まほろんの星屑

アニメとかゲームとか小説とかで、人生をどう浪費しようか迷う戯言見習いの 日常を描いた物語
まほろんの星屑 TOP  >  アニメ >  『空の境界 第六章 忘却録音』を見に行ってきた

『空の境界 第六章 忘却録音』を見に行ってきた

 鮮花たん萌ぇぇぇぇ\(*´д`*) /


'`ァ(*´д`*)'`ァ ふぅー………。


 ちょっと興奮しすぎました(汗)、“萌え”なんて自分の中ではと
っくのとうに死語になっていると思ってたのに、この感情を表す
言葉が他に思いつかない(^ー^* )フフ♪ 6章の次回予告を見て
これはヤバイだろうと思ってはいたが、これは想像以上にヤバ
す、ヤバ過ぎです、鮮花がかわゆすぎてヤバイ(*´∇`*)アハァー

 感情の赴くまま思いのたけをぶちまけますと、最初の一言に
つきるわけですが、つまり「鮮花たん萌ぇぇぇぇ\(*´д`*) /」
なんですよ\(^▽^)/ どこから話そうか、まず最初の台詞が
鮮花から始まる時点で他の章と違う! 終始鮮花視点で進み、
画面に鮮花がいないシーンのほうが少ないくらいで、他のキャ
ラが空気(゚∇^*) テヘ♪ もースタッフ力入りすぎというくらい仕種
や表情、細かい動きが滑らかで自然で、可愛くて、ああー思い
出しただけでヤバイ(*´д`*)アハァ 

 ちょっと冷静になって作品の話をしますと、これまでと雰囲気
が違うのは確かで、例えば音楽がとてもPOPだったり明るかっ
たり、とても楽しげで全体的に緊張感はなくてそういう場面もな
く、ずーとニヤニヤしっぱなし(*^▽^*) いつも見せ場といえばバ
トルシーンですが、今回は確かに鮮花が式ばりのアクションを
してくれるけど、それもいい、だけどここがというよりどこもかしも
鮮花づくしの6章すべてが見せ場!! ラジオで聴いていて、声
だけでもヤバかったのに、動く鮮花はもースタッフの愛を感じま
すね、最高でした、ありがとうございます<(_ _*)>

 さらにクールになって考えてみますよ、原作を読んでた時にも
感じたのがそもそも第6章って必要なの? 1章から5章ではほと
んど出番がなく、その存在自体が萌え要素としての妹キャラとし
か見てなかったのでその鮮花をメインにした話はオマケストーリ
ーとしか当時は思えなかったなー。劇場版では原作の暗い部分
や他のキャラの出番を減らしてとにかく鮮花を中心にしていて、
そのお陰でそれまで曖昧でなんとなくツンデレ妹じゃないのと思
っていたけど本当はそれだけじゃない黒桐鮮花のことがなんとな
く掴めた気がする。彼女は『空の境界』のメインの話としてはいて
もいなくても物語が成り立つと思うけど、やっぱり欠かせない存
在だなーと思い直しましたよ。

 それにちゃんと押さえるべきポイントは押さえてて、例えば7章
への伏線であったり、『未来福音』と関連する瀬尾静音を登場さ
せてたり、メインキャラの日常が見れたりするし、パジャマ姿でく
んずほぐれつする式と鮮花だったり、犬にペロペロされたり、『ぱ
んちっ!!』だったり、スカートをビリーと破いて太股をあらわにする
鮮花だったり(;´Д`)ハァハァ 

 ………あれっ?! どうやらまた飛んでしまっていたみたいで
すね(^▽^;) ここまで書いていてまだ6章の内容には触れてない
んですよね、まあいいんですよどんなストーリーかというのは。あ
あぁぁー、また見に行きたいなーヽ(´▽`)/へへっ 一番の注目
ポイントは鮮花なんですよ、今までのようにオマケでワンシーン
だけとかじゃくて、最初から最後まで画面は鮮花なところが(゚▽゚*)ニパッ♪

 最後にこれだけは言っておきたい、私はクリスマスの夜を鮮花
と過ごせて世界一の幸せ者です( ̄∇+ ̄)vキラーン
DSC00910.jpg

コミケでDJCDの特別版がでるのでこれは買わねば(^▽^)/
スポンサーサイト
[ 2008/12/26 03:29 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


『夏の幼馴染と、冬のカノジョ』 光・シュヴァルツカッツェ ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 あねいも Neo+ AXL新作第9弾「百花繚乱エリクシル」2013年4月26日発売予定! WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ