まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  スポンサー広告 >  ゲーム >  『君が呼ぶ、メギドの丘で』の感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『君が呼ぶ、メギドの丘で』の感想

 『君が呼ぶ、メギドの丘で』を攻略したんですが、『コンチェ
ルトノート』の次に何をやろうかと、さわりだけやろうと思っ
たら話の続きが気になってついつい最後までしてしまいま
した(^○^) この作品はあまりいい評判を聞いてませんでし
たが、だからこそ自分でPALYして確かめたいと思いまして。
 結論から言うと、思ってた以上に悪くないし面白かったけ
ど、なんでいろいろ言われてるのかも理解できる部分もあり
ました、まあゲームとしては良作だと思います。
 感想は項目別にまとめました。

<注目ポイント>
①Leafが誇る5人の人気絵師が原画を担当!
②全編3Dポリゴンで、3Dモデルはそこそこかわいい!
③本格RPG!
④開発期間3年、Leafの3Dチーム8年の現時点での集大成

<概要>
 本作について簡単に説明すると、王道ファンタジーも
ので科学の発展した剣と魔法とマシンガンな世界が舞
台。ソルトベルという町を基点にして様々なダンジョンへ
向かい、ダンジョンや町の中などを自由に歩き回れて、
流石“本格派RPG”という感じです。
 あらすじとしては、主人公ベーグルが幼馴染のマリア
に会うために東の果ての町ソルトベルへやってきた。あ
る日町の外れの砂漠で行き倒れの少女リノンを助ける
のだが、彼女はベーグルこそが世界を救う救世主だと
言い必死に協力を求めてきて、一緒に世界を救う旅に
出かける…という感じ。

<攻略のポイント>
 難易度別に3モードに分かれていて
①難易度イージー(ストーリー):シナリオを楽しみたい人向け
②難易度ノーマル(バトル):シナリオと戦闘両方を楽しめる
③難易度ハード(デビル):戦闘を楽しみたい人向け
               (イージーかノーマル攻略で出現)
 RPG慣れしてないのでイージーでやったんですがそれでも
苦労しました(;^_^A だから攻略したといってもシナリオを把
握した程度、RPGとしてのやり込み要素がいろいろあるの
でそういうのが好きな人には2週目、3週目も楽しめると思
う。例えば
①武器の改造
  :材料を二つ組み合わせてパワーアップ!
   改造の手引書を5つ集めれば3つの材料
   による改造が可能に。でもイージーモード
   なら3つによる改造ができなくてもなんとか
   なる、二つは普通に宝箱で、一つは交換
   で手に入って、他の二つもどこにあるか予
   想はできるけど、面倒くさくて(汗)。材料は
   宝箱に入ってたり、敵が落としていく。
②スキルのカスタマイズ
   :打撃系や魔法のスキルを敵を倒して得る
   スキルポイントを振り分けてパワーアップ!
   威力を上げたり、効果範囲を広げたり、よ
   く考えて上げないと使用するMPやHPが増
   えて大変。
③アイテムの収集・開発
   :道具屋のアイテムは開発することで買え
    るアイテムが増える。開発をするにはア
    イテムを集めなくちゃならず、面倒だなー。
 とまあーいろいろやり込み要素がありまして、ゲーム性を
とても重視して凝っている本作は、以上の3点を気をつけれ
ばなんとかなるかと。他にもRPGとしてのポイントは

・町はソルトベルだけ
・セーブはセーブポイントでしかできない
・フィールドやダンジョン、町の中は自由に歩きまわれる
・パーティーは固定で変更できない
(ベーグル、リノン、ヤハ、マリア)

などです。攻略に役立つ情報は武器を改造するとこで買え
るので後はそこを参考にするといいです。

<シナリオ>
 さて、肝心要のシナリオですが、TGインタヴューで社長の
下川直哉さんは
「”シナリオ”をもっとも重視した」
「システム面を殺してでもシナリオを最優先させたいという思
いがある」
というくらいシナリオにはこだわっていて、確かに面白かった
です、RPGとしては。そんなにたくさんRPGをやってきたわけ
でもないですが、最後までやって「なるほど、これはRPG」だ
と改めて思うほどに。恋愛アドベンチャーのエロゲばかりやっ
ていた身としては、メインのシナリオを重視するあまりヒロイ
ンとの話が犠牲になってる、個別ルートがない、パーティー
に入れないヒロインとの絡みも会話も少なく物足りない。そ
ういう感想を持ったけど、RPGらしい展開でシナリオかなーと
は思った。

<ヒロイン・声優>
 パーティーメンバーの3人とは十分に主人公との絡みがあ
るけど、その他の4人は少なくて。救世主はみんなのものっ
てことで多人数との恋愛がフリーという『恋姫☨無双』的展
開、ヒロインそれぞれの話が短くて主人公との絡みも少ない
ということでキッカケがあればあっという間。いきなりの告白、
病み上がり、助けた直後、危機的状況など、やっぱりパー
ティーに入ってないと難しいなー個別ルートもないのに。
 主人公のベーグルはへタレで女好きだけど、いざという時
は頼りになって女の子が困ってるとほっとけなくて、誰か1人
でなくみんなを愛する彼だからこそハーレム的状況ができて
敵を口説くとか意味不明な状況になるんだよなー(笑)。
 ただヒロインの存在そのものがベーグルのキャラを表すた
めのものというか、引き立て役というか、扱いがあまりよくな
いかなーとは思った。やっぱりヒロインのための個別ルート
とか、オマケシナリオとか、何かあって欲しかったなー。
 声優的には非公開ということで敵キャラの3倍の人以外は
特に意識することなく聞けた。公式HPのサンプルボイスにツ
ッコミどころがいろいろあって、まずベーグルとチャドが未だ
にComing Soonなこととか、他はそのキャラをよく表す比較
的どうでもいいシーンなのになぜかスウェンだけ重要なシー
ンで、どうしてここを選んだのか意味が分からない、もっと3
倍的なセリフのシーンもあったろうに。声としてはヤハが結
構好き、『恋姫』の関羽みたいで。ヒロインとしてはやっぱセ
シリア閣下ですよ、ツンもデレもかわいい(*´∇`*)

<最後に>
 RPGのレベル上げとか久々にしたよ、中盤まではなんとか
なったけど後半のボス戦とかはどうにもならなくなって、ラス
ボス戦は絶望しそうになったよ、対策を考えるのが楽しいか
もしれないけど疲れた。これでイージーだからな、ノーマルと
かやる気しない(;´ρ`) グッタリ 普段3Dだから要所要所で挿
入される2DのイベントCGがすごい印象に残る、そういうとこ
はうまいと思った。RPGが好きな人は普通に楽しめると思う、
恋愛という点に関しては微妙だけどそこは目を瞑るしかなか
なー、ヒロインによってはいい感じだし。1人だけHシーンがな
いのもご愛嬌ということでしょ(笑)。



ここから先は結末に関するネタバレを含みます




<ラストについて>
 まさかオチが救世主1人じゃ倒せないからその事実を外に伝え、
二人の救世主が倒すというものだとは。あのマリアを孕ませたの
が双子救世主への伏線だったとはね、まあハッキリ世界を救った
とはいってないけどこういう「さっして下さい」というラストってどうな
んだろう。これはこれでいいけどさ。

 あと気になるのは地球の中心に行くといったいたナタスとセシリ
アとエレミアはどこへ何しに行ったんだ? その辺がよくわからな
いんだよなー、ナタスは失明したのかな? 謎が残ってしまった。

<本当の最後に>
 最後に印象に残ったイベントCGベスト4
○チャドとベーグル最初で最後の親子の語らい

○傷ついた(ベーグルたちがした)セシリアの鎧(小手だけ)を脱が
  せ手を触って「女の子じゃないかー」と行った後に抱きしめる

○雪崩で難民を生き埋めにしたバディを平手打ちしたとことその後

○リノンを守りきれなかったとヤハが泣くところ

スポンサーサイト
[ 2009/03/15 19:08 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ