まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  ゲーム >  昨今の人気絵師さん

昨今の人気絵師さん

※記事をUPしたのは19日なんですが、書き始めたのが7日から
  だったので間違えてしまいました(>×<) 

『V.C』2週目を攻略してもう十分なのでそのうち感想を書きます、
たまにはRPGをやるのもいいですね(今年3本目)。

 気になる対談が載ってたので初めて『E☆2』を買いましたー\(^▽^)/
創刊の頃から知ってはいたものの、買おうとまでは思わなかった
んだよなー。西又先生はともかく、漫画は描いていてもここ数年
ゲームの原画をやってないてぃんくる先生が気になったので。

[E☆2] 
<対談~西又葵先生&てぃんくる先生>
 某雑誌で西又先生とてぃんくる先生の対談記事が載っていたの
で思わず買ってしまいました(o^∇^o)ノ てぃんくる先生は私が知る
中では最強のロリ絵師で、同人なんかでは『不思議の国のアリス』
をよくモチーフにするなど、メルヘンな世界が好きな感じで、絵的に
もに合ってる。その人気は相当なもので、私自身大好きで、絵の感
じは昔と大分変わったけど今のほうが好きかな。
 そんなてぃんくる先生が“雲の上の存在”とまでいうのが西又先生、
イメージとしては二人はゲームの原画家デヴューも近く同じ時期に
活躍していた印象があるんだけど、実際は西又先生のほうがプロデ
ヴューが早いらしい。そういう理由で“雲の上の存在”なんだそうで、
正直私にはピンとこないな。てぃんくる先生が昔より今のほうが好き
なのに対して、西又先生の場合は寧ろ今より昔で、キャラデザなん
かも含めて『それ散る』の頃のほうが好きかな。
 てぃんくる先生に関しては、あれだけ人気なのになんで『まじかる
☆ている 』以来ゲームの原画をしてないのかと思ったらオファーが
ないんだとか、漫画というのも悪くないんですが、ぜひゲームの原
画をまたやって欲しいです。
 この対談記事を読んでいて一つ疑問に思ったのが、西又先生と
話してるのはせつなさんとベルさんのどっちなんだ? 二人でてぃ
んくるさんなのはわかるけど、二人のどっちが答えてもてぃんくるさ
んにするのはどうかと(^▽^;)

<インタヴュー~トモセシュンサク先生>  
 初めて知ったのはしゃんぐりらのデヴュー作『僕と極姉と海のYear
!!』でした。作品がお姉ちゃん系で、発売記念イベントでもお姉ちゃん
が好きだと言ってたのでこの人はこの路線でいくものとばかり思って
たら『暁の護衛』ですから、驚きましたよ。萌え度が強化されていて、
雑誌のインタヴューでもお嬢様系が好きだというだけあって、いいお
嬢様です(雑誌にのってるお嬢様イラストが妙にしか見えない^^;)。
トモセ先生の絵の変遷を知って、将来がより楽しみになりました。ビ
ックリマンに始まった絵描き道は萌とは遠い『FF』シリーズでお馴染
みの天野喜孝先生などの方向性へゆき、油絵、肖像画など様々な
技法にチャレンジした上での今ですから、下地がしっかりできてます
ね。昔は有葉先生に似た絵を描く人という印象でしたが、今後はそ
の有葉先生を超えて大化けするんじゃないかという予感がします。

[今注目の絵師さん]
<~日向恭介先生と憂姫はぐれ先生>
 前々から知ってたけど、最近になって自分の中で注目度が上がっ
てきた絵師さんを紹介します。日向先生は原画家デヴューの頃から
知ってましたが、『リリミエスタ』は絵的には好きなんですけどキャラ
デザ的に自分の中でヒットしなくて、実はやろうやろうと思いつつ触
りだけやって積んでます。でもファイアージュで原画をやるようになっ
てからは同じ人が描いてると気付かないくらい変わっているというか、
やっぱりメーカー色というのがあるのかなー? 絵的にも変わりまし
たね、前より今のほうがもっと好きでいいです\(^▽^)/
 憂姫はぐれ先生は今は亡きぷらす+てぃっくのデヴュー作『きすみ
み!!』で知りました。絵柄的には好みだったのですが、キスをする
と獣ミミが生えるという作品があまり自分に合わず、一応触りだけや
ってみたのですが結局積んでます。それ以降あかべぇにうつってか
らは『こんぼく麻雀』で一人ヒロイン描きましたが、メインでやるのは
初ということで、WHEELのデヴュー作『~パンツを見せること、それが
……~大宇宙の誇り』は期待してます。キャラデザ的にもよくて、内
容も面白そうで、発売が楽しみですヽ(=´▽`=)ノ
 お二人とも自分の中でのポイントは“元々絵柄的に好きだけど、昔
より今のほうが好き”というところで、あの頃はサイン会にあまり人が
こなくて寂しい感じでしたが、今後はきっと何百人と並ぶに違いない
です。来週やる憂姫先生のサイン会は有葉先生も来るのでなんとも
言えないですけど、憂姫先生一人でも定員150人くらいの人はくると
思う。ちなみにサイン会の整理券は6月22日にファイアーボール秋葉
原店にて配布されるそうです、当日じゃないというのは珍しいな
スポンサーサイト
[ 2009/06/19 14:08 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ