いということはよくわかりました(汗;)。

 西尾先生関連でいうと来年には『刀物語』もアニメ化される
そうだから、両方原作を読んでみようかなー。
スポンサーサイト
[ 2009/07/08 19:58 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ