まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  アニメ >  12/20 『空の境界 第一章 俯瞰風景』を見てきました

12/20 『空の境界 第一章 俯瞰風景』を見てきました

 WEB予約が出来ず、当日券の指定席がなく立ち見でしたが、
       そんなの関係ねぇー!!
その世界に魅せられてる間は立ち見であることを、周りの人の
存在も忘れて楽しめました。たった50分ですから、そんなに疲
れないですしね、でもなぜテアトル新宿だけでしかやらないの
がよくわからない。そもそもあそこ狭いよ、100席ないんだよ、
そりゃーすぐ席なくなるよ。そーいえば、立ち見はこれで二度
目なんですけど、最初もここテアトル新宿だったな、いつもは
もっと大きな映画館へ見に行くからな。
 さて肝心の内容ですが、原作を読んだのは一年以上前なの
でしたが、まざまざと思い出しました。ufotableが手掛けるとい
うことで、ここが作った作品でぱっと思い浮かぶのは『フタコイ
オルタナティブ』と『まなびストレート』で、悪くはなかったけど
奈須きのこ先生の作品を映像化したことあるとこのほうが確
実なのではと内心不安がありました。劇場作品にも初挑戦
ということで期待半分でした、まあ全て無用の心配でしたよ。
口下手なのでどうよかったのか言うのは難しい、全体的にいうと
武内先生の絵だし、奈須きのこ先生の世界を映像でも音楽
でもよく表現できてると思う。巫条霧絵との戦闘シーンは凄
かった、あの作品を映像化するとこうなるのかと納得したと
いうべきか。7章構成ということを考えると50分というのはちょ
うどいいかな。
 まあとにかくお薦めです、今後も私は見に行きますよ。レ
イトショーだけというのはつらいですけど。
karanokyoukai_banner.gif


スポンサーサイト
[ 2007/12/22 20:10 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ